ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

追い切り診断

有馬記念2017、1週前追い切り、注目馬、スワーヴリチャード好調、キタサンは動きやや重たい

ラジャカジャです。
今日は有馬記念2017に出走予定の馬の
1週前追い切りを見ていきたいと思います。
その前に昨日のブログ予想の結果ですが
3戦0勝でした。

朝日杯フューチュリティステークスは
ダノンプレミアム本命でヒモ荒れを期待しましたが
人気上位3頭での決着となってしまい不的中。
最後ケイアイノーテックが際どく差してきて
3着になっていれば三連複、三連単ダブル的中だったのですがハナ差届きませんでした。
馬券的には残念な結果でしたが
「人気サイドで決まったら仕方ない」
と割り切って勝負したのでハズレ馬券に未練はないです。
それ以上にダノンプレミアムの段違いの強さに度肝を抜かれました。
距離が伸びても問題なさそうですし
来年のクラシックに向けて有力馬がまた一頭出てきたなという感じ。

その他の予想について触れると
「今日の鉄板馬」で本命に推した中京メインのアディラートは5着。
スタートで出遅れて終始外を回りながら
3コーナー過ぎからマクリ気味に上がってきたものの直線でバテテ失速という競馬。
スタートで出遅れたのもマズイですがその後の丸山騎手の乗り方も不味かったです。
スタミナがある馬でもないのに3コーナー過ぎからの
ロングスパートというのは馬にしてみれば酷でした。
まあ今回は敗因がはっきりしていますし
あれだけひどい競馬をしながらも5着に残っているのは
ある意味力がある証拠でしょう。
次走も1400m戦に使ってくれば狙えると思います。

「三連単で勝負」で本命に推した中山メインのグレーターロンドンは
追い込み届かず3着に敗退。
後ろから行く馬なので展開に左右されるのは致し方ないですが
ここは実力を見せて差し切ってほしかった。
ただ平均ペースで馬群も縦長で流れていたので
極端な前残りのレースでもなかったように思いますから
これは前で競馬した馬を褒めるべきかも。
中山の馬場もコンディションが良く前が残りやすい馬場なのかもしれません。
今週の有馬記念も前残りには注意したほうが良さそう。

土日含めて本命馬が馬券に絡みながら的中せず
という予想が多かったですが
気づいた点もいくつかあったので今週それを活かしていきたい。


スポンサードリンク

有馬記念 1週前追い切り

有馬記念には
今回でラストランとなるキタサンブラックの他
シュヴァルグラン、サトノクラウン、ミッキークイーンなど
総勢16頭が出走登録してきました。

JRAレーシングビュアーにアップされている
追い切り映像を参考に各馬の状態を見ていきたいと思います。

キタサンブラック

栗東CWでの2頭併せ。
パートナーを先行させ馬なりでリラックスした走り。
直線追って併入し7F95秒0-12秒2となかなか好タイムをマーク。
動きを見てみると直線で追われてからも
動きがそこまで変わった感じがせず重たい印象を受けました。
むしろ終始馬なりでいたパートナーの方が手応えが良く
それと比べると今ひとつな印象。
清水調教師がジャパンカップの後有馬に向けて目一杯に仕上げるという
コメントを残していたので最終追い切りは
もっと負荷を掛けた調教をしてくると思いますが
1週前追い切りの段階ではあまり印象に残る動きではなかったです。

シュヴァルグラン

栗東CWでの3頭併せ。
僚馬2頭は外ラチ沿いで併せ馬していて
シュヴァルグランだけ馬場の真ん中を通っていたので
併せ馬というよりは単走追いに近かった。
直線で前を行く2頭に接近し鞍乗がムチを入れて目一杯追っていましたが
併せた2頭も目一杯追われていたので
差は縮まらず1~2馬身遅れたままフィニッシュ。
走るフォームは相変わらずいいですが
追われてもそこまで反応している感じがせず
こちらもキタサンブラック同様に印象が薄い追い切りでした。
ただ目一杯追ったことで今週変わってくるかもしれない。

サトノクラウン

美浦ポリトラックコースでの2頭併せ。
先行するパートナーを直線で目一杯追いかけましたが
追いつけずクビ差の遅れ。
併せた馬が全くの馬なりだったのでそれに
目一杯追っても先着出来なかったのはマイナス。
ポリトラックコースでやっている事自体
脚に疲れを残さない為でしょうから
まだ疲れは溜まっていそうな感じがします。
最終でどこまで変わってこれるか。

サウンズオブアース

栗東CWでの併せ馬。
終いだけ強めに追ってアタマ差先着。
追ってからの反応はまずまずでストライドの伸びも十分あり
馬体のブレもなくバランスの良い走りでした。
併せた馬との手応えの差は歴然でしたが
その割りにそれほど差がつかなかったのは不満ですが
レースを使われつつ良化してきている印象。
スポンサードリンク

スワーヴリチャード

栗東CWでの2頭併せ。
終い強めに追われて1馬身半ほど先着。
追われてからのストライドの伸びは素晴らしく
状態の良さが感じられます。
ただ飛びが大きいのでやっぱり直線の長い東京コース向きの馬だとは思います。
今回は小回りコースの中山なのでそこでどんな走りができるかでしょう。
状態はとても良いと思います。

その他の馬は・・・

クイーンズリングは栗東CWでの3頭併せ。
ラストでムチを入れて強めに追い2頭に先着。
活気はありましたがストライドの伸びはイマイチ。

サクラアンプルールは美浦坂路での併せ馬。
折り合い重視の軽めの内容でアタマ差の遅れ。
ただ脚元は力強く状態そのものは悪くなさそう。

ヤマカツエースは栗東CWでの単走追い。
終いだけ軽く追った内容でしたが
6F81秒1-12秒3と時計は速い。
バランスよく走れていますがラストで手前を替えていたのが
ちょっと気になる。

ルージュバックは美浦坂路での単走追い。
リラックスして走れているが軽い内容だったので
状態の良し悪しは解かりかねる感じ。
最終で負荷を掛けた追い切りをするでしょうから
そこで判断したい。

レインボーラインは栗東坂路での単走追い。
こちらも内容は軽かったですが
バランスの良い走りをしており
バネの効いた走りをしていて好調さが感じられます。

まとめ

1週前追い切りの時点で好調さが感じられるのは
スワーヴリチャード
レインボーラインの2頭
対してキタサンブラック、サトノクラウン、シュヴァルグランは
まだまだという出来に見えました。
これが最終追い切りでどう変わってくるのか期待して待ちたい。
スポンサードリンク

-追い切り診断