ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

追い切り診断

弥生賞2018、追い切り診断、A評価は1頭

ラジャカジャです。
今日は弥生賞2018に出走予定の馬の
追い切り診断をしていきたいと思います。

先週も追い切り診断でA評価とした馬が好走。
中山記念ではただ1頭A評価としたウインブライトが1着
阪急杯でもA評価にした4頭のうち
モズアスコットが2着を確保しました。

今週の重賞レースにおいても
馬の状態をしっかり見極めて
ジャッジしていきたいと思います。


スポンサードリンク

追い切り診断

最終追い切りでの調教時計と調教VTRから
独自の目線でABC順に評価しています。

A評価:
状態の良さそうな馬、前走から上積みがありそうな馬
B評価:
時計、動きとも悪くないけど特別良くも見えなかった馬
C評価:
動きに覇気がなく調子がイマイチなのでは?と思う馬

A評価:
ダノンプレミアム
B評価:
アサクサスポット
オブセッション
サンリヴァル
ジャンダルム
トラストケンシン
ヘヴィータンク
リビーリング
ワグネリアン
C評価:
該当馬なし

ダノンプレミアム

栗東CWでの単走追い
終始馬なりで鞍乗もほとんど手綱は動いていませんでしたが
6F85秒0-11秒6と時計が示す通りラスト1Fの伸びが秀逸でした。

ピッチを上げても馬体にブレはありませんし
力んだ様子も無くスムーズに走れています。
それでいて脚元の踏み込み、ストライドの伸び共に申し分ない感じでしたので
約3ヶ月ぶりのレースとなりますが
仕上がりには抜かりない様子で文句なしのA評価です。
オッズ的には4強という感じになるのかもしれませんが
追い切りの動きとしては1強と言っていいと思います。

懸念材料といえば初の距離2000mがどうか?くらいでしょう。

オブセッション

美浦南Wでの2頭併せ
パートナーを2馬身程前に行かせる形でスタート
コーナーで外を回り直線で外から併せに行きましたが
ゴール時点ではクビ差の遅れ。
その後並ぶところまでやりましたが
アタマの位置は高めでずっと舌を出して走っているのも割引き。
ただ終始馬なりでしたし馬自体はリラックスして走れている印象でしたので
C評価にするほどでもない。
血統的に見ても能力は相当にありそうだが
このメンバー相手にどこまでやれるか。

ジャンダルム

栗東CWでの2頭併せ
こちらも終始馬なりで持ったままパートナーを1馬身以上突き放してゴール
それほどストライドは伸びているようには見えなかったが
5F69秒7-11秒5とラストの時計は良い。
バランスの良い走りで反応良く素軽い走りでしたので
状態面での不安はなさそう。
スポンサードリンク

ワグネリアン

栗東坂路での単走追い
馬体にブレなく真っ直ぐに走れていますが
ストライドの伸び&脚元の力強さともに
そこまでインパクトは感じず可もなく不可もなくといった印象
ただ1週前にCWで6F80秒1-12秒2と負荷をかけた調教をしてるので
最終は意識的に押えた感じか。

その他の馬は・・・

サンリヴァルは栗東CWで2頭併せ
6F80秒3-11秒8と時計は良いがVTRで見ると
コーナーリングでかなりショートカットしているので
この時計はあくまで参考程度。
追ってからの動きは良かったが走り自体にやや硬さが見られる。

リビーリングは美浦南Wでの2頭併せ
しっかり併せた上で併入、その後前に出るところまでやっていました。
馬に活気があり勝負根性もありそう。

アサクサスポットは美浦南Wでの2頭併せ
走りのバランスはイマイチも
追ってからの伸びは良く力強い走り
今回が初芝になるが状態は悪くなさそう。

その他の馬は可もなく不可もなくといった感じ。

まとめ

追い切りから推奨したいのは
ダノンプレミアム
ラスト1Fの伸びは素晴らしく状態面に関しては文句ない出来と言えそう。
距離2000mと若干レースで掛かる面があるので
それをどう克服できるかがカギとなりそうですが
もしここでも圧勝するようなら3冠も狙える逸材と言えると思います。
他の有力馬
オブセッション
ジャンダルム
ワグネリアンあたりも十分走れる仕上がりと思うので
やはり相手はこの3頭か。
それ以外では今回が初芝いなるアサクサスポットも良い動きをしていたので
ちょっと気になる存在。
スポンサードリンク

-追い切り診断