ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

追い切り診断

高松宮記念2018、1週前追い切り、今年は混戦模様で難解なレース、当たれば高配当は確実?

ラジャカジャです。
いよいよ今週から春のGI戦が本格的に始まります。
まずは今週3/25の高松宮記念を皮切りに4/15の皐月賞まで4週続けてのGI戦
1週挟んで4/29の天皇賞(春)から6/3の安田記念まで6週続けてのGI戦と
考えるだけでも心躍るようでワクワクしてきます。

もちろんワクワクするだけでなくしっかりと予想して馬券も当てていきたいところですが
取り合図は今週の高松宮記念について考えていきたいです。

登録メンバーを見てみると
昨年のこのレースの勝ち馬セイウンコウセイ
昨年のスプリンターズSを制したレッドファルクス
昨年の高松宮記念&スプリンターズS2着のレッツゴードンキら実績馬が揃って今年も参戦。
それ以外にも2年続けて怪我でこのレースに出られなかったダンスディレクターや
前走重賞勝ちしているキングハート、ダイアナヘイロー、ファインニードル
昨年の桜花賞馬レーヌミノルなどGIレースだけあって錚々たるメンバーが顔を揃えてきました。

それ以外にも香港馬から参戦してくるブリザードも侮れない存在
正直今年は混戦模様で難解なレースと思います。
それだけに当たれば高配当馬券になる可能性は高いと思うので
出走馬の状態の良し悪しをしっかり見極めてチョイスしていきたい。

JRAレーシングビュアーに高松宮記念に出走予定馬の
1週前追い切りの調教VTRがアップされていましたので
取り合図はそれについての個人的な解説をしていきたいと思います。


17日に気象庁が桜の開花宣言をしました。
順調にいけば今週末あたりから見頃になるそうです。
来週はどこか花見に行ってこようかな。
スポンサードリンク

1週前追い切り診断

JRAレーシングビュアーに調教VTRがアップされていたのは
全部で9頭なので全馬網羅しているわけではないですが
現時点での馬の状態をチェックしていきたい。

キングハート

美浦南Wでの2頭併せ
終始馬なりでゴール地点で1馬身の遅れ
その後並ぶところまでやっていました。
馬もリラックスした感じで走っており
脚元の運びもスムーズで好調をキープしている印象
前走から中2週でのちょっとタイトなスケジュールでの競馬になりますし
関西への輸送がありますから最終追いもそこまで負荷をかけた追い切りはしないのでは?と思います。
前走は強い競馬でしたが実績のない中京コースでも同様のパフォーマンスが見せられるかがカギでしょう。

シャイニングレイ

栗東坂路での単走追い
4F50秒9-12秒7の時計が示す通り
前半から負荷をかけた意欲的な調教をしていました。
VTRで動きを見ても脚元の回転力と力強さが感じられ
馬にも活気がありました。
たださすがに後半はバテタのかラップを落としていますし
終始舌を出していたのはマイナス材料。
とは言え馬の状態は良いと感じるので
最終追いにも注目してみたい。

スノードラゴン

美浦坂路での単走追い
10歳となりもうほとんど白馬といってもいいくらいに毛並みは白くなってしまっているが
怪我もせず元気に走っておりタフな馬だと思います。
1週前追い切りは終始馬なりの軽い調整で
時計も4F55秒1-12秒5と平凡。
ただリラックスした走りで馬も気持ち良さそうに走っており
最終追い切りでどこまで追ってくるかに注目したい。

この馬がスプリンターズSを制したのは2014年なのでもう遠い昔のように感じますが
長期休養を挟みながらも大きなレベルダウンなくここまで頑張っていると思います。
ただ実力的には現状では頑張っても掲示板は精一杯かなと思う。

セイウンコウセイ

美浦南Wでの単走追い
前半から意欲的に飛ばして最後まで駆けぬけ
5F66秒3-12秒4の好時計をマーク
前走シルクロードSでも追い切り診断A評価としたように
ここに来て明らかに状態はよくなってきました。
最終追いはどこまで負荷をかけるか分かりませんが
良い状態でレースに臨めそう。

