ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

追い切り診断

日経賞2018、追い切り診断、A評価は3頭

ラジャカジャです。
今日は土曜日に行われる日経賞2018の追い切り診断をしていきたいと思います。

香港帰りの2頭が人気になりそうですが
他にも近走重賞で好走している馬も複数いて
混戦模様な感じがします。

各馬の状態をしっかり見極めていきたい。


スポンサードリンク

追い切り診断

最終追い切りでの調教時計と調教VTRから
独自の目線でABC順に評価しています。
A評価:
状態の良さそうな馬、前走から上積みがありそうな馬
B評価:
時計、動きとも悪くないけど特別良くも見えなかった馬
C評価:
動きに覇気がなく調子がイマイチなのでは?と思う馬

A評価:
ガンコ
トーセンバジル
ナスノセイカン
B評価:
アルター
キセキ
サイモントルナーレ
サクラアンプルール
ショウナンバッハ
ゼーヴィント
ソールインパクト
ピンポン
ロードヴァンドール
C評価:
アクションスター
チェスナットコート

ガンコ

栗東坂路での単走追い
4F54秒2-12秒5の時計をマーク

VTRで動きを見ると
ほぼ馬なりという感じの内容でしたが
馬場の真ん中を最後まで真っ直ぐに走れており
脚元の踏み込み&ストライドの伸びもあり悪くない。
クビの位置も低くて集中して走れており気配も良さそう。

1週前追い切りで同じく栗東坂路4F52秒0-12秒1を出しており
負荷をかけた追い切りをしていたと思うので
最終追い切りはは調整程度の留めた感じですが
かなり良い仕上がりで来ていると思います。

2走前に日経新春杯で3着
そのときは52kgの軽ハンデでしたが
前走は56kgで1600万特別を勝つなど
芝に転向してからパフォーマンスがかなり向上しています。
ここでも上位争いは十分に期待できそう。

トーセンバジル

栗東CWでの2頭併せ
6F84秒5-12秒1

VTRで動きを見ると前半はゆったりとリラックスした走り
直線に入ってパートナーに並びかけ鞍乗が合図を送ると
素早く反応し前へ出て2馬身ほど差をつけてフィニッシュ。

内容としては軽めの部類に入りますが
合図を送ったときの馬の反応と
追ってからのストライドの伸びはとても良かったです。
前走からレース間隔が相手いますし
ここが本番というわけではないと思うので
やや余裕残しの作りかなと思います。

それでも鞍乗にM・デムーロ騎手を起用していますし
陣営の勝負度合いは高いように感じます。

ナスノセイカン

美浦南Wでの2頭併せ
4F53秒2-12秒9

カーブ手前から意欲的に飛ばして
直線でパートナーに並びかけると
そこでも目一杯に追ってゴール時点でクビ差先着。
その後も激しく追っていてかなり負荷のかかった調教をしていました。

馬もそれに応えるように最後まで集中して走っていましたし
ストライドの伸びも十分あったのでこれはA評価としたい。

今回が9ヶ月ぶりのレースとなりますが
少なくとも太め残りの甘い仕上げで出てくるという事はなさそう。
(このメンバー相手にどこまでやれるのか?というのはありますが)
スポンサードリンク

キセキ

栗東ポロトラックコースでの単走追い
6F83秒3-11秒5

ラチに沿って淡々と走っており直線に入った時のストライドの伸びはまずまずあったが
これと言ってインパクトに残る追い切りでもなかった。
アタマの位置が高いのCWではなくポリトラックコースで追っていることからも
仕上がり途上という印象を受ける

その他の馬は・・・

ゼーヴィントは美浦南Wでの3頭併せ
直線で強めに追われてゴール時点では最先着。
その後内の馬に交されてしまいましたが
鋭い動きは見せており馬の雰囲気は良い。

ソールインパクトも美浦南Wでの2頭併せで先着
何となく反応は鈍く感じたがこの馬はいつもこんな感じの追い切り
至って順調に来ていると思う。

ロードヴァンドールは栗東坂路での併せ馬でクビ差の遅れ
途中から激しく追われて見せムチも使うなど
最後まで馬に負荷をかけた追い切りをしていましたが
バランスが悪く着地ポイントも乱れていて
馬なりで併せていた僚馬についていくのがやっとだった。
近走好走が続いているが今回はどうだろう。

サクラアンプルールは美浦坂路での2頭併せで1馬身半の遅れ
直線は鞍乗の手はかなり動いていたが馬が反応せず着差を広げられた。
馬の動き自体はそれほど悪いように見えなかったので
マイナス評価はしないがこの追い切りを見ると不安

それ以外の馬は可もなく不可もなくといった感じ

まとめ

追い切りから推奨したいのは
ガンコ
トーセンバジル
ナスノセイカンの3頭
いずれも好仕上がりで持っている力は発揮できる状態と感じます。
一方キセキ 、サクラアンプルール、ロードヴァンドールは
やや不安を感じる追い切りでしたので状態はそこまで良くはないかもしれない。
スポンサードリンク

-追い切り診断