ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

追い切り診断

金鯱賞2018、追い切り診断、A評価は3頭

ラジャカジャです。
今週は仕事がとても忙しくブログを書く時間がなくて
更新が途絶えていましたが今日から再び再開したいと思います。
今日は金鯱賞2018追い切り診断をしていきたいと思います。

先週の重賞レースでも追い切り診断でA評価に推した馬が活躍

弥生賞 A評価(1頭)
ダノンプレミアム 1着

チューリップ賞 A評価(3頭)
マウレア 2着
ラッキーライラック 1着
リリーノーブル 3着

オーシャンステークス A評価(4頭)
ナックビーナス 2着

今年の金鯱賞には昨年の凱旋門賞以来となる
サトノダイヤモンド
サトノノブレス
昨年の有馬記念以来となる
スワーヴリチャード
ブレスジャーニー
ヤマカツエース
他にも前走重賞勝ちしている
トリオンフ
メートルダールなどが出走

中でもサトノダイヤモンドの取捨がこのレースでのカギとなりそう。
状態面はどうなのか他馬も含めてしっかりジャッジしていきたい。

スポンサードリンク

追い切り診断

最終追い切りでの調教時計と調教VTRから
独自の目線でABC順に評価しています。

A評価:
状態の良さそうな馬、前走から上積みがありそうな馬
B評価:
時計、動きとも悪くないけど特別良くも見えなかった馬
C評価:
動きに覇気がなく調子がイマイチなのでは?と思う馬

A評価:
サトノダイヤモンド
ダッシングブレイズ
メートルダール
B評価:
サトノノブレス
スワーヴリチャード
デニムアンドルビー
ブレスジャーニー
ヤマカツエース
C評価:
アクションスター
デルマサリーチャン

サトノダイヤモンド

栗東CWでの2頭併せ
ベルーフ(6歳OP)を1馬身程先行させる形でスタートし
コーナーでショートカットし直線で併走。
そこから鞍乗が軽く促すと素早い反応を見せ
あっという間に突き放し2馬身先着してゴール
時計は6F84秒1-11秒9をマーク

VTRで動きを見ても全体的なバランスは安定感あって良く見えましたし
追ってからのストライドの伸びも十分にあり
脚元の踏み込む力にも迫力がありました。

2週前追い切りでは3歳馬のジャンダルムに併せ馬で遅れを取り
1週前追い切りでは1600万クラスのカフェブリッツにも遅れを取るなど報じられていたので
仕上がりの悪さを懸念していましたが
最終追い切りでの動きを見る限りは
やや馬体が太いかな?と感じるくらいで
それ以外の点ではプラスに感じる部分が多く素直にA評価としたい。
問題は前走で初めて大敗を喫したので馬の精神的な部分はどうなのかな?というところ。
こればっかりは走ってみないと分からないですが
最後まで集中して走ってくれれば勝てるだけの仕上がりと見ます。

ダッシングブレイズ

栗東CWでの2頭併せ
僚馬を3馬身ほど先行させる形でスタートし
コーナーでショートカットしながら差を詰め
直線で並びかけるとラストは強めに追われて半馬身先着。
時計は6F83秒9-11秒7
VTRで動きを見ても追ってからのストライドの伸びは十分で
脚元の踏み込みの強さも非常にパワフル
馬も気持ち良さそうに走っている印象で
ひと叩きされて順調に良化していると思います。

中京での勝ち鞍はありませんが東京で3勝挙げているので左回りは悪くないと思いますし
距離2000mに関しても父キトゥンズジョイが2000mや2400mの米GIを勝っている馬ですからこれも問題ないと思います。
2走前に重賞勝ちして前走は休み明けで今回は叩き2戦目
相手は強いですがこの馬が上位争いに加わっても何ら不思議ないと思います。

メートルダール

美浦南Wでの2頭併せ
ラスト強めに追われて6F83秒7-13秒3の時計をマーク
弾むような感じのフットワークで
ストライドの伸びといい脚元の力強さといい
見ていて惚れ惚れする感じの走り。
これは文句なくA評価でいいでしょう。

前走から3ヶ月レース間隔があいていますが調子落ちしている感じはないですし
中京2000mも前走勝っているので適性に疑いなし。
追い込み一辺倒という馬でもなく中段で折り合っても
直線良い脚が使えるのでこのメンバーに入っても十分に戦えると思います。
スポンサードリンク

スワーヴリチャード

栗東CWでの単走追い
終始馬なりで最後まで全く追わずフィニッシュ
最終追い切りにしてはかなり軽い内容
先週CWでしっかり負荷をかけているので
最終は軽めの調整ということらしいが
この動きだけでは何とも判断しかねる。
ちょっとだけでもいいからラストは追ってほしかった。

ブレスジャーニー

栗東CWでの2頭併せ
ラストはムチ一発いれるなど負荷のかかった調教で
1馬身先着してゴール。
バランスを崩すシーンがあったり追ってからの反応も遅かったりと
イマイチな部分はあるが馬自身に活気があり
最後はよく伸びていたので状態そのものは悪くないと感じる

ヤマカツエース

栗東CW単走追い
6F81秒0-11秒6と時計は優秀。
ただVTRで動きを見るとストライドの伸び、
脚元の踏み込みの強さともイマイチで時計ほどのインパクトは感じなかった。
状態が悪いとは思わないがそこまでいいとも感じない。

その他の馬ではサトノノブレス、デニムアンドルビーは平行線
アクションスター、デルマサリーチャンは走り自体に覇気がない印象

まとめ

追い切りから推奨したいのは
サトノダイヤモンド
ダッシングブレイズ
メートルダールの3頭
サトノダイヤモンドは最終追い切りの動きを見る限りは十分に走れる状態と見ます。
むしろ評価に迷ったのはスワーヴリチャードの方でした。
好走する可能性も凡走する可能性も両方秘めている感じがします。
スポンサードリンク

-追い切り診断