ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

予想 重賞展望

新潟2歳ステークス2016、追い切りで狙えるのはこの馬!土曜のレース予想

ラジャカジャです。
今日は朝から気温も低めで非常に過ごしやすいですが
空はどんよりとしていて雨でも降ってきそうな雰囲気です。
台風10号が週明けの月曜日か火曜日あたりに
関東に接近するという予報もありますし
今日、明日と馬場がひどく荒れなければいいのですが・・・

b549f6a9b68d22c616d1134ce35bee3b_s

今日は新潟2歳S2016の追い切りの記事と土曜のレース予想の2本立てで行きたいと思います。



スポンサードリンク

新潟2歳S2016追い切り

未知なる魅力を秘めた若駒たちの1戦ですが
キャリアも浅く実力未知数な馬ばかりなので
基本的には追い切りの動きで判断していくしかないと思います。
個人的に見て印象が良かったのは以下の馬たち。

オーバースペック
美浦南W 3頭併せ 5F68.0-12.9
併せた2頭を先に行かせて直線は1馬身差で追走。
誘導していた古馬が進路を譲り、ヴィクトリスター(2歳新馬)との併せ馬になって、
最後は末脚の違いを見せつけ2馬身先着。
追い切りに跨った岩部騎手も「落ち着いていて、動きは凄く良かった。
末脚には自信があるので、新潟の外回りも合うと思う」と自信を覗かせるコメントをしています。
新馬戦、未勝利戦ともに上がり3Fはメンバー最速。
特に前走の未勝利戦は1頭だけ次元の違う末脚を見せて勝っています。
前がやりあってハイペースになればこの馬の持ち味が活きそう

クイントゥープル
美浦坂路3頭併せ 4F55.6-12.2
終い強めに追ってラスト12秒2はなかなか優秀です。
動き自体も躍動感があって良い感じ。
新馬戦ではスタートがイマイチで追ってからの反応も悪くズブさを見せていましたが
それらが解消されていればここでも十分戦えるレベルでしょう。
8枠にマイネルの2頭が入っていますがこの馬もビッグレッドファームなので同系列の馬。
ラフィアンの岡田総帥が惚れ込んで8億円で購入した種牡馬アイルハヴアナザー
その産駒の最初の重賞挑戦でもあるのでそういう意味からも注目してみたい。

b39cdec83ea4adc96e6011618f1731f5_s

イブキ
美浦南W3頭併せ 4F54.4-13.3
折り合い重視の調教でしたが併せた馬にしっかり先着。
目標は先という感じの追い切りでしたが状態は前走より更に上向いている感じ。
お父さんと違ってスタートは上手そうですし(笑)、
前走もまだまだ本気で走っている感じでもなかったのでここはチャンスでしょう。

キャスパリーグ
栗東坂路2頭併せ 4F56.7-13.4
時計は悪いですし併せた馬にも遅れを取るなどしていたので
評価を落とそうかとも思ったのですが追い切りのVTRを見て
動きもスムーズでリズム一定でテンポ良く走っていたので
この馬の動きだけを見れば決して悪くはないな」と思い考えを改めました。

以上の4頭が個人的に見ていいなと感じました。
中でも一番良く見えたのはオーバースペックですね。

スポンサードリンク

レース予想

続いて本日のレース予想
まずは新潟のメインレース
BSN賞
(OP ダート1800m)

1番人気はピオネロで3.7倍(朝9時の時点)。
ピオネロは前走が初のダート戦でしたが直線での叩き合いを制して快勝。
その時に2着に下したモズライジンが次走OPで2着していることからも
格上挑戦ながらこのメンバーで実力上位の存在でしょう。
今週は札幌でワールドオールスタージョッキーズが開催されるため
リーディング上位の騎手はこぞって札幌に参戦。
そんな中、鞍上に福永騎手を確保できたのは幸運といっていいでしょうし
ここを勝てれば秋に向けて大きく視界が開けてくるでしょう。
ただ1番人気なので本命にはいたしません。

