ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

未分類

カペラステークス2017、データ予想、荒れる可能性大!人気馬から買うのは危険なレース

ラジャカジャです。
今日は10日(日)に中山競馬場で行われる
ダート重賞カペラステークス2017
データ予想をしていきたいと思います。

その前に競馬小話。
再来週に迫ってきた有馬記念ですが
現時点での出走予定馬は以下の馬たちのようです。

カレンミロティック 川田将雅
キタサンブラック 武豊
クイーンズリング
サウンズオブアース C.デムーロ
サクラアンプルール
サトノクロニクル
シャケトラ
シュヴァルグラン H.ボウマン
スワーヴリチャード M.デムーロ
トーセンビクトリー
ブレスジャーニー
ミッキークイーン 浜中俊
ヤマカツエース 池添謙一
ルージュバック 北村宏司
レインボーライン

注目は今回がラストランとなるキタサンブラックですが
それ以外では前走ジャパンカップを制したシュヴァルグラン
前走エリザベス女王杯3着のミッキークイーン
今年の日本ダービー2着のスワーヴリチャードらが
人気の的になりそう。

ただ昨年の勝ち馬サトノダイヤモンドや
今年のダービーを制したレイデオロ。
菊花賞を制したキセキや今年の宝塚記念の1,2着馬
サトノクラウン、ゴールドアクターなど
有力馬が軒並み出走回避しており
やや低調なメンバーという印象です。

中山2500mはコーナーが6回もある上に
最後の直線で坂があるトリッキーなコース。
内枠に入るか外枠に入るかで明暗が分かれ
実力を出せずに終わるケースが多々ありますし
開催4週目で馬場も痛み出してくる頃なので
有力馬を管理する陣営としては
コースが広くて直線も長く実力が発揮しやすい
東京コース(ジャパンカップ)か
馬場が綺麗で日本の芝に近い香港に目標を定めるケースが多いのかもしれません。

そんな中、キタサンブラックの清水調教師が
「有馬は思いっきり仕上げて最高の状態で出す」という趣旨の話をしているので
ここは素直に「キタサンブラックの相手探しのレースかな」と
今のところ考えています。


スポンサードリンク

データ予想

過去9年で馬券に絡んだ27頭の好走パターンを調べて
今回それに該当する馬はどれか?
探してみたいと思います。

1番人気は信頼度低い

今回が10回目とまだ歴史の浅いレースですが
過去9回を振り返ると非常に荒れる傾向が高いレースです。

昨年こそ人気上位3頭の組合せで決着しましたが
これはかなり珍しい例で
2014年に12番人気→7番人気→6番人気で三連単165万馬券の払い戻しを筆頭に
高配当が良く出ており、
三連複に関してみると過去9回中6回が万馬券となっているので
今年も万馬券決着になる可能性は高いです。

人気別成績を調べると
過去9年で1番人気は【0,1,1,7】となっていて
勝率0%連対率11.1%複勝率22.2%と惨憺たる結果です。
単勝2倍を切るようなグリグリの1番人気はいませんでしたが
過去には
セイクリムズン(2011年単勝2.4倍の1番人気で5着)や
ダイワエンパイア(2009年単勝2.6倍の1番人気で12着)など
それなりの支持を集めていた馬でも馬券圏外に飛んでいます。
今年は何が1番人気になるのか分かりませんが
(サイタスリーレッド、ブルドッグボス、ニットウスバルあたりだと思いますが)
1番人気だからと言って安易に軸にするのは危険でしょう。

また2番人気も過去9年で【1,1,1,6】とイマイチな成績。
過去9回のうち5回は1,2番人気とも馬券圏外に飛んでいるので
人気馬から買うのは止めておいた方がいいでしょう。

オススメは栗東所属の馬

過去9年馬券に絡んだ馬を所属別に見てみると
美浦(関東)5頭(1勝2着2回3着2回)
栗東(関西)20頭(8勝2着6回3着6頭)
地方    2頭(2着1回3着1回)
と栗東所属の馬が他を圧倒しています。
まあ関西馬の方が例年出走頭数が多いので
ある意味当然といえるかも知れませんが
それでもここまで偏りが出ているのは
やっぱり西高東低だからでしょう。
スポンサードリンク

騎手乗り替わりの馬が狙い目

騎手について調べてみると
前走と同じ騎手 1勝2着1回3着5回
騎手乗り替わり 8勝2着8回3着4回
と圧倒的に騎手が乗り替わりしているほうが
馬券に絡んでいます。
なので今回も騎手が乗り替わりしている馬を狙ったほうがいいでしょう。

前走霜月Sか武蔵野Sに出走している馬

前走のレース名別成績を調べてみると
前走霜月S組から8頭
前走武蔵野S組から5頭馬券に絡んでいる事が分かりました。
好走率で見ても
霜月S組 勝率16.7%連対率33.3%複勝率44.4%
武蔵野S組 勝率16.7%連対率25.0%複勝率41.7%
と優秀です。
これは前走JBCスプリント組よりも断然上です。
(勝率0%連対率7.7%複勝率23.1%)
今回の登録メンバーでこの2つの路線から来ている馬がいたら
馬券に絡む確率は高くなるので要チェックするべきでしょう。

まとめ

上記のデータをまとめると
・1,2番人気になりそうな馬から買わない
・関西馬を狙う
・騎手乗り替わりの馬を狙う
・前走霜月Sか武蔵野Sに出走していた馬を狙う
(着順は問わない)
となります。
これでいくとキクノストームかテイエムヒッタマゲあたりが
有力ではないでしょうか。
スポンサードリンク

-未分類