ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

追い切り診断

京都牝馬ステークス2018、追い切り診断、A評価は4頭

ラジャカジャです。
今日は京都牝馬ステークス2018に出走予定の馬の
追い切り診断をしていきたいと思います。

その前にちょっと競馬小話。
先週のクィーンカップで5着に敗れたマウレアですが
次走は武豊騎手でチューリップ賞に向かうとの事。
当初はクィーンカップで結果を出してそのまま桜花賞に進むローテでいましたが
このままの賞金では出走が危ういのでトライアルに出走することにしたようです。

ただチューリップ賞には阪神JFの1,2着馬
ラッキーライラック、リリーノーブルがスタンバイしているので
なかなか厳しい戦いとなりそう。
鞍乗が武豊騎手に乗り替わりとなったのは
前走で結果を出せなかった戸崎騎手にオーナーサイドが
三行半を突きつけたという事でしょうか。
戸崎騎手には他にもアーモンドアイやプリモシーンといった有力馬がいますが
場合によっていはルメール&デムーロ騎手に乗り変わる可能性もあるので
この馬を手放してしまったのはちょっと痛いですね。


スポンサードリンク

追い切り診断

最終追い切りでの調教時計と調教VTRから
独自の目線でABC順に評価しています。

A評価:
状態の良さそうな馬、前走から上積みがありそうな馬
B評価:
時計、動きとも悪くないけど特別良くも見えなかった馬
C評価:
動きに覇気がなく調子がイマイチなのでは?と思う馬

A評価:
エスティタート
オーヴィレール
デアレガーロ
ミスパンテール
B評価:
アリンナ
ヴゼットジョリー
エンジェルフェイス
サザナミ
ソルヴェイグ
タマモブリリアン
ミスエルテ
ワンスインナムーン
C評価:
該当馬なし

好気配 エスティタート

栗東坂路での単走追い
ラチに沿って真っ直ぐに走り
ラストは強めに追われて4F53秒8-12秒の時計をマーク
最後まで加速ラップのまま走れていましたし
先週の追い切りも同じような感じで
4F53秒0-12秒4の好時計をマークしていますので
順調に調整されてる印象です。

走りのフォームを見ても馬体にブレがなく安定感がありますし
追われてからの反応も鋭く脚元の踏み込みも力強くて
状態面での上積みはかなり感じられる動きでした。

1600万クラスをなかなか勝ちきれずにいる馬なので
格下感は否めないですが昨年もこのレースで4着と好走していますし
その時よりも力量&状態は上だと思いますし
鞍乗が乗り慣れた武豊騎手に替わるのもプラス材料でしょう。

素軽い動き オーヴィレール

こちらも栗東坂路での単走追い
辿ったコースもほぼエスティタートと同じ感じでしたが
見せムチを使うなど最後まで馬に負荷をかけた追い切りをして
4F52秒8-11秒9の好時計をマーク
特にラストの2Fはいずれも11秒9を連続して記録しており
これはかなりの高評価。

実際動きを見る身体の心は多少右に寄っていますが
脚元の踏み込みは強いですし
終始テンポの良いリズムで集中して駆けていました。
前走3ヶ月ぶりのレースをひと叩きされて順調に良化している印象。

重賞に挑戦するのは今回が初めてですが
メンバーは手薄な感じがするのでOP特別2着が最高成績のこの馬でも
付け入る隙はあると思います。

迫力満点! デアレガーロ

美浦南Wでの2頭併せ
僚馬を1馬身ほど先行させた後
コーナーリングでショートカットをして併走状態のまま直線へ。
馬なりのまま前に出て鞍上が合図を送ると
加速し一気に僚馬を突き放し3馬身ほど先着してゴール。
追ってからのストライドの伸びは抜群で
クビの使い方も上手く全体的にしなやかな動き。
文句なしにA評価。

今回は京都への初遠征なので輸送の問題もありますが
良い状態でレースに臨めそう。
スポンサードリンク

好仕上がり ミスパンテール

栗東坂路での単走追い
ラチにそって真っ直ぐに走りほぼ馬なりのままフィニッシュしましたが
4F54秒5-11秒9とラストは見た目以上に早い時計が出ました。

動きを見ても無駄な動きは一つも無く
安定感があって脚元の踏み込みも力強い。
そんなに強く追われたワケではないですが
十分に調子の良さが伝わる調教でした。

昨年は桜花賞、オークスと挑戦し大敗を喫していますが
チューリップ賞では上がり3Fの時計はメンバー最速をマークして
リスグラシューに先着しての2着と素質の高さは見せていました。
ひと夏越して馬体に実が入り現在2連勝と勢いに乗っていますので
このまま重賞制覇という可能性は十分にありそう。

その他の馬は・・・

ソルヴェイグは栗東坂路での単走追い
4F52秒5-12秒3と時計は悪くないが
VTRで動きをチェックするとストライドの伸び、
脚元の踏み込みは甘いように感じる。
そこまで良いと感じない。

ワンスインナムーンは美浦坂路での併せ馬で先着
こちらはストライドの伸び、脚元の踏み込み共にまずまず。
海外遠征帰りで調整は難しいと思うが
まずまず仕上がっている印象。

ミスエルテは栗東CWでの単走追い
ラストは強めに追われて5F69秒2-11秒3の好時計をマーク
ストライドの伸びは十分あり状態そのものは悪くない。
ただ手前を何度も替えて走っており
集中して走れていない印象。

それ以外の馬は可もなく不可もなくといった感じ

まとめ

追い切りから推奨したいのは
エスティタート
オーヴィレール
デアレガーロ
ミスパンテールの4頭
いずれの馬もよく仕上がっている印象で
使っての上積みも期待できるので好勝負必至でしょう。
人気ところではソルヴェイグは好調時と比べると動きはイマイチ。
ワンスインナムーン、ミスエルテはまずまず仕上がっている印象で
上位争いには加わって来そう。
スポンサードリンク

-追い切り診断