ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

予想

金鯱賞2018、フィリーズレビュー2018、ほか日曜のレース予想

ラジャカジャです。
金鯱賞2018、フィリーズレビュー2018ほか
日曜のレース予想をしていきたいと思います。
今日は朝から仕事で帰りも夕方頃になると思うので
早めに予想記事をUPしたいと思います。

その前に土曜のブログ予想ですが
3戦1勝でした。
阪神9R ゆきやなぎ賞
三連複 1950円的中(5点予想)

「今日の鉄板馬」阪神9Rで本命に推したエタリオウが2着に入り三連複のみ的中。
4コーナーの手応えでは圧勝しそうに見えたのですが
直線追ってからやっぱり内にササッてしまいましたね。
ブリンカー効果もそこまで効かなかったか・・・
能力は確かにあると思いますがここまで難クセのある馬だと
馬券的にも本命にしにくくなりますね。

阪神メインのポラリスステークスは本命に推したラテンロックが3着に入り
1,2着馬もヒモで押えていたのに何故か馬券は不的中。
三連複4万もついていただけに自分の馬券買いの下手さ加減に呆れてしまいました。
(さすがに三連複1頭軸9頭流しだと点数が36点になるので
そんな買い目の多い馬券は公開できないし・・・)

中山メイン中山牝馬ステークスは本命に推したワンブレスアウェイがスタートで痛恨の出遅れ。
やっぱり出遅れクセのある馬を本命に推しちゃダメですねぇ・・・
それでいて対抗に推したカワキタエンカがまんまの逃げ切り勝ちを収めるという始末。
ワンブレスアウェイがまともにスタート決めていたらと思うと何とも悔しい限りですが
これも競馬なので仕方ありません。

今日は何とか巻き返していきたい。

スポンサードリンク

中京11R 金鯱賞

本命 サトノダイヤモンド

追い切りを見る限りは態勢は整っていると感じたので
これならばサトノダイヤモンド本命にいいと思います。
実績に関しては何ら口を挟む余地はないですし
問題なのは凱旋門賞で大敗した心の傷がどこまで回復しているかでしょう。
まだまだ闘争心は衰えていないと信じこの馬本命でいきます。

対抗はスワーヴリチャード
左回り巧者で今回の中京開催を待っていた節もありますし
明け4歳となって充実期を迎えた今回は最も力が発揮できる状態と思います。

3番手はメートルダール
この馬も左回りを得意としており状態面に関しても
重賞勝ちした前走とほぼ変わらないくらいの出来で仕上がっており
2頭の間に入ってくる可能性は十分にありそう。

4番手評価にブレスジャーニー
骨折から復帰してからはイマイチな競馬が続いていますが
追い切りを見ると良い動きも悪い動きもあって評価が難しいですが
馬に活気があって走りたい気持ちは伝わってきたので
大分復活してきていると感じます。
2歳時にはスワーヴリチャード、ダンビュライトらを負かした実績がありますし
この馬も左回り巧者。
侮れない存在。

最後に押さえでダッシングブレイズ
ここ2戦1800mに距離延長してから競馬の内容が良くなっていますし
血統面から見ても2000mへの距離延長は更にプラスになる可能性が高いです。
追い切りの動きも良かったですし勝ちきれないまでも3着ならあっても不思議ないでしょう。

他にも金鯱賞3連覇がかかるヤマカツエースや
デニムアンドルビー、サトノノブレスといった実績馬がいますが
頭数が少ないだけに買い目も絞りたいので今回は消したいと思います。
買い目
三連単フォメ
5→9→2,3,6(3点)
5,9→2,3→2,3,5,6,9(12点)
スポンサードリンク

阪神11R フィリーズレビュー

本命 モルトアレグロ

18頭立てのレースで1番人気の単勝オッズが4倍台ということで
実績的に抜けた存在の馬はいず正直何が勝ってもおかしくないレース。
そんな中本命に推したのはモルトアレグロ
これだけの大混戦の中1番人気に推されている馬を本命にするのもどうかと思いますが
実際勝ち負け濃厚と言う意味での本命ではなく
2着か3着なら入ってくれるだろうという感じの本命です。

ただ2走前のGI阪神JF5着、前走OP紅梅S1着という実績は
今回のメンバーでは最上位の存在と思うし
関東馬ながら関西圏のレースで結果を残しているという点から見ても
この馬がひとつの指標になるのは間違いないでしょう。

相手は前走の勝ちっぷりから
デルニエオールとアルモニカをチョイス
この2頭を相手軸としてここから手広く流したい。
買い目
三連複フォメ
7-2,14-2,4,5,9,10,14,15,17,18(15点)

「今日の鉄板馬」
阪神10R 甲南ステークス」

本命 モズアトラクション

前走金蹄ステークスでも「今日の鉄板馬」に推奨し5着に敗れたモズアトラクションですが
再度狙ってみたい。
前走はレースの上がりが35秒9で
逃げた馬が36秒5、2番手で競馬した馬が35秒9ということで
完全に前で競馬した馬が止まらない流れでした。
モズアトラクションは中段の内で競馬して直線は上がり3Fメンバー2位の35秒8で走りましたが
これでは差しきれるはずもなく、ある意味負けるべくして負けたレースと言えます。
鞍乗も岩田騎手に強化されましたし(決して鮫島騎手の騎乗が悪かったワケではないと思いますが・・・)
メンバー的にもこれといって強敵になりそうな馬もいないので
今回は順当に勝利できるのでは?と思います。
買い目
三連複フォメ
3-2,13-1,2,4,5,9,10,12,13(12点)
三連単フォメ
3→2,13→1,2,4,5,9,10,12,13(13点)
2,13→3→1,2,4,5,9,10,12,13(13点)
スポンサードリンク

-予想