ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

予想

スプリングステークス2018、阪神大賞典2018ほか日曜のレース予想

ラジャカジャです。
スプリングステークス2018、阪神大賞典2018ほか
日曜のレース予想をしていきたいと思います。
その前に土曜のレース予想ですが3戦0勝でした。

フラワーカップ&ファルコンステークス共に
本命に押した馬が着外。
「今日の鉄板馬」で推薦したライバーバードは連に絡んだものの
人気薄の逃げ切りに遭い不的中と散々な結果でした。
個人的には阪神の最終レースで馬連と三連複が的中したので
メインレースの負け分を多少は取り戻しましたが
一日トータルではマイナスでした。
先月は収支的にかなりプラスだったので多少浮かれモードでしたが
今月はその反動が出ている感じです。
今日のレースもそれほど自信はないですが
高配当目指して頑張って予想していきたい。


スポンサードリンク

中山11R スプリングステークス

本命 ステルヴィオ

朝6時の段階で人気はステルヴィオが単勝オッズ2.6倍で1番人気
以下エポカドーロ(3.6倍)、ルーカス(4.8倍)、ゴーフォザサミット(9.3倍)と続きここまでが単勝一桁台のオッズ。
10番人気バールドバイが単勝46倍で11番人気ライトカラカゼが89倍ということで
実質10頭立てのレースで中でも人気上位3頭が支持を集めているといった印象。

その中で本命はステルヴィオ
GI2着の実績はここでは1枚上ですし
先着されたのはダノンプレミアムだけしかいないので
実質ナンバー2の存在であることには変わり無いでしょう。

データ的にもこのレースは1番人気に支持された馬は
過去10年で【3,3,3,1】と9回馬券に絡んでおり勝つかどうかは分かりませんが
軸馬としての信頼度は高いといっていいです。
追い切り診断A評価としたように最終追い切りの動きも良かったですし
休み明けですが状態に関しては何ら問題ないと思います。

懸念材料として小回りの中山コースが合うかどうかですが
13頭立てと頭数少な目ですから仮に後ろから行っても
捌けそうな感じがしますし
ルメール騎手の場合あまり極端な位置でレースはしませんので
中段かやや後ろくらいの位置で脚を溜める競馬をするのではないでしょうか。

ルメール騎手としてもこの馬で皐月賞にいきたいでしょうし
ここはしっかり馬券に絡んでくると思います。
相手筆頭はエポカドーロ
前走も強い競馬でしたしレースに使う度に力をつけてきている印象。
良血馬ルーカスも追い切りを見る限り前走より状態は上がってきており
今回は期待できる仕上がり。
クラシック候補の馬に乗ってことごとく結果を出しているM・デムーロ騎手が騎乗するのも心強い。
あとは追い切りで良い動きを見せていた
ハッピーグリン、レノヴァール
共同通信杯4着ながら見所のある競馬だったゴーフォザサミット
先行脚質で中山が合いそうなマイネルファンロンまでが押さえ
買い目
三連複フォメ
8-2,5-4,6,11,12(8点)
スポンサードリンク

阪神11R 阪神大賞典

本命 クリンチャー

ここは人気でもクリンチャー本命でいきたいと思います。
前走重賞勝ちしたのに乗り替わりを余儀なくされてしまった藤岡佑介騎手は何とも残念ですが
オーナーの前田幸治氏は”武豊贔屓”で有名な人なので
有力馬には武豊騎手を乗せる事が定番になっているので
この乗り変わりはある程度予想していました。

逆にいうとそれだけこの馬にオーナーが期待し始めたという事でもありますし
春の結果次第では秋に凱旋門賞へ挑戦する計画もあるらしいです。

前走で負かした相手を考えるとここは勝たないいけない相手だと思いますが
前走の勝ち方が個人的には意外だったので
この馬が本当に力を付けたかどうかはこのレースで分かると思います。
ただデータ的には1番人気は過去10年で5勝2着2回3着2回と信頼に足る成績を残していますし
4歳馬も過去10年で4勝2着5回と活躍しています。
追い切り診断でもA評価にしましたし
状態の良さとデータによる後押しからも本命はこの馬でいいでしょう。
相手は普通に考えたらアルバートとレインボーラインの2頭
ただこの3頭で決まってしまったら非常につまらないので
この組合せはあえて買わないようにして
ヒモに追い切りでは良く見えなかったものの長距離実績あるカレンミロティック
大逃げが打てれば面白いヤマカツライデンの2頭をチョイス
買い目
三連複フォメ
8-7,10-4,11(4点)

「今日の鉄板馬」
中京12R 豊橋特別

本命 ピュアコンチェルト

オッズ的には混戦模様のレースですが
ここは左回りのコースに戻ってのピュアコンチェルトの巻き返しが濃厚と見ます。

ひとつ上の1000万クラスで勝ち馬と0秒2差の4着と善戦した過去がり
500万クラスではここ6戦して2着1回3着4回の成績。
最後は伸びてくるものの差し届かず惜敗というのが続いていますが
このクラスを勝ちあがるだけの実力は十分にある馬。

前走は9着と惨敗しましたが直線で前が壁になって上手く追えなかったのと
右回りのコースがイマイチだったのが主な敗因でしょう。
過去のレースVTRを見ても左回りの方がスムーズに追えていますから
今回のコース替わりは吉と出そう。

前走後は一息入れて外厩で調整し
1月末に帰厩して時計を出し始めていたので状態に関しては問題ないですし
最終追いでも負荷の掛かった調教をしているので
ここは是非とも狙ってみたい。
買い目
三連複1頭軸流し
11-9,12,14,15,16,17,18(21点)
スポンサードリンク

-予想