ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

追い切り診断

フィリーズレビュー2018、追い切り診断、A評価は3頭

ラジャカジャです。
今日は11日に阪神競馬場で行われる桜花賞トライアル
フィリーズレビュー2018追い切り診断をしていきたいと思います。

先週行われたチューリップ賞では
GI馬ラッキーライラックが強い競馬を見せて勝利。
2着、3着にもマウレア、リリーノーブルといった有力馬がそのまま上位入線し
実績通りに決まった印象ですが欲を言えばこの3頭に割って入るような
新星が出てきて欲しかった気もします。

そういう意味では今回のフィリーズレビューでは
ラッキーライラックを負かす可能性を感じるような馬の出現を期待したい。


スポンサードリンク

追い切り診断

最終追い切りでの調教時計と調教VTRから
独自の目線でABC順に評価しています。

A評価:
状態の良さそうな馬、前走から上積みがありそうな馬
B評価:
時計、動きとも悪くないけど特別良くも見えなかった馬
C評価:
動きに覇気がなく調子がイマイチなのでは?と思う馬

A評価:
モルトアレグロ
リバティハイツ
イサチルルンルン
B評価:
アマルフィコースト
アリア
アンヴァル
アンコールプリュ
ギンコイエレジー
コーディエライト
スウォナーレ
デルニエオール
ナディア
ビリーバー
マドモアゼル
メイショウコゴミ
ラブカンプー
C評価:
アルモニカ
レッドシャーロット

モルトアレグロ

美浦南Wでの2頭併せ
ロジャージーニアス(3歳500万下)を1馬身ほど先行させる形でスタート
コーナーで大外を回ったロジャージーニアスに対し
モルトアレグロはショートカットするような形で内を回ったため
直線に向いた時にはモルトアレグロが大きく先行する形になってしまい実質は単走追い。
ただ馬自身はそんな事はまったく気にする事なく集中して走っていましたし
追ってからのストライドの伸びは素晴らしく良く、
脚元の踏み込みも非常に力強く見えました。
文句なしにA評価

阪神JF5着馬でOP勝ちしている事からすると今回のメンバーでは実績最上位の存在
前走は京都に遠征して勝っていますし1400m戦で2勝していますので
桜花賞よりは今回の方が適正が合いそうな気もします。
武井亮調教師によるとソラを使うクセがあるらしいので
レースで最後まで集中して走ってくれれば
今回の状態ならばおのずと結果は付いてきそうな気がする。

リバティハイツ

栗東坂路での2頭併せ
しっかり折り合いを付けたあとラストは強めに追われて
4F53秒9-12秒6の時計をマークし3馬身先着。
VTRで動きを見ても追っている時も馬体にブレがなく安定感ありましたし
脚元の踏み込みも力強くて好印象
ラストは一杯になった感じで動きが鈍くなりましたが
それでも加速ラップのままゴール出来ていますし
良い仕上がりだと思いますしこの馬もA評価でいいでしょう。

まだ1勝馬ですがここ2戦いずれも上がり3Fはメンバー最速の時計をマーク
決め手のある馬なので良馬場希望ですが
人気面を考えると狙って妙味ある馬と思います。

イサチルルンルン

美浦南Wでの2頭併せ
カーブ手前から半馬身ほど先行し直線に入っても馬なりのままで
鞍乗の腰も高く上げていたように馬の気にまかせて追い切りしていた感じ。
最後まで半馬身先着したままゴールしその後更に突き放していました。

行きっぷりが良くそれでいて掛かる仕草もなかったので
おそらく誰が乗っても操縦しやすい馬のように感じます。
終始馬なりでしたのでストライドの伸びはそれほどでもなかったですが
走り自体はとても素軽く状態の良さを感じました。
1週前に負荷をかけた追い切りをしていますし
桜花賞の権利取りに向けて良い仕上がりでレースに挑めそうで
この馬もA評価に推したい。

前走は初の芝コースでしたが13番人気という低評価を覆しての勝利。
終始内ラチの経済コースを通り、直線は馬群の中で壁が開くのを待ってからの追い出しで
最後まで手応えに余裕がありましたし着差以上の完勝でした。
おそらく今回も人気はないと思いますが
2戦続けてのアップセットがあるかもしれない。

アマルフィコースト

栗東坂路での2頭併せ
最初はパートナーの真後ろに位置して途中から真横につけると
ラストは軽く気合をつけて1馬身先着してゴール
4F55秒1-12秒6と時計は平凡でしたが
ストライドの伸びはまずまずでしたし
走りのバランスも良く最後まで集中を切らさずに走れていましたので
悪くない仕上がりと思います。

2戦2勝で迎えた前走ファンタジーステークスは1番人気に推されながら3着に敗れました。
道中掛かり気味でしたのでそれがなければ2着はあったかなという内容でした。
もう少し前目の位置で折り合いがつけば今回チャンスはあると思います。
スポンサードリンク

アンコールプリュ

栗東CWでの2頭併せ
パートナーを1馬身ほど先行させ
楽な手応えで直線並びかけると終い軽く追って
4分の3馬身ほど先着してゴール
多少馬体が細く映ったのとずっと舌を出して走っていたのはマイナスも
動きは軽快で追えばいくらでも伸びそうな雰囲気も感じました。

2戦2勝でディープインパクト産駒という事で
人気上位に推されるのは間違いないでしょうが
ここで強い勝ち方が出来れば
桜花賞では面白い存在になりそう。

コーディエライト

栗東坂路での単走追い
ラチに沿って真っ直ぐに走り鞍乗の合図に即座に反応して
最後まで駆けぬけ4F53秒3-12秒6の時計をマーク
ストライドの伸び足元の踏み込み共にまずまずといった所で
この馬なりに順調に来ているなという印象。

その他の馬は・・・

アリアは栗東坂路での単走追い
4F52秒6-12秒7と時計は良いが
脚元のバランスが悪く見栄えとしてもイマイチに映る

現在3連勝中のアンヴァルは栗東CWでの2頭併せ
終始馬なりでアタマ差の遅れも手応えに余裕があり
状態に関しては悪くなさそう。

デルニエオールは栗東CWでの併せ馬で併入
終い軽く追っただけの軽い調教内容で
判断しづらいが動きそのものはリラックスした走りで悪くなさそう。

マドモアゼルは美浦南Wでの2頭併せ
ラストは強めに追ってゴール時はクビ差遅れていたが
その後並ぶところまでやっていました。
動き自体はとても力強いですが追ってからの反応がイマイチ。
馬体もやや太めに映る。

ラブカンプーは栗東CWでの3頭併せで
1頭に先着、もう1頭と併入。
動きに活気があってストライドの伸びもまずまずだったが
後半はバテテ失速気味に映った。
逃げ馬だけにこの追い切りは少し不安

その他の馬は追われてからの反応やストライドの伸びはイマイチで
可もなく不可もなくといった印象

まとめ

追い切りから推奨したいのは
モルトアレグロ
リバティハイツ
イサチルルンルンの3頭
いずれも素軽くて反応の良い走りを見せていたので
実力は定かでないものの今持っている力は十分に発揮できる状態と思います。
他アマルフィコースト、アンコールプリュあたりも仕上がりは悪くないと感じるので
好勝負に持ち込めそう。
混戦模様という感じにも映りますが
何か一頭強い競馬をして桜花賞に向けてアピールするような馬が出てこないかと期待したい。
スポンサードリンク

-追い切り診断