ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

重賞展望

マイラーズカップ2018、データ予想、1番人気は8年連続で未勝利、当日6番人気以下の馬が活躍

ラジャカジャです。
今日は今週日曜日に京都競馬場で行われる古馬のマイル戦
マイラーズカップ2018のデータ予想をしていきたいと思います。

今週はGIレースがなく一休み。
開催変わりで久々に府中にでも行って見たいと思いますが
今週も休日出勤の要請があるので無理かな・・・
GWあたりにどこかの競馬場に行けたらと思う。


データ予想

登録メンバーは地方所属馬を含めて15頭
人気の中心は昨年のマイルチャンピオンシップ2着のエアスピネルでしょう。
ここまで挙げた4勝はすべて1600m戦でのもの。
重賞レースもマイル戦に限って見れば8戦して3勝2着3回3着1回という成績。
唯一馬券に絡めなかったのは昨年の安田記念(5着)だけなので
GⅡならば馬券圏内は堅いようにも思います。
普通にエアスピネルの相手探しのレースと思いますが
過去のレースデータからどんな馬が好走しているのか探っていきたい。

1番人気はまずまずの成績

人気別成績を調べると1番人気は過去10年で【2,2,2,4】の成績
勝率20%連対率40%複勝率60%は信頼度としてはまずまず。
ただ2009年にスーパーホーネットが勝利して以来
8年連続して1番人気が勝てていないレースなので頭で勝負するのか危険かも。
2013年カレンブラックヒル(単勝オッズ2.2倍 4着)
2014年フィエロ(単勝オッズ2.2倍 2着)
など高い支持を得ていた馬でさえ勝てていないので
実績十分なエアスピネルとは言え勝利確実とまでは言えないと思います。

ただエアスピネルはおそらく単勝オッズ2倍を切るくらいのグリグリの1番人気になると思いますが
過去10年で単勝オッズ2倍を切るほどの高い支持を得た馬はいないので
過去のデータはあまりアテにできないかもしれません。
スポンサードリンク

6番人気以下の馬に注目

むしろ注目したいのは単勝6番人気以下の馬
過去10年で11頭が馬券に絡んでおり
2014年以外は全ての年で馬券に絡んでいるので
今年も6番人気以下の馬が絡む可能性は高そう。

因みに単勝6番人気で馬券に絡んだ馬は前走がGⅢかOP特別に出走していた馬でした。
今回の登録メンバーで単勝6番人気以下になりそうな馬で
上記のデータに該当しているのは
グァンチャーレ(前走六甲S 2着)
カデナ(前走東京新聞杯 14着)
ガリバルディ(前走東京新聞杯 15着)
ベルキャニオン(前走東京新聞杯 7着)
ムーンクレスト(前走東風S 10着)
テイエムイナズマ(前走京都金杯 14着)
あたりでしょう。

前走のレース名別成績を調べると
六甲S(0,3,0,13)
東京新聞杯(0,2,5,8)
京都金杯(0,0,1,3)
東風S(0,0,0,4)
となっており
前走六甲S組、東京新聞杯組から複数の馬が馬券に絡んでいるので
グァンチャーレ
カデナ
ガリバルディ
ベルキャニオンの4頭が有力

この中では京都1600mで勝ち鞍がある
グァンチャーレ
ガリバルディの2頭が有力か。

まとめ

1番人気が濃厚なエアスピネルは馬券には絡む確率は高いと思いますが
勝つかどうかは正直微妙。
単勝6番人気以下の馬が頻繁に馬券に絡んでいるというデータがあるので
それでいくと上記で取り上げたグァンチャーレ、ガリバルディが有力。
エアスピネルからこの2頭に馬連&ワイドで流すという馬券もアリだと思う。
スポンサードリンク

-重賞展望