ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

追い切り診断

阪急杯2018、追い切り診断、A評価は4頭

ラジャカジャです。
今日は阪急杯2018に出走予定の馬の
追い切り診断をしていきたいと思います。


スポンサードリンク

追い切り診断

最終追い切りでの調教時計と調教VTRから
独自の目線でABC順に評価しています。

A評価:
状態の良さそうな馬、前走から上積みがありそうな馬
B評価:
時計、動きとも悪くないけど特別良くも見えなかった馬
C評価:
動きに覇気がなく調子がイマイチなのでは?と思う馬

A評価:
シュウジ
ニシノラッシュ
ミッキーラブソング
モズアスコット
B評価:
アポロノシンザン
カラクレナイ
コスモドーム
コロマンデル
ダイアナヘイロー
タイムトリップ
ディバインコード
ヒルノデイバロー
ペイシャフェリシタ
マイネルバールマン
ムーンクレスト
モーニン
ユキノアイオロス
レッドファルクス
C評価:
該当馬なし

シュウジ

栗東坂路2頭併せ
最初はパートナーの後ろを走っていたが
馬を隣に移動させると並ぶまもなく一気に抜き差って
3馬身以上の差をつけてゴール
4F53秒5-11秒9をマーク
最後まで加速ラップのまま走れていましたし
単純に時計面だけの評価でもかなり状態は良いと言えそう。

実際にVTRで動きを見ても
馬体にブレもなく真っ直ぐに走れていてストライドの伸びも十分。
活気もあって最後まで集中して走れており
これは文句なしにA評価でいいと思います。
近走は大敗が目につきますが2016年の阪神カップを勝つなど
阪神1400m戦での好走歴があるので軽視できない存在ですし
中1週の強行ローテで来ているのも気になります。

ニシノラッシュ

栗東坂路単走追い
1週前追い切りで4F51秒9-12秒5の好時計をマークしましたが
最終追い切りでも4F53秒0-12秒4と2週続けて好時計をマーク

VTRで動きを見てみるとラチに沿って真っ直ぐ走っており
安定感のある走り。
脚元の掻き込みも力強くて状態の良さが感じられる動きでした。
前走1600万を勝ったばかりの馬ですがその時2着に下したエスティタートが
先週の京都牝馬Sで3着に好走しているので
その比較からすればこの馬も重賞でも十分戦える器だと思う。
事実2歳時には京王杯2歳S、新潟2歳Sで3着に入った過去もあり
元々能力の高い馬でもありました。
早熟傾向かと思いきやここに来て地力を付けてきた印象で
人気ないでしょうが注意は必要でしょう。

ミッキーラブソング

栗東坂路での単走追い
同じ時間帯に他厩舎の馬も複数追い切りをしており
併せ馬をしているような感じにも見えました。
ミッキーラブソングはラチに沿って真っ直ぐに走っており
他馬の気配を全く気にする様子も無く最後まで集中して走っていました。
バランスの良い走りでストライドも良く伸びており
前走(シルクロードS13着)よりは明らかに馬は良くなっていると感じました。

オープン特別では2勝していますが重賞では10戦して
2016年京都金杯での3着が最高とちょっと力不足な印象は否めませんが
阪神芝1400m戦で2勝していますし
阪急杯にしても2016年4着、2017年6着と善戦しています。
コース適正の高さと状態の良さで上位食い込みがあるかもしれない。

モズアスコット

栗東坂路での2頭併せ
1週前追い切りで4F53秒1-12秒5と中々の好時計をマークしましたが
最終追い切りでは4F52秒9-11秒7と更に良いタイムを出してきました。
ラスト11秒7というのはいくらコンディションの良い坂路であっても
なかなか出ないタイム。

VTRで動きを見てみると前半は手綱を押えて折り合いに専念させていましたが
最後に追い出すと一気に加速しあっという間に僚馬を3馬身ほど突き放してしまいました。
多少脚元の着地ポイントはずれていましたが
そんなものは気にする必要がないほどの加速力で
見ていてホレボレするほど。
文句なしにA評価です。
スポンサードリンク

レッドファルクス

美浦南ダートでの単走追い
この馬はいつも追い切りで良い動きを見せているのですが
今回も悪くありませんでした。
マイルチャンピオンシップ以来3ヶ月ぶりのレースとなりますが
迫力ある動きでラストのストライドの伸びも申し分なし。
馬自身に走りたいという気持ちがすごくあるような感じがして好印象。
ただ直線の入りで鞍乗が手前を替えさせようとしましたが
替えられず左に寄れるシーンがあり
そのまま右手前で走っていました。
おそらく馬自身は右手前で走るのが好きなのかもしれない。
左回りのコースに良績があるのはそのせいかも。
状態面は悪くないと思いますがその部分が気になったので
B評価としたい。

その他の馬は・・・

ディバインコードは美浦南Wでの2頭併せ
僚馬を1馬身ほど先行させる形でスタート
直線で並びかけるものの追い出す仕草をせずそのままフィニッシュ。
折り合い重視で軽めの調教内容でした。
前走から中2週でのローテで来ているので
無理に負荷をかけた追い切りはしないという事でしょう。

カラクレナイは栗東CWでの単走追い
コーナーの手前から掛かった素振りを見せ
直線でもクビを振るなど折り合いを欠くシーンがありました。
ラストで鞍乗がゴーサインを出すも
疲れてしまって伸びを欠くなどかなり残念な追い切りでした。

前走初の1200m戦で見せ場たっぷりの4着。
今回は得意の阪神1400mという事で
個人的にもかなり期待していた馬でしたが
この追い切りを見るとちょっとどうかなと思う。

それ以外の馬は可もなく不可もなくと言った感じです。
スポンサードリンク

まとめ

追い切りから推奨したいのは
シュウジ
ニシノラッシュ
ミッキーラブソング
モズアスコット
特にモズアスコットの最後の加速力は秀逸といって良いレベル。
人気はレッドファルクスでしょうが
追い切りを見て軸にしたいのはモズアスコットの方。
どんなレースを見せてくれるのか楽しみです。

-追い切り診断