ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

予想 追い切り診断

新潟大賞典2019、ほか月曜のレース予想

ラジャカジャです。
今日は東京開催がありませんが
新潟でハンデ重賞、新潟大賞典があるのでそちらの
追い切り診断&予想とほか何か購買意欲が沸きそうなレースがあれば
それをやっていきたいと思います。

その前に昨日の天皇賞(春)について個人的見解を述べたい。
追い切りの動きと京都適正、データ的にもリピーターが良く来るという事で
クリンチャー本命で勝負しましたが10着と惨敗でした。

道中後方で待機し勝負所の4コーナーで動けず
直線に向いた時点でかなり後を走っていたので
あの時点で馬券は外れたなと思いました。
エタリオウが外から捲っていったため三浦騎手も
追い出すタイミングを逸した感じでしたが
あまり勝つためのアクションが見なれなかったので
負けるべくして負けたかなという感じ。

勝ったフィエールマンは馬は強いですが
ルメール騎手が完璧に騎乗したのでこれもケチのつけようがない勝利。
レース間隔を長く取りながら1戦1戦勝ちに行く手塚厩舎のスタイルが見事にハマッた印象。

2着に入ったグローリーヴェイズも惜しい2着。
昨年の菊花賞では大外を回りながら最後追い込んできての5着。
やはり実力ある馬でしたね。

ここ最近のGIを見てると
予想とか関係なしにもうルメール騎手の馬を買っとけば当たるでしょ!
という流れになってきていますね。


スポンサードリンク

新潟大賞典2019 追い切り診断

A評価
ルックトゥワイス
B評価
エアアンセム
ロシュフォール
ランガディア
クリノヤマトノオー
アストラエンブレム
ブラックスピネル
スズカデヴィアス
サンデーウィザード
メートルダール
ショウナンバッハ
アウトライアーズ
ミッキースワロー
ドレッドノータス
メールドグラース
C評価
該当馬なし
評価不可(調教VTRなし)
ダッシングブレイズ

追い切り診断A評価に推したのはルックトゥワイス
終始馬なりで4F55秒2-12秒2の好時計をマーク
鞍乗はステッキを抜いたが最後まで使わず軽く追う程度。
それでも馬は素早い反応を見せて最後脚を伸ばしていました。
脚元の踏み込みは力強くバランスも良いので
これは調子良さそうだなという感じ。

B評価の中ではエアアンセムが上位の評価。
栗東坂路での2頭併せで4F52秒4-12秒2の好時計をマーク
一杯に追う相手を横に見やりながらラストまで馬なりで走り
クビ差先着してゴール。
手応えの良さが感じられ馬にも活気があり好調さが感じられる動き。

1600万から格上挑戦もルメール騎手騎乗で人気になりそうな
ロシュフォールは美浦南Wでの3頭併せ
終始馬なりで先頭に立つと必死に追う2頭を尻目に余裕の手応えで先着。
ゴール後も併せ馬は続いていましたが結局交わされることはありませんでした。
かなり手応えに余裕があり出来は良さそう。

ランガディアは美浦南Wでの2頭併せ
先行するパートナーを直線で捕らえると
そのまま差を広げ半馬身ほど先着してゴール。
頭の位置は低くてバランスの良い走り。
ストライドの伸びもまずまずある。

クリノヤマトノオーは栗東CWでの単走追い。
ラスト一杯に追われると即座に反応。
ストライドの伸びはまずまずあるが頭の位置は常に高い。
バランスは悪くないがそこだけが気になる。

アストラエンブレムは美浦南Wでの2頭併せ
直線で他厩舎の馬に2度ほど目をやるなど
ちょっと集中仕切れていない場面も見られるが
走りは乱れてはいない。
ラストは少しだけ追って終始馬なりのパートナーと併入。
ゴール後前に出るところまでやっていた。

ブラックスピネルは栗東坂路での2頭併せ
併せといってもこの馬はラチ沿いを走り
パートナーは馬場の中央を走っていたので単走追いに近い。
ラストは目一杯に追って1馬身ほど先着してゴール。
4F51秒8-13秒0の時計が示すように
前半早く入りすぎた分ラスト1Fはやや失速している。

