ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

追い切り診断

東京新聞杯2018、追い切り診断、A評価は3頭

ラジャカジャです。
今日は東京新聞杯2018の追い切り診断を見ていきたいと思います。

先週のシルクロードSでは
追い切り診断でA評価とした3頭のうちの2頭
ファインニードル、セイウンコウセイがワンツーフィニッシュ
根岸SでもA評価とした2頭のうちの1頭
サンライズノヴァが2着するなど
追い切り診断でA評価とした馬が好走しています。

今週もしっかりジャッジして馬券に絡みそうな馬はどれか?
見極めていきたいと思います。

スポンサードリンク

追い切り診断

最終追い切りでの調教時計と調教VTRから
独自の目線でABC順に評価しています。

A評価:
状態の良さそうな馬、前走から上積みがありそうな馬
B評価:
時計、動きとも悪くないけど特別良くも見えなかった馬
C評価:
動きに覇気がなく調子がイマイチなのでは?と思う馬

A評価:
カデナ
グレーターロンドン
リスグラシュー
B評価:
アドマイヤリード
ガリバルディ
クルーガー
サトノアレス
ストーミーシー
ダイワキャグニー
ダノンプラチナ
ディバインコード
デンコウアンジュ
ハクサンルドルフ
ベルキャニオン
マイネルアウラート
C評価:
該当馬なし

復調気配感じる カデナ

栗東坂路での単走追い
ラストはムチ一発入れ強めに追われて
4F53秒4-12秒7の時計をマーク
ラスト1Fはラップを落としていますが
これは毎度の事なので気にする必要はないでしょう。
1週前追い切りも同じような感じでしたが
4F54秒3-12秒9だったので
最終追い切りで更に負荷を掛けてきた感じ。
因みに昨年の弥生賞を勝った時の最終坂路追いの時計は
4F54秒4-12秒8でしたので単純比較では今回の方が時計は良いです。

VTRで動きを見ても馬体にブレもなくクビも低い姿勢で上手く使えていますし
ストライドの伸びもあって動きも素軽く調子は良さそう。
前走中山金杯の時よりは明らかに良化していると思います。

1600mは問題ないと思いますが末脚を活かすタイプだけに馬場の方が心配。
木~金で雨か雪が降る予報になっているので
当日馬場がどこまで回復するかがカギ。
やや重程度の馬場だったらこの馬の上位進出も十分あるように思います。

順調そのもの グレーターロンドン

美浦南Wでの3頭併せ
終始馬なりでしたが反応は良く
それぞれ1馬身、クビ差先着してゴール。
とてもリラックスした感じの走りでしたが
ストライドも良く伸びていましたし
特に不安を感じる部分も見当たらなかったので
普通にA評価でいいでしょう。
前走ディセンバーSでは期待に応えられず3着という結果でしたが
その後は時厩舎でじっくり調整され状態面に関して問題なさそう。
直線の長い東京コースは脚質的に合っていそうですし
当面の目標は安田記念になるでしょうから
同じ舞台のここは陣営としても結果を出したいところでしょう。
好勝負が期待できそう。

坂路で自己ベスト更新 リスグラシュー

栗東坂路での2頭併せ
ラスト軽く促されただけですが
4F49秒8-12秒3の猛時計をマーク
過去には全体時計で50秒台は出していますが
49秒台というのは初めてでラストも落ちずに走りきっているので
これは素晴らしい時計だと思います。
VTRで動きを見ると走り自体はそこまで迫力のあるものではなかったですが
バランスと脚元の力強さは目立っており状態の良さが感じられます。
マイル戦は5戦して【1,3,1,0】と安定していますし
この馬も末を活かすタイプなので東京コース向きでしょう。
期待大。

動きまずまず ダイワキャグニー

美浦南W単走追い
馬なりでラストは強めに追われて
5F68秒8-13秒2の時計をマーク
追われてからはストライドも十分伸びていましたし
順調に来ている印象。
ただ特別良いとも感じなかったので
可もなく不可もなくといったところ。
これまで挙げた勝ち鞍は全て東京コース
1600mも守備範囲ですし陣営も目標は安田記念と話しているだけに
ここで結果を出して賞金を上乗せしたいところでしょう。
スポンサードリンク

折り合い重視の調教 ダノンプラチナ

美浦南Wでの2頭併せ
パートナーを先行させ馬体を併せながら最後まで馬なりのままゴール
折り合いをつかせることだけに専念した調教で
これは陣営の思惑通りだったと思います。
だが状態面に関してはラストだけでも多少追ってくれないと
ジャッジしようがないので何とも言えない。
ただ折り合いはしっかりついていたし
東京コースにも実績があるので普通に走れば上位争いは必至でしょう。

その他の馬は・・・

クルーガーは栗東坂路での単走追い
終始馬なりでしたが真っ直ぐ走れていてバランスも良く
時計も悪くない。
A評価にするにはもうひとつプラスアルファになるようなものが欲しいですが
順調に来ていると思います。

アドマイヤリードも栗東坂路での単走追い
こちらも終始馬なりで同じ時間帯に他厩舎の馬も数頭追いきっていたため
それを目標に集中して走れていた。
動きも悪くなくこちらも順調にきている感じ。

サトノアレスは美浦南Wでの2頭併せ
ほぼ馬なりでしたがラストで伸びて半馬身程先着。
リラックスした動きでしたがストライドの伸びはイマイチだった印象。

それ以外の馬は可もなく不可もなくといった印象。

まとめ

追い切りから推奨したいのは
カデナ
グレーターロンドン
リスグラシューの3頭
他の馬も順調に来ていると思いますが前走からの上積みという点で見て
上記の3頭をピックアップしました。
ただ有力馬はみな末を活かすタイプの馬ばかりなので
逃げ・先行馬の前残りがありそうな気がします。
スポンサードリンク

-追い切り診断