ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

追い切り診断

ヴィクトリアマイル2018、追い切り診断、A評価は5頭

ラジャカジャです。
今日はヴィクトリアマイル2018に出走予定の馬の
追い切り診断をしてみたいと思います。

昨年まで牝馬路線で安定した強さを発揮していた
ミッキークイーンがいましたが今年に入って早々に引退したので
現在の牝馬路線は混戦といった感じ。

更にモズカッチャンやディアドラ、クロコスミア、ヴィブロスといった
牝馬のトップレベルが今年のドバイに揃って出走したこともあって
ややメンバーが手薄な印象を受けますが
近走好走している馬が多いので予想し甲斐のあるレースとも言えそう。

まずは追い切り診断で馬の状態の良し悪しを見極めていきたい。


スポンサードリンク

ヴィクトリアマイル 追い切り診断

昨年は6番人気→11番人気→7番人気で決まり
三連複12万、三連単91万という高配当がつきましたし
2015年には三連単で2070万馬券という度肝を抜くような
高額配当も出ているので荒れるイメージの強いレース。

その一方で1番人気は過去10年で3勝2着3回と結果を残しているので
強い馬が出てくればしっかりと結果を残すという感じでしょうか。

まあウォッカ、ブエナビスタ、ミッキークィーンといった
牡馬相手のGIレースでも好成績を残していた馬たちだったので
今年のメンツを考えると荒れる可能性の方が高い気もしますが・・・

最終追い切りでの調教時計と調教VTRから
独自の目線でABC順に評価しています。
A評価:
状態の良さそうな馬、前走から上積みがありそうな馬
B評価:
時計、動きとも悪くないけど特別良くも見えなかった馬
C評価:
動きに覇気がなく調子がイマイチなのでは?と思う馬

A評価:
ミスパンテール
リスグラシュー
レッドアヴァンセ
デアレガーロ
ソウルスターリング
B評価:
アドマイヤリード
エテルナミノル
カワキタエンカ
クインズミラーグロ
ジュールポレール
デンコウアンジュ
メイズオブオナー
ラビットラン
リエノテソーロ
レッツゴードンキ
レーヌミノル
ワントゥワン

ミスパンテール

栗東坂路での単走追い
4F53秒9-12秒5

ラチ沿いを走っていて若干脚元がブレるシーンもあったが
それを補って余りあるくらいの力強い走り。
ストライドも十分に伸びており正に絶好調といった感じ。

現在4連勝中ですがそれなりに間隔をあけてレースに使われており
レースによる蓄積疲労は少なそう。
デビュー2戦目のチューリップ賞でリスグラシューに先着するなど
非凡な才能を見せていましたがここに来て覚醒した印象。
横山典騎手がアエロリットではなくこちらを選んだことからも
一気のGI制覇というのも十分にありそう。

リスグラシュー

栗東坂路での2頭併せ
最初はパートナーの真後ろで走り
途中から併せにいって最後まで手綱は引いたままでしたがクビ差先着。
時計は4F54秒4-12秒2

手綱を緩めたらどこまで伸びるんだろうというくらいに
馬の活気が前面に出ていた追い切りでした。
この馬はどの競馬場でも満遍なく実力を発揮できる馬ですが
2走前の東京新聞杯での牡馬相手の圧勝劇をを考えると
左回りのコースの方がよりこの馬の力を発揮しやすいように思います。
前走の競馬も悪くないと思いますが今回の方が間違いなくこの馬にはいいでしょう。

レッドアヴァンセ

栗東坂路での2頭併せ
ラチに沿ってしばらく併走しラスト一杯に追うと
あっという間にパートナーを突き放して2馬身以上先着
時計は4F53秒0-12秒2

安定感ある走りで頭の位置は低く脚の運びもスムーズ
追われてからのストライドも十分に広いですし
それでいて走りに無駄な力が入っていないので
状態はかなり良いでしょう。
前走時も追い切り診断A評価にしましたが
その時と比べても同じかやや上という感じ。
左回りに良績ありますし先行力もある馬
前走好走もフロックと見られている節があり
今回も人気はないと思うので妙味は十分。

デアレガーロ

美浦南Wでの2頭併せ
終始馬なりでしたが軽快なリズムで最後まで走っており
併せ馬でも常にリードを保ったままでクビ差先着してゴール
時計は4F52秒3-12秒9

1週前の追い切りがとても良くその時点で馬体は仕上がっていた印象でしたが
最終追い切りも馬なり調教ながら素軽い動きを見せていたので
仕上がりはかなり良いと感じます。
個人的には美浦のメンバーではこの馬が1番と思う。
スポンサードリンク

ソウルスターリング

美浦南Wでの単走追い
5F69秒3-13秒4
馬なり調教でしたが馬の走りたい気持ちが強く
騎手が手綱を引っ張り気味な感じでゴール
ストライドの伸び&脚元の踏み込みともに十分に感じられ
ひと叩きされた上積みが感じられる追い切りでした。
昨年は牡馬相手には結果を残せませんでしたが
オークスを勝っている馬ですし牝馬同士のレースなら
十分勝機あると思いますが。

その他の馬は

アドマイヤリードは栗東坂路での併せ馬で先着
反応は素早くストライドもそれなりに伸びていたので
出来は上向き。

レッツゴードンキは栗東坂路での単走追い
力強い走りでラスト1Fは11秒9を出す等
相変わらず状態は良さそう。
舌を出して走っていたのでその分評価を下げたが
この馬の場合はよくあることなのであまり気にしなくていいかも。

それ以外の馬は可もなく不可もなくといった印象

まとめ

追い切りから推奨したいのは
ミスパンテール
リスグラシュー
レッドアヴァンセ
デアレガーロ
ソウルスターリングの5頭

GIだけあってどの陣営もしっかり馬を作ってきた印象。
その中でも上記の5頭はかなり良い仕上がりでレースに臨めると思います。
スポンサードリンク

-追い切り診断