狙ってみたいのはトウショウフリーク
前走のブリリアントSはキングノヨアケとのハナ争いをしてハイペースになってしまい
直線を向いた時点では脚が残っておらず14着に惨敗。
多分に騎手のペース判断のミスによるもので力負けではありません。
今回はそのレース以来3ヵ月半ぶりのレースとなりますが
その分追い切りの本数は豊富に出来ましたし
最終追い切りは栗東坂路で4F52.0-12.7の好時計をマーク。
1週前追い切りでも同じく栗東坂路で4F52.8-12.8と時計を出しているので
休み明けながら馬体の緩さは感じられません。
年齢も9歳と年を取っているので叩いて良化するのを狙うよりは
疲れも溜まっていない休み明けを狙ってみたほうが良いように感じます。
新潟ダート1800mも3回走って2勝2着1回のパーフェクト連対
このレースも実際に走っていて2013年1着2015年2着と結果を残していますので
ここは狙ってみたい。
またトウショウフリークと同じくらいに注目しているのがコアレスキング
前走の安達太良ステークスでは13番人気という低評価でしたが
勝ったリッカルドとハナ差の競馬をして2着に来ました。
そのリッカルドが次走のエルムSではモンドクラッセ、クリノスターオーらを倒して
重賞勝ちしていますので単純比較すればこの馬も重賞級の力があると言っていいでしょう。
それでいて今回斤量が前走からマイナス5kg減で鞍乗も乗りなれた大野騎手
外目の枠に入ったので砂を被らず追走できそうですし狙って面白い1頭でしょう。
買い目
馬連&ワイドフォメ
7,12-2,8,10(各6点)
三連複フォメ
7,12-2-1,3,4,5,6,7,8,9,10,12,13(19点)

3ddd79e080b3a945c57b708cc073c4ed_s

続いて小倉のメインレース
釜山ステークス
(1600万・ハンデ ダート1700m)

1番人気はタムロミラクルで4.3倍(朝9時の時点)でオッズ的には混戦模様。
タムロミラクルは前走1000万勝ちですが元々1600万で走っていていたので再昇級になります。
1600万での成績は3戦して2着1回3着2回ということでここでは即通用するレベル
このコースで2勝していますし砂を被らずに追走できる外枠に入ったのも買い材料としてはプラス。
正直もっと人気になっても不思議ない感じですが・・・

ただそれ以上に狙ってみたいのがメイショウヒコボシ
前走は好位で競馬するも直線は伸びきれず5着。
2走前の上賀茂Sでも勝ったトラキチシャチョウと0.2差の競馬と惜しい競馬。
追い切りでは栗東坂路で3週続けて4F54秒台でラスト12秒前半をマーク。
状態は申し分なく鞍乗にも小倉での良績が目立つバルジュー騎手
ここは連は外さないと考えているので厚く勝負したい。
買い目
馬連流し
14-1,3,6,7,11,12,16(7点)
三連複フォメ
14-1,11,16-1,3,6,7,11,12,16(15点)

追い切り推奨馬

小倉12R 3歳以上500万下
(馬名はEの欄)

競馬 ブログランキングへ

最終追い切り8/25栗東坂路4F50.8-12.9(今季自己ベスト
中2週にも関わらずこの時計を出してきたのは好印象。
前走は逃げ・先行馬が総崩れとなるなど差し馬向きの流れの中、
果敢にハナを主張して逃げてしまったのである意味納得の敗戦。
今回もこの馬が行くと思いますが人気薄の単騎逃げで
有力馬陣営が舐めてかかってくれれば勝てないにしても
2,3着の残り目はあると思います。

今日の1点予想

札幌11R2016ワールドオールスタージョッキーズ第2戦
(1600万下 芝2000m)

週中の台風でどんな馬場になっているか分かりませんが
基本的には逃げ・先行脚質の馬が有利で差し馬で好走できるのは
内枠に入った馬だけと考えています。
このメンバーではこれといった逃げ馬はいないのですが
ジョッキー判断で思い切った逃げを打つ騎手がいるかもしれません。
多分それができるのは今回招待されている外国人騎手か地方騎手じゃないかと思います。
ということで内で脚を溜める競馬が出来そうなモレイラ騎手のサクラボールドと
先行した馬を保たせる技術に長けているC・ウィリアム騎手のフェルメッツァでどうだろう。
買い目
馬連&ワイド
1-7

スポンサードリンク

-予想, 重賞展望