ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

追い切り診断

共同通信杯2018、追い切り診断、A評価は2頭

ラジャカジャです。
今日は共同通信杯2018の追い切り診断をしていきたいと思います。

先週も追い切り診断でA評価に挙げた馬が馬券圏内を確保。
東京新聞杯(A評価3頭)
リスグラシュー 1着
きさらぎ賞(A評価2頭)
ラセット 3着

今週も馬の状態の良し悪しをしっかり見極めていきたいと思います。


スポンサードリンク

追い切り診断

最終追い切りでの調教時計と調教VTRから
独自の目線でABC順に評価しています。

A評価:
状態の良さそうな馬、前走から上積みがありそうな馬
B評価:
時計、動きとも悪くないけど特別良くも見えなかった馬
C評価:
動きに覇気がなく調子がイマイチなのでは?と思う馬

A評価:
グレイル
ジャックローズ
B評価:
アメリカンワールド
エイムアンドエンド
オウケンムーン
カフジバンガード
コスモイグナーツ
ゴーフォザサミット
ステイフーリッシュ
ブラゾンダムール
C評価:
トッカータ

好仕上がり グレイル

栗東CWでの2頭併せ
1週前追い切りに続き武豊騎手が跨り調教
ノースウッド(6歳1000万)を2馬身ほど先行させ
コーナーでショートカットしながら差を詰め直線で併走。
ラストで少し追い出すと馬は即座に反応し2馬身ほど先着してゴール
頭の位置は少し高いものの追ってからの反応は素軽く
順調に調整されている印象。
全体的に軽めの追い切りでしたが何故か5F65秒4-11秒7と時計は出ています。
(先週もそうでしたが栗東の馬場は時計が出やすい仕様になっているのかもしれません)
1週前も同じくCWで追いきって6F80秒1-11秒7の好時計をマーク
1番人気が濃厚ですが良い状態でレースに出られそう。

好気配 ジャックローズ

栗東CWでの2頭併せ
パートナーを2,3馬身先行させる形でスタート。
コーナーでのショートカットを利用して1馬身差まで詰めると
そこから直線に入るとそこから追い出すと馬が内側にササってしまい
騎手が慌てて制御するも差は2馬身以上ついてしまいました。
ただそこから馬は盛り返してきてゴール地点ではアタマ差先着しました。

内にササッた点はマイナスですがそこから立て直して
併せ馬で先着した部分については評価すべきでしょう。
人気はないと思いますが能力は相当高いと感じます。
立て直してからの動きを評価してA評価としたいと思います。

仕上がり良好 ステイフーリッシュ

栗東坂路での単走追い
VTRで動きを見ると脚元のバランスが何となく悪くみえる。
体は真っ直ぐなのでそこまで安定感の悪さは感じないが・・・。
時計は4F52秒4-12秒4と優秀で最後まで加速ラップのまま駆け抜けていたのは好評価したい。
1週前追い切りでも同じく栗東坂路で4F52秒8-12秒6の時計をマーク
4日の日曜追いでも坂路で4F53秒1-12秒4と時計を出しており
かなり仕上げて来ている印象。
脚元のバランスの悪さは気になるが全体的には良くまとまっている印象。

ゴーフォザサミット

美浦南Wでの2頭併せ
終始馬なりでラストも軽く追った程度で軽い内容の追い切り
ゴール時点でパートナーにアタマ差先着されましたが
そこまで負荷をかけた追い切りではなかったので許容の範囲内かなと思います。
馬の気にまかせて気分良く走らせていた印象で
状態としては悪くないと思う。
スポンサードリンク

その他の馬は・・・

アメリカンワールドは栗東CWの併せ馬で先着
ストライドの伸びもまずまずあり
この馬なりに順調にきている感じ

エイムアンドエンドは美浦南Wでの併せ馬
直線はかなり強めに追われてアタマ差先着。
迫力はあったが強めに追った割に着差はそれほどついておらず
反応もそこまで鋭いものではなかった

オウケンムーンは美浦南Wでの3頭併せ
最内を通り、中と外の馬2頭を先行させる形でスタート
直線でかなり強めに追ったものの中の馬との差は変わらず仕舞いでそのままフィニッシュ
中の馬に乗っていた騎手が何度もオウケンムーンの方を見ていたので
本当は併せ馬で先着する予定だったのかもしれない。

カフジバンガードは栗東坂路での併せ馬
終始馬なりで少しも追われるシーンは無く軽い調教内容
1週前にCWでしっかりやれていますし輸送を考えての調整でしょう。
とは言えこの軽い追い切りでは状態の良し悪しははっきり掴めないので
B評価まで

コスモイグナーツは美浦南Wでの単走追い
ストライドはしっかり伸びているが
走りのバランスはイマイチ
アタマも若干高め。

トッカータは美浦南Wでの単走追い
掛かっているのか終始騎手が手綱を引っ張った感じで
折り合いがついていない様子。
馬自身も手前を変えるのにかなり時間がかかっており
稽古が足りない印象。

ブラゾンダムールは栗東CWでの併せ馬
終始馬なりでしたが1馬身先着
クビの位置は低くバランスはいいが
ストライドはそこまで伸びていないし
全体的に迫力不足な印象。
しっかり追えば変わるのかもしれないが・・・

まとめ

追い切りから推奨したいのは
グレイル
ジャックローズの2頭
特にグレイルは何の問題もなく順調に調整されており
持っている力を十分に発揮できる状態と見ます。
まだ最終追い切りを消化していない馬もいるので
最終的なジャッジはできませんが
グレイルが人気に応える可能性はかなり高そう。

ジャックローズは前走未勝利を勝ったばかりの馬ですが
追い切りで見せた動きの切れはとても魅力に感じます。
新馬戦は道中先頭に立つなど積極的な競馬をしましたが直線で粘りきれず3着。
前走の未勝利戦は好位で折り合いつけて差す競馬にシフトチェンジ。
道中掛かり気味でしたが直線で外に持ち出して追い出すと
いい脚を使って差し切り勝ちを挙げました。
おそらく今回も末脚を活かす競馬をすると思うので
折り合いがしっかりついてスムーズに追い出せればこのメンバーでも
十分やれそうな感じもします。
スポンサードリンク

-追い切り診断