スズカデヴィアスは栗東坂路での単走追い。
終い強めに追って4F53秒6-12秒2の好時計をマーク
追ってから多少ラチ側に移動しているがバランスが悪いと言うほどでもない。
脚元の力強さもあるしこの馬なりに順調に来ている印象。

サンデーウィザードは栗東坂路での単走追い。
前半は頭の位置が右側に触れていてバランスの悪さを感じた。
更に首を上下に動かず度合いが強く
迫力ある動きに見えるけどスタミナを使いそうな走法に見える。

メートルダール は美浦南Wでの2頭併せ
ラストは軽く促して1馬身以上先着してゴール。
迫力はあったが頭の位置が高く全体的に動きが固く感じる走り。

ショウナンバッハは美浦南Wでの単走追い。
手前を替えたときに内にヨレたのはマイナス材料だが
直線での走りは非常に回転力あり迫力感じる動きでした。
状態は良いかもしれない。

アウトライアーズは美浦南Wでの2頭併せ
直線先行するパートナーを追いかけるが半馬身遅れてフィニッシュ。
ストライドの伸びはイマイチで調子は今ひとつに思える。

ミッキースワローは美浦南Wでの単走追い。
掛かり気味で頭の位置もずっと高い。
前脚を高く上げて走っているので推進力が上に抜けているような感じ。
口も開いていて折り合いに苦労している印象。
人気上位に推されている馬だけにこの仕上がりはちょっと不安。

ドレッドノータスは栗東坂路での単走追い。
4F53秒9-13秒3と時計は平凡ですが
調教VTRで見るとそれ以上に遅く感じるくらいの軽い内容。
負荷があまり掛かっていないので馬も楽に走れていて
リラックスしている雰囲気。
これと良しを見るべきか非常に悩む。

メールドグラースは栗東CWでの単走追い。
終始馬なりでラストも持ったままなので
馬のストライドも狭め。
頭を上下に大きく振って走っているので
馬のシャドーロールがパカパカ動くのが気になる。
走り自体は平凡に映る。
スポンサードリンク

「レース予想」
新潟11R 新潟大賞典

軸馬 ランガディア

人気になっているロシュフォールは長く良い脚が使える馬で
これまで挙げた勝ち鞍全てが左回りのコースでのもの。
加えてルメール騎手が騎乗した時は連対率100%という事で
格上挑戦とは言えここは好走する確率が高そう。

ただフルゲート16頭のGⅢハンデ戦というだけで
荒れそうな予感がしてならないので
この馬は相手に回して軸馬は人気薄から選びたい。

狙って面白そうなのはランガディア
この馬もこれまで挙げた5勝全てが東京か新潟コースという左回り専用馬。
瞬発力勝負に弱く中山や阪神のように小回りで坂があるようなコースは合わないので
ここ2戦の結果は参考外。
3走前のノベンバーSで1分58秒8の時計をマークして差し切り勝ち。
時計だけの比較でいけば十分勝ち負けになりますし
今回はこの時より斤量1kg減で走れるのも魅力。
追い切りの動きも悪くなかったですし
鞍乗の戸崎騎手も特に癖のない新潟コースは合っていそうなので
この馬から勝負してみたい。
買い目
馬連&ワイド流し
3-1,2,6,10,16(各5点)
三連複2頭軸流し
3,6-1,2,10,16(4点)

「今日の鉄板馬」
新潟10R 火打山特別

軸馬 ワンダーアマービレ

ここはルメール騎手騎乗のレッドランサーが圧倒的に人気ですが
狙って面白いのはワンダーアマービレ
現級のダート戦で3戦消化してまだ馬券に絡めていない馬ですが
いずれも上がり3Fの時計はメンバー3位以内と
最後は確実に脚を伸ばしてくるタイプの馬。
前走は道中後方から直線は大外を回って伸びて来て4着と言う結果。
もう少し立ち回りが上手ければ差し切り勝ちできたレースだったと思います。
最終追い切りでは栗東坂路で4F50秒6-12秒8の自己ベストを馬なりで更新。
状態は更に上がっている様子でここは一気の差し切り勝ちに期待したい。
買い目
単勝
4(1点)
三連複2頭流し
3.4-総流し(13点)
三連単フォメ
4→3→総流し(13点)
スポンサードリンク

-予想, 追い切り診断