ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

地方競馬 重賞展望

ターコイズステークス2017、データ予想、人気馬信頼度低く穴狙いが基本、ほか全日本2歳優駿予想

ラジャカジャです。
今日は16日(土)に中山競馬場で行われる牝馬限定のGⅢ
ターコイズステークス2017データ予想をしていきたいと思います。
また本日は川崎競馬で交流重賞
全日本2歳優駿が行われるのでそちらの予想もしていきたいと思います。

ターコイズステークスは今回が3回目となるまだ新しい重賞レースですが
重賞に格上げされた2015年に
11番人気のシングウィズジョイが1着
16番人気のダンスアミーガが2着
15番人気のオツウが3着と二桁人気の馬が上位を独占し
三連複で54万馬券、三連単は295万馬券が出るなど大波乱の結果となりました。

牝馬限定のハンデ重賞というだけで
何となく荒れそうな感じがしますが
さすがにここまで荒れてしまうと予想だけで当てるのは難しいですね。
さすがに今年はそこまで荒れないと思いますが
OP特別だった頃から波乱傾向の高いレースでしたので
今年も荒れる可能性は十分あると思います。
過去レースデータを調べながらどんな馬が馬券に絡んでいるのか
見ていきたいと思います。


ターコイズとは12月の誕生石の1種で別名トルコ石と呼ばれ
色は碧青または淡緑で、その独特な色合いから「ターコイズブルー」と呼ばれているそう。
スポンサードリンク

過去レースデータ

過去10年で馬券に絡んだ30頭の好走パターンを調べ
今回のメンバーで該当する馬はいないか
見ていきたいと思います。
データはOP特別として行われていた2007年~2014年と
重賞に格上げされた2015年~2016年を使用します。

1番人気は期待薄

人気別成績を見てみると
1番人気は【2,1,1,6】という成績。
昨年こそ1番人気に支持されたマジックタイムが勝利しましたが
勝率20%連対率30%複勝率40%と好走率は低いので
1番人気から買うのは危険でしょう。
2番人気も【1,1,1,7】の成績で1番人気以上に好走率は悪いので
こちらも信頼度は低め。

3番人気、6番人気の馬に注目

人気で狙って面白いのは3番人気と6番人気の馬
共に複勝率50%で過去10年で7回馬券に絡んでいるので
今年もどちらかが絡む可能性はありそう。
軸馬に迷ったら3番人気、6番人気の馬から
流してみるのもアリでしょう。
二桁人気の馬も過去10年で8頭が馬券に絡んでいるので
手広く流せば高配当の馬券もゲットできるかも。

3歳馬に注目

年齢別成績を調べると下記の表にある通り
好走しているのは3歳~5歳の馬です。
年齢 着別度数
3歳 2- 7- 4-39/52
4歳 4- 3- 2-26/35
5歳 4- 0- 3-37/44
6歳以上 0- 0- 1-12/16
中でも3歳馬は13頭と多く過去10年で8回馬券に絡んでいますので
今回も注目でしょう。
逆に6歳以上の馬はのべ16頭が参戦して3着が1回だけと
壊滅的状態なので軽視していいと思います。
スポンサードリンク

前走GI惨敗組、ユートピアS出走組に注目

前走クラス別成績を調べると下記の表の通り。
前走クラス 着別度数
1000万下 0- 0- 1- 7/ 8
1600万下 5- 3- 2- 42/ 52
OP特別 0- 1- 2- 22/ 25
GⅢ 0- 0- 1- 20/ 21
GⅡ 0- 0- 2- 7/ 9
GⅠ 5- 6 -2- 19/ 32
好走しているのはほとんどが前走GI組か1600万クラスに出走していた馬です。
前走GI出走組からは13頭が馬券に絡んでいますが
その内訳を調べると
秋華賞7頭
エリザベス女王杯3頭
桜花賞1頭
マイルチャンピオンシップ1頭
JBCマイル1頭
となっておりほとんどが秋華賞&エリ女経由の馬です。
また馬券に絡んだ13頭のうち11頭は7着以下に敗れていた馬であり
前走GIで惨敗した馬が巻き返すパターンが
主な好走例と言っていいでしょう。
今回のメンバーで前走GI出走組は
エテルナミノル
デンコウアンジュ
ラビットランの3頭
おそらくラビットランは1,2番人気に支持されると思うので
狙うとすればエテルナミノル、デンコウアンジュのどちらかでしょう。
実績で言えば重賞勝ちしているデンコウアンジュの方が上でしょうが
3歳馬が活躍していることを考えるとエテルナミノルもねらい目だと思います。

また前走1600万下組からも過去10年で10頭が馬券に絡んでいるので
こちらにも注目すべきでしょう。
前走1600万組で注目すべきは前走ユートピアS出走組
馬券に絡んだ10頭中6頭がこのレースに出走していた馬で
過去10年で3勝2着2回3着1回と大活躍しています。
今回のメンバーで前走ユートピアS組なのは
アールブリュット
ディープジュエリー
フロンテアクイーンの3頭
アールブリュットは前走シンガリ負けなので流石に厳しいと思います。
ねらい目は前走2着のフロンテアクイーンよりも
先行して3着に粘ったディープジュエリーの方が中山芝1600mに合っているかなと思います。

まとめ

上記のデータから馬券に絡む可能性が高いと思うのは
エテルナミノル
デンコウアンジュ
ディープジュエリー
フロンテアクイーンあたりでしょうか。
更に絞るならエテルナミノル、ディープジュエリーの2頭かなと思います。
どちらもあまり人気はなさそうですし妙味ありそう。

全日本2歳優駿

本命 ルヴァンスレーヴ

このレースにしてはいつもより好メンバーが揃った印象ですが
本命はルヴァンスレーヴで堅いと思います。
前走のプラタナス賞では直線もほとんど追わずに1着、
しかもレコード勝ちですからこれはかなりの大物の予感がします。
そもそもM・デムーロ騎手が平日の川崎競馬に
わざわざ乗りに来ているくらいですから素質アリと
相当見込んでいる証拠でしょう。
相手探しの一戦だと思います。
買い目
三連単フォメ
9→2,8,11→2,3,6,8,11,12,16(18点)
スポンサードリンク

-地方競馬, 重賞展望