ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

地方競馬 重賞展望

きさらぎ賞2018、データ予想、ディープインパクト大得意のコース、川崎記念2018予想

ラジャカジャです。
今日はきさらぎ賞2018のデータ予想
川崎記念2018のレース予想をしていきたいと思います。

天気予報だと明日はまた雪が降る予定ですが
どのくらい降るのか気になるところです。
何の影響もなく土日開催されるといいのですが。


スポンサードリンク

きさらぎ賞 データ予想

過去10年で馬券に絡んだ30頭の好走データを調べ
今回の出走メンバーに当てはまる馬がいるか調べてみたいと思います。

1番人気は信頼度高め

人気別成績を調べると1番人気は【4,3,0,3】という成績。
勝率40%連対率&複勝率70%というのは中々信頼できる数字だと思います。
しかも馬券に絡む時は必ず2着以内に来ていますので
馬連の軸としても十分信頼できると思います。

1番人気で馬券に絡めなかった3頭の単勝オッズを調べてみると
2013年リグヴェーダ(8着) 3.8倍
2011年ウインバリアシオン(4着) 2.8倍
2008年ブラックシェル(7着) 2.3倍
対して馬券に絡んだ7頭は全て単勝オッズ1倍台~2.1倍の範囲にいた馬でした。
今回1番人気に支持されそうなのはダノンマジェスティだと思いますが
単勝1倍台にまで支持されるようならば安全圏だと思いますが
2倍台後半や3倍くらいのオッズだと馬券圏外に飛ぶ可能性の方がありそう。

前走1番人気が活躍

前走の人気別成績を調べると
前走1番人気だった馬が【7,4,4,12】という好成績を収めています。
過去10年の連対馬20頭のうち11頭を占めていますし
2015年以外の全ての年で馬券に絡んでいますから
これは注目すべきデータでしょう。
今年の出走予定馬で該当しているのは
ダノンマジェスティ
レッドレオンの2頭

前走1着馬

前走の着順別成績を調べると
前走1着だった馬が【4,8,4,21】の好成績
出走頭数が多いので好走率はさほど高くないですが
過去10年で馬券に絡んだ30頭中16頭が該当していますし
9年連続で馬券に絡んでいますので
やはりこれも注目すべきデータでしょう。

馬券に絡んだ16頭中13頭は前走500万かOP特別を走っていた馬で
残る3頭は前走が牡馬混合の未勝利戦を走っていた馬でした。
このデータに沿って調べてみると
今年のメンバーで該当しているのは
エポカドーロ
メイショウヒサカタ
ラセットの3頭

因みに前走新馬戦だった馬は過去8頭が参戦していますが
馬券に絡んだ馬はなし。
ダノンマジェスティにとっては嫌なデータ。
スポンサードリンク

ディープインパクト産駒が大活躍

種牡馬別成績を調べると
ディープインパクトが【4,4,2,6】という好成績。
勝率25.0%連対率50.0%複勝率62.5%という数字は驚異的です。
しかも産駒が走り始めたのは2011年からですから
いかにこの馬がこのコースを得意にしているかが分かります。
今年のメンバーでディープインパクト産駒なのは
カツジ
グローリーヴェイズ
ダノンマジェスティ
ノーブルカリナン
レッドレオンと5頭もいます。
2012年以来の上位独占もあるかもしれません。

前走の上がり3Fの時計が1位だった馬

過去10年の上がり3Fの時計を見てみると
最速の時計を出していた馬が【4,3,2,1】という成績。
最後の600mを1番速く走った馬がほぼ馬券に絡んでいる状態です。

同様に前走で上がり3Fの時計をメンバー最速で走った馬も
【4,7,3,13】と馬券に絡んでいますのでここにも注目したいです。
今回のメンバーで前走上がり3Fの時計が最速だった馬は
グローリーヴェイズ
ラセット
ノーブルカリナン
ラセットの4頭

まとめ

ダノンマジェスティは前走新馬戦というのを除けばほぼデータ上は
馬券に絡む確率は高いといえそう。
実際の単勝オッズで2倍前後だったら馬券圏内は確実かなと思います。
グローリーヴェイズもディープ産駒、前走上がり3F最速というところから有力視したい馬。
特に前走はスタートで出遅れてクビ差の2着でしたから
まともだったら勝っていたと思いますしここはチャンスでしょう。
他にも前走重賞で2着したカツジもディープ産駒ですから
これも勝ち負けに加わってくるでしょう。
おそらく勝つのはこの3頭のどれかじゃないでしょうか。

川崎記念2018 予想

本命 サウンドトゥルー

今年で8歳となりますが実力に翳りはなく
前走の東京大賞典でも末脚を伸ばして2着。
後ろから行く馬なので展開に左右されやすいですし
チャンピオンズカップの時のように直線で前が開かなくなる不利も受けたりしますが
今回は10頭と少頭数の競馬ですし、脚力のない地方馬も参戦したレースですから
最後方で競馬したとしても楽にさばいて来れそうですし
4コーナー手前から追い出して捲る感じの競馬をすれば
馬券圏内は堅いと思いますし、そろそろアタマで来る頃じゃないかと思います。
相手も実績で考えればケイティブレイブ、アウォーディーの2頭でしょう。
ケイティブレイブは来月で定年を迎える目野調教師にとって
最後のGIレースとなりそうなので是が非でも勝って華を添えたい所ですし
アウォーディーも次走はドバイワールドカップに行くプランを予定していますから
ここで結果を出さないと招待されない可能性が出てくるので
ここは結果を残したいでしょう。
その他ではアポロケンタッキー、メイショウスミトモを加えた4頭が相手本線。
馬連、三連複で買っても配当は安いのでアタマ固定で勝負してみたい。
買い目
馬単流し
4→3,6,7,9(4点)
三連単フォメ
4→3,6→3,6,7,9(6点)
スポンサードリンク

-地方競馬, 重賞展望