ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

重賞展望

キーンランドカップ2016、出走予定馬、予想オッズ、騎乗予定騎手は?

ラジャカジャです。
今日は今週日曜日に札幌競馬場で行なわれる短距離戦、
キーンランドカップ2016を見ていきたいと思います。
予想オッズ、騎乗予定騎手などに注目しながら出走予定馬の中で
馬券に絡みそうな有力馬たちを見て行きたいと思います。

a0002_001471



スポンサードリンク

出走予定馬と騎乗予定騎手

出走予定馬(登録馬)は14頭で馬名と斤量、騎乗予定騎手は以下のとおり
アクティブミノル 58.0 藤岡康太
エポワス     56.0 M.デムーロ
オデュッセウス 53.0 V.エスピノーザ
オメガヴェンデッタ56.0 武豊
サトノルパン 57.0 C.ルメール
サドンストーム 56.0 C.デムーロ
シュウジ      53.0 J.モレイラ
セカンドテーブル 56.0 水口優也
ソルヴェイグ 52.0 丸田恭介
ナックビーナス 51.0 酒井学
ファントムロード 56.0 未定
ブランボヌール 51.0 戸崎圭太
ホッコーサラスター54.0 池添謙一
レッツゴードンキ 55.0 岩田康誠

当日は2016ワールドオールスタージョッキーズが行なわれるので
その関係もあってかこのレースでも外国人騎手の騎乗が目立っていますね。
メンバーを見ると前走函館スプリントSの1着馬~4着馬、
UHB賞の2着馬~5着馬が揃って出てきています。
なので再戦の度合いが強いレースですが、
これに格上挑戦ですが連勝中のナックビーナス、ホッコーサラスターあたりがどう絡んでくるかが
このレースの見所でしょう。

またキーンランドカップはサマースプリントシリーズ2016の第5戦に当たります。
シリーズもあと残り2戦となり優勝争いも佳境に入ってきましたが
現在のポイントランキングの上位馬は以下の通りです。

SnapCrab_NoName_2016-8-22_23-51-22_No-00

暫定1位はベルカントですあと2戦残されていますのでまだまだ分かりません。
(ベルカント陣営としては先週の北九州記念は勝っておきたかったですね)
現在暫定2位のソルヴェイグがキーンランドカップに出てきますので
もし勝てば1位に立てるのでここは目一杯仕上げてくる可能性あります。

予想オッズ

続いて予想オッズですがこちらは毎度ながらnetkeiba.com
から拝借しますと人気上位馬と想定オッズは以下のとおりです。
シュウジ    2.9倍
ソルヴェイグ  4.8倍
レッツゴードンキ 5.6倍
オメガヴェンデッタ 8.7倍
アクティブミノル 9.4倍
ブランボヌール  11.1倍
エポワス     12.9倍
函館記念上位組が人気になるんだろうなぁとは思っていましたが
函館記念を勝ったソルヴェイグではなくシュウジが1番人気なのは
鞍乗の差ということでしょうね。
前走で久々に好走したレッツゴードンキや重賞でたびたび好走している
オメガヴェンデッタも争覇圏内でしょう。
高松宮記念4着のアクティブミノルも実力的には勝ち負けですが
斤量58kg背負わされるのは厳しいですね・・・

ここからは人気上位馬を詳しく見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

有力馬紹介

シュウジ(予想1番人気)
前走の函館記念で2着。
直線で一旦はソルヴェイグを内から交わしましたが
最後また詰め寄られゴールシーンは傍から見た分には
どちらが勝ったか全く分からないと言っていいほどの接戦でした。
悔しすぎる敗戦でしたが
今年に入ってからはファルコンステークス12着
NHKマイルカップ12着と不振続きだっただけに、
短距離戦に活路を見出すことができたのは大きいです。
前回ハナ差で負けたソルヴェイグとは今回斤量差が1kg縮まりますし、
何といってもモレイラ騎手というこれ以上のないくらいの鞍乗強化をしてきましたので
勝負気配をかなり強く感じます。
ここを勝って秋のスプリンターズSに挑みたいところでしょう。

ソルヴェイグ(予想2番人気)
そのシュウジを前回負かして重賞2勝目をゲットしたのがこの馬。
桜花賞では17着と惨敗しましたが3走前のフィリーズレビューでは
アットザシーサイド(桜花賞3着)に完勝していますので
距離適正に注文が付くだけで力そのものは3歳のトップレベルにあるといっていいでしょう。
前走は人気薄の気楽さもあって強気に乗れたかもしれませんが
今回は人気上位に押される分鞍乗の丸田騎手に気負いがなければいいなと思います。
シュウジも強いですがこの馬もひと叩きされての上積みが期待できるので
重賞連勝の可能性はかなりあると思います。

レッツゴードンキ(予想3番人気)
昨年の桜花賞を4馬身差の圧勝でGIをゲットして以降
全く馬券に絡めていませんでしたが
前走の函館スプリントSで3着に入り久々に好走しました。
ただ内で脚をうまく溜めて距離ロスのない競馬をした結果
3着に来たという感じですので、
1200mの適正があったというよりは鞍乗の吉田隼人騎手がうまく乗ったという印象が強いです。
今回のメンバーを見ると何が何でも逃げるというタイプの馬はいないので
この馬が逃げの手に出るかもしれないですね。
この馬が勝つとしたら逃げるしかないと思いますので
そのあたり岩田騎手の手腕にも期待したいです。

オメガヴェンデッタ(予想4番人気)
昨年のこのレースの4着馬。
重賞勝ちはありませんが昨年のスワンSで3着
今年の阪急杯では2着と重賞戦で馬券に絡んでいます。
ただ2走前の函館スプリントSでは1番人気に押されながら6着に敗退、
前走のUHB賞でも4着と馬券に絡めませんでした。
これまで挙げた5勝のうち4勝が1400mのレース(ダート戦も含む)で
1200mは4戦して1勝のみ。
なので距離適正という意味で1200mは微妙にズレているのかもしれません。
実力的には上位の存在もあまり強気にはなれないところ。

アクティブミノル(予想5番人気)
昨年のセントウルSで逃げ切り勝ちを決めるなど
逃げ若しくは先行するイメージが強かった同馬ですが
2走前の高松宮記念では一転して差す競馬をして4着に好走。
前走の函館スプリントSでは先行して4着でしたので
基本的には先行脚質なのは変わらないようです。
ただ無理にでもハナに立つという競馬をしなくても折り合いがつくので
今回も前から3,4番手で競馬して直線粘りこむというレースプランで行くでしょう。
ただ問題は斤量58kgを背負わされる事。
過去にGⅡを勝利していることからこの斤量らしいのですが
ちょっと酷じゃないかと思います。

他にも洋芝適正が高いエポワス
函館で1000万、1600万と連勝してきたホッコーサラスター
間隔は開きましたが1200m戦で連勝中の3歳馬ナックビーナスなど
伏兵的な存在の馬も多数いてひと波乱ありそうなメンバー。
週中でもう1度考察しますが穴馬として一考したいのはこの馬です。
(馬名はBの欄)

競馬 ブログランキングへ

ここ数戦は馬券に絡めていませんが
函館1200mで2戦2勝しているように
使ってきた距離が長かったのだと思います。
今回はかなり間隔を開けてきましたが
3歳馬なのでまだ成長する余地があると思いますし
斤量51kgというのはかなり魅力
2歳時に重賞勝ちしていますし鞍乗も戸崎騎手ですから
穴馬としては十分すぎるほど魅力があります。

スポンサードリンク

-重賞展望
-