ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

重賞展望

大阪杯2018、データ予想、1番人気は複勝率9割、ディープインパクト産駒が大得意なコース

ラジャカジャです。
今日は大阪杯2018データ予想をしてみたいと思います。
昨年からGIレースに昇格しましたが
コース体系や施行時期などはGⅡだった頃と変わりないので
そのままデータ予想に活用したいと思います。

キタサンブラックが引退して
今年はどんな馬が日本の競馬界をひっぱて行くのか?
それを占う意味でも重要な一戦だと思いますが
馬券もしっかり当てたいので過去のレースデータから
どんな馬が好走しているのか?
しっかり調べていきたいと思います。


スポンサードリンク

大阪杯 データ予想

過去10年(2008年~2017年)で馬券に絡んだ30頭の好走パターンを調べ
今年の登録メンバーで好走パターンに合致している馬はどれか?
調べてみたいと思います。

1番人気は複勝率9割

人気別成績を調べると過去10年1番人気は【4,3,2,1】の成績
勝率40%連対率70%複勝率90%とほぼ馬券圏内に来ています。
唯一馬券に絡めなかったのは2016年のラブリーデイ(4着)のみ。
今年1番人気になりそうなのは前走金鯱賞を快勝したスワーヴリチャードが有力。
左回りが得意な馬のように思われていますが
阪神芝2000mは2戦して1勝2着1回のパーフェクト連対で
決して右周りが駄目というワケではありません。

馬券に絡めなかったのは皐月賞と有馬記念の2度だけなので
右回りが駄目というよりも中山コースに適性が合わないだけなのかもしれません。

オッズ的に見ると単勝1.0倍~2.9倍以内だった馬は9頭いて
全て馬券圏内に入っているので
スワーヴリチャードの単勝オッズが3.0倍を切るようなら
データ的に見てほぼ馬券に絡むと言っていいでしょう。

人気薄の好走はあるか?

それ以外の人気別成績を調べると
二桁人気の馬は過去10年で馬券に絡んだ例はありません。
ただ単勝オッズ30倍以上あった馬が過去10年で4頭馬券に絡んでいるので
人気薄が馬券に絡む余地はありそうです。
スポンサードリンク

前走金鯱賞組に注目

前走レース別成績を調べると
前走有馬記念組が7頭
前走京都記念組が5頭
前走中山記念組が4頭馬券に絡んでいます。
ただこれらのほとんどは大阪杯がGⅡだった頃の話なので
あまり参考にならないかもしれません。

昨年は勝ったキタサンブラックこそ有馬記念からぶっつけ本番でしたが
2,3着馬は金鯱賞を使ってひと叩きした馬たちでした。

金鯱賞はこれまで施行時期が何度も変わっていて
個人的には5月に行われるレースとしての印象が未だに強いですが
昨年から大阪杯のステップレースに指定され
勝った馬は優先的に大阪杯に出走できる権利が得られるので
今後は大阪杯を勝つためのステップレースとして
金鯱賞が重宝されそうな予感がします。

そういう意味から言っても今年金鯱賞を使った馬は
やはり注目すべきだと思います。
今年の登録メンバーで該当するのは
サトノダイヤモンド
サトノノブレス
スワーヴリチャード
メートルダール
ヤマカツエースの5頭

ディープインパクト産駒が活躍

種牡馬別成績を調べるとはやりというか
ディープインパクト産駒の活躍が目立ちます。

過去10年で14頭が参戦して3勝2着2回3着1回の成績。
ディープインパクト産駒が大阪杯に参戦し始めたのは
2013年からですので厳密に言えば過去5年で8頭が馬券に絡んでいます。
そう考えると好走率は非常に高く感じますね。

因みに過去3年(2015年1月~)の阪神芝2000mにおける種牡馬成績を調べると
ここでもディープインパクトが活躍しており
勝率16.0%連対率30.0%複勝率38.0%と高い好走率を残しています。
なので今年もディープインパクト産駒の馬が馬券に絡む可能性は高いとみます。
今年の登録メンバーでディープ産駒なのは
アルアイン
サトノダイヤモンド
サトノノブレス
スマートレイアーの4頭

4歳馬5歳馬が中心

過去10年で馬券に絡んだ30頭中20頭は4歳か5歳の馬で
勝ち馬10頭中9頭は4歳か5歳馬でした。
逆に7歳以上の馬は過去10年で28頭が出走して馬券に絡んだのは1頭だけ。
それでいくと
ゴールドアクター
サトノノブレス
スマートレイアーの3頭は年齢的にちょっと厳しそう。

まとめ

GIに昇格して今年が2年目なので
GIとしてのデータ予想はそこまで信頼度は高くないかもしれませが
上記の好走データからいくと
スワーヴリチャード
サトノダイヤモンド
アルアインの3頭が有力
単勝1番人気はおそらくスワーヴリチャードだと思いますが
単勝オッズ3.0倍を切る人気なら軸馬として信頼して良さそう。

サトノダイヤモンドは前走金鯱賞&ディープ産駒
アルアインも4歳馬&ディープ産駒という事で
データ的に見ても好走する可能性は高そう。

おそらくはこの3頭の中のどれかを軸にすると思いますが
人気のなさそうなところで狙ってみたいのはヤマカツエース
個人的には昨年の天皇賞(秋)、有馬記念とこの馬を本命に推して
痛い目に合っているので
あまり良い印象がないのですが
昨年のこのレースの3着馬で2000mの重賞を4勝も挙げているように
とにかくこの距離が得意。
前走の金鯱賞は追い切りがよく見えなかったので軽視したのですが
4着に入るなど思った以上に走れました。
最初から金鯱賞を叩いて大阪杯で勝負と陣営は考えていましたし
前走より良い状態で出てくるのは間違いないでしょう。
それでいて人気はない(と思う)のだから
狙って妙味あると思います。
スポンサードリンク

-重賞展望