ただ前走はマイペースの単騎逃げという本来の競馬スタイルとは違う戦法でしたので
今回も逃げの手に出るかは微妙。
それにこの馬は渋った馬場の方に適性があり
パンパンの良馬場だと終い甘くなるので当日の馬場がカギとなりそう。

ダイアナヘイロー

栗東CWでの単走追い
ゆったりとカーブを回ってラストは強めに追うという
ある程度負荷のかかった追い切りで
6F80秒4-11秒6の好時計をマーク
VTRで動きを見るとそこまで早い時計が出ているようには感じなかったが
テンポのいいリズムでフットワークの軽い走りをしており
好調さが感じられる動き。
ただ終始舌を出していたのはマイナス。

前走は福島信晴調教師に有終の美をささげる重賞勝ちをプレゼントしたが
個人的には昨年のスプリンターズSでは15着に惨敗しており
GIで勝つにはまだ力が足りない印象。
状態の良さでどこまで上位に食い込めるか。
スポンサードリンク

ダンスディレクター

栗東坂路での2頭併せ
坂の手前までしっかり折り合いをつけた後
ラストで強めに追うと素早く反応して先頭に立ち
半馬身リードしたままフィニッシュ。
多少完歩が乱れるところはあったが脚元の踏み込みは力強くて
ストライドの伸びもあった。
時計も4F51秒8-12秒4と好時計をマーク
1週前追いとしては文句のない動きだったと思います。

昨年一昨年と前哨戦だったシルクロードSを快勝しながら
その後骨折が判明し高松宮記念を断念。
3度目の正直でやっと念願のレース出走に扱ぎつけた。
8歳となりましたが衰えは感じませんし十分勝ち負けするだけの力はある馬。

ファインニードル

栗東CWでの2頭併せ
直線一杯に追われて1馬身半先着
VTRは直線だけの映像でしたが脚元の踏み込み&ストライドの伸び共に申し分ない状態。
時計は9F94秒7-6F78秒3-5F63秒7-4F49秒8-1F12秒1と
素晴らしいラップタイムを刻んでおり
今がまさに充実期にあるといっても良いくらいの出来。

前走のシルクロードSでは2着以下に2馬身以上の差をつける圧勝劇でしたし
勢いそのままにGI制覇する可能性は十分にありそう。

レッツゴードンキ

栗東坂路での単走追い
4F49秒2-12秒6の好時計をマーク
VTRで動きを見ると馬体にブレもなく真っ直ぐに走れており
脚元の踏み込みも力強くで迫力のある走りでした。
ただ時計の割にはストライドはそこまで伸びていないとも感じました。
1週前としては十分に動けていると感じますし
最終追いも注目したい。

前走フェブラリーSを使ったのはあくまでもオーナーの意向らしく
陣営としては高松宮記念に向けての叩き台として割り切って考えていたようです。
人気がどうなるか分かりませんが前走の負けで多少なりとも人気が落ちるようなら
狙って妙味ありそうに思います。

レッドファルクス

美浦南Wでの2頭併せ
カーブから意欲的に追われラストも強めに追ってクビ差先着
パートナーも目一杯追っており中々迫力のある併せ馬だった。
動き自体はそこまで良いとも感じなかったですが
脚元の踏み込み&ストライドの伸び共にまずまずで
1週前追い切りとしては十分な内容だったと思います。

昨年はスプリンターズS連覇を達成し
高松宮記念、安田記念でも3着とGIで好成績を収めました。
前走の阪急杯は甘めの仕上げながら最後は追い込んできて3着と
まずまずの競馬ですし叩き2戦目の今回は上積みも期待できそう。

まとめ

まだ1週前追い切りの段階ですし全馬の追い切りを見たわけではないので
具体的な評価は下しませんが
見た馬の中では
セイウンコウセイ
ダイアナヘイロー
ダンスディレクター
ファインニードルあたりはとても良い状態で来ているように感じました。
これが最終追い切りを見たあとでどう変わっているか
しっかり見ていきたいと思います。
スポンサードリンク

-追い切り診断