ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

重賞展望

阪神ジュベナイルフィリーズ2017、データ予想、1番人気は当日の単勝オッズを見て選ぶべし

ラジャカジャです。
今日は10日(日)に阪神競馬場で行われる2歳女王決定戦、
阪神ジュベナイルフィリーズ2017のデータ予想をしていきたいと思います。

その前にちょっと競馬小話。
単騎免許を取得して来日中だったA・アッゼニ騎手ですが
本来ならば12月24日まで騎乗予定でしたが
本人の都合により12月4日付けで取り消しし帰国したとの事です。

何でも11月26日の京都11Rオータムリーフステークスで
10番人気レヴァンテライオンに騎乗したのですが
返し馬の際振り落とされて落馬。
これで気分を害したらしく京都12R京阪杯では騎乗予定だった
アルマワイオリ陣営に騎乗したくないと駄々をこねていたとか。
(結局京阪杯では騎乗したものの大差のシンガリ負け)
先週は全く騎乗していなかったのでどうしたのかと思っていましたが
既に帰国していたとは驚きです。
海外では高い評価を得ていた騎手だけに
個人的に注目していたのですが
ここまで自分勝手な行動を取ってしまうと
オーナーや競馬関係者の心象も悪いでしょうし
今後日本での騎乗はないと考えていいでしょうね。
外国人騎手にも色んな人がいるようです。


昨日は仕事の後同僚の車に乗って
横浜まで行ってつけ麺を食べに行きました。
あまりつけ麺は美味しいと思ったことはなかったのですが
これは美味しかったです。
スポンサードリンク

過去レースデータ

過去10年で馬券に絡んだ30頭の好走データを調べ
今回それに該当する馬はどれか?
探してみたいと思います。

当日の1番人気の単勝オッズに注目

過去10年の人気別成績を調べると
1番人気は【4,1,1,4】の成績で
勝率40%連対率50%複勝率60%とまずまずの成績。
ここ2年は1番人気が勝利していますが
馬券に絡めなかった馬もいて全幅の信頼を寄せるまではいきません。

そこで1番人気の単勝オッズについて着目してみました。
馬券に絡んだ6頭の平均単勝オッズは2.56倍で
2.8倍以内に支持されていた馬は全て馬券に絡んでいました。
逆に馬券に絡めなかった4頭の平均単勝オッズは3.4倍で
全て2.9倍以上ついていた馬でした。

今回1番人気に支持されそうなのは
2戦2勝のオルフェーヴル産駒ロックディスタウンだと思いますが
これで行くと単勝オッズが2.8倍より上か下かが評価の分かれ道となりそうです。
1番人気が馬券に絡めなかった4回のうち3回は2番人気が馬券に絡んでいるので
データ的に見ると
「1番人気が2.8倍以内だったら素直に軸、
それ以上だったら2番人気が軸」
でいいと思います。
因みにnetkeiba.comの想定オッズをみると
1番人気はロックディスタウンで2.2倍
2番人気はラッキーライラックで4.0倍となっています。

前走アルテミスステークス出走組に注目

前走クラス別成績を調べると
前走重賞レースに出走していた馬が17頭馬券に絡んでおり
(4勝2着7回3着6回)2009年以降8年連続して馬券に絡んでいます。
馬券に絡んだ17頭のうち13頭は2着以内に来ていた馬で
残る4頭は5番人気以内で5着以内に来ていた馬でした。

レース名別で見ると注目は前走アルテミスステークス組
アルテミスステークスは2012年に創設されたまだ新しいレースですが
GⅢに格付けされた2014年以降3年連続して馬券に絡んでいます。
2014年
レッツゴードンキ2着(前走アルテミスS2着)
ココロノアイ3着(前走アルテミスS3着)
2015年
メジャーエンブレム1着(前走アルテミスS2着)
ウインファビラス2着(前走アルテミスS5着)
2016年
リスグラシュー2着(前走アルテミスS1着)

今年もアルテミスステークスから以下の馬が参戦予定ですので
データ的に馬券に絡んでくる可能性は高いと思います。
ラッキーライラック
サヤカチャン
ラテュロス
トーセンブレス

また前走非重賞組からも馬券に絡んでいる馬が13頭いますが
12頭は前走1着馬でうち8頭は1番人気に支持されていた馬でした。
それでいくと
マウレア
モルトアレグロ
リリーノーブルあたりが有力でしょうか。
スポンサードリンク

穴をあける馬の条件は?

過去10年の馬券別の平均配当は以下の通り
馬連58.1倍
馬単102.4倍
三連複550.0倍
三連単3348.4倍
となっています。
数字だけで見ると荒れるレースのように思えますがこれは
2012年に5番人気→15番人気→10番人気で決まり
三連単300万馬券の大荒れがあったためです。

この年以外では馬連、馬単による万馬券決着はありませんし
三連複も2007年に1回あるだけなので
あまり荒れるレースではないと思います。

それでも8番人気以下の馬が過去10年で7頭馬券に絡んでいますし
逆に人気薄の馬が馬券に絡んでくれないと面白みがないので
この人気薄で馬券に絡んだ7頭についての好走データを調べてみたい。
この7頭の前走について調べると
・新馬戦で1番人気で1着(2頭)
・500万特別で1着(2頭)
・重賞で4番人気以下で5着以内(3頭)

因みに前走重賞だった3頭のうち2頭は
重賞で3着以内の経験がある馬でした。

今回の登録メンバーで該当する馬がいるか見てみると
・前走新馬戦で1番人気で1着だった馬
→該当馬なし
・500万特別で1着
→マウレア、マドモアゼル、モルトアレグロ、リリーノーブル
・重賞で4番人気以下で5着以内
*重賞で3着以内の経験があれば尚可
→サヤカチャン、ベルーガ、ラテュロス
等が該当します。
この中で8番人気以下になりそうな馬となると
サヤカチャン、ラテュロス、モルトアレグロ、マドモアゼル
あたりでしょう。
なので穴をあける候補としては上記の4頭が良いと思います。

まとめ

データ的に見ると1番人気の単勝オッズが2.8倍以内だったら
素直に1番人気の馬を軸にしていいと思います。
相手には前走アルテミスステークス組を重視。
ヒモには高配当狙いで
サヤカチャン、ラテュロス、モルトアレグロ、マドモアゼル
あたりを押さえるのがベターかなと思います。
スポンサードリンク

-重賞展望