ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

追い切り診断

阪神カップ2017、追い切り診断、A評価は3頭、イスラは順調、サングレーザーは疲れてる?

ラジャカジャです。
今日は阪神カップ2017の追い切り診断をしていきたいと思います。
その前に競馬小話。

有馬記念の枠順が決定しました。
ユーチューブで公開抽選会を見ましたが
武豊騎手はほんと引きが強いですね。
1番欲しいと思っていた1枠2番を見事に引きました。
これでキタサンブラックが馬券圏内に入ってくる可能性が
グッと高くなりましたね。
単勝オッズも下手したら2倍を切るくらいになるかもしれません。

面白いのはその両隣りにヤマカツエースと
クイーンズリングが入った事。
2頭とも内枠に入れば面白いと思っていたので
これは本番が楽しみになってきました。


スポンサードリンク

追い切り診断

最終追い切りでの調教時計と調教VTRから
独自の目線でABC順に評価しています。

A評価:
状態の良さそうな馬、前走から上積みがありそうな馬
B評価:
時計、動きとも悪くないけど特別良くも見えなかった馬
C評価:
動きに覇気がなく調子がイマイチなのでは?と思う馬

A評価:
アポロノシンザン
イスラボニータ
モズアスコット
B評価:
エポワス
キャンベルジュニア
サンライズメジャー
シャイニングレイ
シュウジ
ビップライブリー
モーニン
レーヌミノル
C評価:
サングレーザー
タガノブルグ
ダンスディレクター

好調そのもの アポロノシンザン

美浦でいい動きをしていたのはアポロノシンザン

南Wでの3頭併せ。
2頭を先行させて直線で仕掛けると一気に加速。
並ぶまもなく交わし去るとあっという間に突き放してゴール。
まあ併せた馬のレベルが低かったのかもしれないが
この馬自身は走りのバランスも言いし
ストライドも良く伸びていて状態はとても良さそう。
前走OP特別を勝ったばかりの馬で
格下なのは否めないですが勢いがあって先行できる脚質も魅力。
このメンバー相手にどこまでやれるか。

好仕上がり イスラボニータ

前走マイルCSは1番人気に支持されながら5着に敗退したイスラボニータ

最終は美浦南Wでの単走追い。
終始馬なりで軽めの調整でしたが
クビの位置は低くバランスのいい走りで
ストライドの伸びも十分にあったので
引き続き好調をキープしていると考えていいでしょう。
富士S→マイルCS→阪神カップというローテは
去年と全く一緒ですから調整方法も慣れたものでしょうし
メンバー的にみてもここはチャンスでしょう。

好気配 モズアスコット

栗東で動きが目立っていたのはモズアスコット

坂路での併せ馬で2馬身ほど先着。
鞍乗は軽く促しただけですが素早く反応してギアチェンジ出来ていましたし
脚元の捌きは力強かったです。
4連勝しているとは言え前走は1600万クラスを走っていた馬。
それが今回はGⅡ挑戦ですから常識的に考えれば
壁に跳ね返されると思いますが
もしここを勝つようならばGIも勝てる器と思うが・・・

非力な印象 レーヌミノル

マイルCSでは10番人気の低評価ながら4着と健闘したレーヌミノル

最終は栗東CWでの単走追い。
バランスよく走れているがストライドの幅は狭めで
力強さに欠ける印象の追い切り。
多少の疲れはあるのかも。
スポンサードリンク

疲労感じる動き サングレーザー

4連勝の勢いに乗って挑戦したマイルCSで3着と健闘したサングレーザー

最終は栗東坂路での単走追い。
全体時計59秒7が示す通りほとんど負荷がかかっていない追い切り。
夏以降これが5戦目のレースとなりますし
スワンS、マイルCSと激戦が続いたので
疲労が残っているのだろうと思います。
強く追われていないので状態の良し悪しははっきりしませんが
前走より調子は落ちていると見るべきでしょう。

その他の馬は・・・

シャイニングレイは栗東坂路での単走追い。
頭の位置は高めだが活気のある走り。
5ヶ月ぶりのレースなので多少太い感じもするが
具合は良さそう。

サンライズメジャーは栗東坂路での単走追い。
頭がずっと右側に向いていたのが気になるが
脚元の動きはパワフル。
まずまず動けている。

シュウジは栗東坂路での単走追い。
4F50秒8-12秒5と相変わらず時計は速い。
こちらも頭の向きが右に寄っていて
最初はラチに沿って走っていたのに
徐々に馬場の真ん中に移動するなど
バランスの悪さが見えます。
が、全体的に活気のある動きをしていたので
調子自体はそんなに悪くないのでは?と思う。

ビップライブリーは栗東CWでの単走追い。
首が上下に揺れあまりバランスのいい走りじゃない。
何となく間延びした感じのリズム感でしたが
ストライドはまあまあ伸びており
この馬なりに順調に来ている様子。

ダンスディレクターは栗東坂路での2頭併せ。
ラストは軽めに追われていたが追いつけずクビ差の遅れ。
ストライドの伸びはイマイチで脚元のバランスも悪く見えた。
調子自体それほど上がっているようには見えない。

モーニンは栗東坂路での単走追い。
4F51秒1-12秒4の好時計をマーク。
追い切りに関しては気になる点は何一つなかった。
あとは芝がどうかだけだがこればっかりは使ってみないと分からない。

まとめ

追い切りから推奨したいのは
アポロノシンザン
イスラボニータ
モズアスコットの3頭。
ただ3頭ともめちゃくちゃ調子いいというよりは
前走の出来をキープしているという感じ。
データ的には前走マイルCS組が有利となっていますが
サングレーザーはちょっと疲れ残ってるなぁという印象。
何となく荒れそうな雰囲気がします。
スポンサードリンク

-追い切り診断