ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

追い切り診断

阪神大賞典2018、追い切り診断、A評価は2頭

ラジャカジャです。
今日は阪神大賞典2018追い切り診断をしていきたいと思います。

メンバー的には今ひとつな感じのする
今年の阪神大賞典ですが
前走でアルアインやレイデオロと真っ向勝負をして勝利した
クリンチャーがここでも勝つようだと
本番は面白くなってきますが
他馬も含めて状態面はどうなのか見ていきたいと思います。


スポンサードリンク

追い切り診断

最終追い切りでの調教時計と調教VTRから
独自の目線でABC順に評価しています。

先週の重賞レースでも追い切り診断でA評価とした馬が好走
金鯱賞(A評価3頭)
サトノダイヤモンド 3着

フィリーズレビュー(A評価3頭)
リバティハイツ 1着

中山牝馬ステークス(A評価4頭)
フロンテアクイーン 2着

今週も馬券に絡む馬をチョイスできるよう
しっかりジャッジしていきたい。

A評価:
状態の良さそうな馬、前走から上積みがありそうな馬
B評価:
時計、動きとも悪くないけど特別良くも見えなかった馬
C評価:
動きに覇気がなく調子がイマイチなのでは?と思う馬

A評価:
クリンチャー
ヤマカツライデン
B評価:
アルバート
コウエイワンマン
サトノクロニクル
シホウ
ムイトオブリガード
レインボーライン
C評価:
カレンミロティック
サイモントルナーレ
トミケンスラーヴァ

クリンチャー

栗東坂路での単走追い
キビキビした走りで馬体にブレもなく
真っ直ぐに走れており安定感ある走り。
鞍乗が促すと即座に反応しストライドの伸び
脚元の踏み込みの強さ共十分に感じられる動きでした。
時計も4F52秒7-12秒4をマークし
前走京都記念の時の4F52秒7-12秒2には及びませんが
自己ベストに近いタイムですし前回と同じように
最後まで加速ラップを踏んでいたので状態は変わらず良いでしょう。
菊花賞2着の成績から見ても距離3000mはこなせると思いますし
叩き2戦目での上積みなども加味すると
ここも勝ち負けでしょう。

ヤマカツライデン

栗東CWでの単走追い
6F79秒3-12秒2の好時計をマーク

前半から積極的に飛ばしラストで鞍乗が促しても
脚色は鈍らずに最後まで伸びのあるストライドを見せて
駆け抜けていました。
舌を出して走っていたのが気になりますが
集中して走っているように見えましたし
走りのバランスも良く見えたので文句なしにA評価でいいでしょう。

重賞レースを走るようになってからは成績がパッとしませんが
思い切った逃げを打てればこのメンバーでも面白いと感じます。
母父が菊花賞を制したダンスインザダークですし
2年前に丹頂Sを逃げ切っているようにスタミナはあると思います。
状態の良さと積極的な競馬を見せればまさかの逃げ切り勝ちもないともいえない。

アルバート

美浦南Wでの2頭併せ
コーナーで一旦は先頭に立ったが
その後抜き返されクビ差遅れたままゴール
ただその後も併せ馬を続けて並ぶところまでやっていたので
内容のある良い追い切りだったと思います。
動き自体は悪いと思いませんが仕上がりとしては7分くらいの出来でしょうか。

前走でステイヤーズステークス3連覇を達成し
長距離で無類の強さを発揮している同馬ですが
阪神の3000m戦は今回が初。
個人的には3000mは距離が短いようにも思いますが
どんな走りを見せてくれるか。
スポンサードリンク

レインボーライン

栗東坂路での単走追い
終始馬なりで最後まで追うことなく4F60秒0-12秒3の時計をマーク
日曜日に同じく栗東坂路で4F51秒8-12秒8の時計で走っているので
最終追いは軽めの調整に留めた感じか。
素軽い動きをしていたが頭の位置は高く評価するのが難しい。
日曜追いのVTRが見れたらいいのに・・・

この馬も3歳時に菊花賞で2着しておりスタミナがあるというよりは
距離に融通が効くタイプの馬
昨年は個人的に期待していたのですが
極悪不良馬場だった天皇賞(秋)で3着に来たのが唯一馬券に絡んだレースということで
正直期待はずれでした。
今回はメンバー的にチャンスだと思うし存在感を見せてほしい。

サトノクロニクル

栗東CWでの3頭併せ
4Fと短い距離で折り合いを重視させた調教内容
直線の入りで馬が行きたがるそぶりを見せましたが
鞍乗がガッチリ手綱を閉めて馬をなだめ
その後は騎手の指示に従って走れていたので
予定通りの調教が出来ていたのでは?と思う。

この馬も明け4歳となって飛躍が期待される一頭
ただ距離3000mは長いような気が・・・

その他の馬は・・・

シホウは栗東CWでの併せ馬
ゴール前でハナ差先着したが追ってからの反応がイマイチ
動きはそこまで悪くないが状態がそこまで良いとは感じず

カレンミロティックは脚を高く上げるフォームで
今までとはちょっと違う走法に変わっていました。
馬に活気がありましたがこの走り方が良いとは思わない。

それ以外の馬は可もなく不可もなくといった印象。

まとめ

追い切りから推奨したいのは
クリンチャー
ヤマカツライデンの2頭
クリンチャー陣営は前走の勝利で自信を深めていると思いますし
ここを勝って重賞連勝となればGI馬になる可能性もかなり高いと思います。
一発狙うという意味ではヤマカツライデンの逃げ切りもありそう。
今回は調子良さそうですし思いきった大逃げを見せてほしい。
スポンサードリンク

-追い切り診断