ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

予想

大阪杯2018ほか日曜のレース予想

ラジャカジャです。
大阪杯2018ほか日曜のレース予想をしていきたいと思います。

今日は母が桜の写真を撮ってほしいというので
朝から歩き回って色々と写真を撮っていたのですが
思いのほか時間がかかってしまい家に着くのが遅くなってしまいました。
昨日のレース回顧は明日に回すとして
取り急ぎ今日のレース予想をしていきたいと思います。

内の近所の桜は今が満開ですが
市役所通りの桜は散りはじめており
来週の「さくら祭り」は葉桜まつりになりそう・・・
スポンサードリンク

阪神11R 大阪杯

本命 アルアイン

週初めの予想では本命はアルアインかスワーヴリチャードかと悩んでいましたが
最終追い切りの動きと枠順から本命はアルアインにしました。

前走の京都記念の時はあくまでも大阪杯に向けた叩き台でしかなく余裕残しの作り。
馬場も重馬場でこの馬向きではなかったと思いますが
最後はよく差を詰めて来てレイデオロに先着しての2着ですから価値ある走りでした。
その後はこのレースを目標にしっかり調整され1週前追い切り時点でほぼ完成した仕上がり。
最終はそれをキープするための調整程度の動きでした。
馬場も良馬場でやれますし枠も外過ぎず丁度いいポジションで競馬が出来そう。
先週GI勝ちした騎手が乗れるのも勢い付いていて良いですし
少なくとも馬券には絡んでくるだろうと思います。

相手として重視したいのは
スワーヴリチャード、ペルシアンナイト、トリオンフ、ヤマカツエースの4頭
スワーヴリチャードは有馬記念の時は追い出すタイミングが早過ぎて最後バテてヨレてしまっただけで
手前の替え方はスムーズでしたので右回りというのは問題ないと思います。
ただ枠が外になった分脚を使わされそうな感じがするので
場合によっては着外もあるかなと思います。
ただ実力的にはここを勝っても驚けない力の持ち主なので対抗以下には落とせない。

ペルシアンナイト、トリオンフ、ヤマカツエースの3頭は追い切りの動きと臨戦過程から
狙って面白いと感じます。
ペルシアンナイトは距離が微妙ですが追い切りでアルアインと互角の動きを披露
トリオンフは金鯱賞をあえてパスしてじっくり調整していました。
須貝調教師と田辺騎手というコンビは久々な気がしますが
騎手の腕を勝っての騎乗依頼でしょうからここは一発ありそうな予感。
ヤマカツエースに関しては追い切り診断の時に解説しているので多くは語りませんが
同じオーナー所有のヤマカツライデンがいるのでペースメーカーの役割を担って
ヤマカツエースをアシストする流れを作りそうな予感もするので
これは押えておかないといけない一頭でしょう。

後はヒモでサトノダイヤモンド、シュヴァルグランを押えますが
ピークの出来には足りない印象なのであっても3着までという感じで押えたい。
買い目
馬連フォメ
8,15-3,5,9(6点)
三連複フォメ
8-3,5,9-2,3,4,5,9,15(12点)

「今日の鉄板馬」
阪神12R 鳴門ステークス

本命 ファッショニスタ

現級で連続2着のファッショニスタ
あとはタイミングと相手次第でいつこのクラスを卒業してもおかしくない感じですが
今回は相手に恵まれた印象。
さすがにここは取りこぼさないと見ます。
買い目
馬連流し
6-1,3,5,11,14(5点)
三連複フォメ
6-5,11-1,2,3,5,8,11,12,14,15(15点)
スポンサードリンク

-予想