ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

追い切り診断

オークス2018、追い切り診断、A評価は5頭

ラジャカジャです。
オークス2018に出走予定の馬の追い切り診断をしていきたいと思います。

今年のオークスの注目は何と言っても
前走桜花賞を圧勝したアーモンドアイ

後方で脚を溜め直線一気の差し切り勝ちで
その勝ち方はまさにディープインパクトを彷彿とさせるものでした。
このレースの上がり3Fの時計を見てもアーモンドアイが記録した33秒2というのは
2着したラッキーライラックに1秒3も速い時計で
上がり3Fの時計で2位だったトーセンブレスに1秒も差をつける破格のタイム。
1頭だけ次元の違うところで競馬をしていた感じで
まさに怪物といっていい走りでした。

なのでアーモンドアイの桜花賞に続く2冠なるか?が最大の関心となりますが
桜花賞で2,3着だったラッキーライラック、リリーノーブルの巻き返し
フローラSで派手な差し切り勝ちを演じたサトノワルキューレなど
馬の状態次第では逆転可能な馬たちもいますので
仕上がり具合はどうなのかしっかり見極めていきたい。

スポンサードリンク

オークス 追い切り診断

最終追い切りでの調教時計と調教VTRから
独自の目線でABC順に評価しています。
A評価:
状態の良さそうな馬、前走から上積みがありそうな馬
B評価:
時計、動きとも悪くないけど特別良くも見えなかった馬
C評価:
動きに覇気がなく調子がイマイチなのでは?と思う馬

A評価:
アーモンドアイ
ラッキーライラック
リリーノーブル
トーセンブレス
ロサグラウカ
B評価:
ウスベニノキミ
オールフォーラヴ
カンタービレ
ゴージャスランチ
サトノワルキューレ
マウレア
ランドネ
レッドサクヤ
C評価:
ウインラナキラ
サヤカチャン
シスターフラッグ
トーホウアルテミス
パイオニアバイオ

アーモンドアイ

美浦南Wでの2頭併せ
パートナーを3馬身ほど先行させ終始馬なり。
6F85秒0-12秒0のタイムでゴール時は2馬身の遅れも
ゴール後に軽く追い出すとあっさりと抜き去っていましたので全く問題ないでしょう。
VTRで見ると結構汗をかいている感じに見えましたが
リラックスした感じの走りでしたし追ってからの反応の良さと
ストライドの伸びも申し分なかったので出来に関しては万全といっていいでしょう。
1週前の動きも負荷の掛かった調教していましたし
文句なしのA評価です。

ラッキーライラック

栗東CWでの2頭併せ
6F86秒0-11秒5
馬なりでラスト軽く追って1馬身先着
VTRで見るとそこまで追っているようには見えなかったですが
ラスト11秒5と思いのほか時計が出ていました。
力強い走りでストライドも十分伸びていましたし
前走時の出来をキープ出来ている印象。
枠も良い所に入りましたし好勝負は必至といって良いでしょう。
スポンサードリンク

リリーノーブル

栗東CWでの単走追い
6F79秒3-11秒8
前半から意欲的に飛ばしてラストも強めに追われて好時計をマーク
こちらは上の2頭とは違って最終追いで強めに追って仕上げて来た感じ。
ストライドの伸び&脚元の踏み込みともに申し分なしでこちらもA評価。
正直いって1週前追い切りの動きは物足りない内容だったので
この動きを見て安心しました。

トーセンブレス

美浦南Wでの単走追い
6F84秒0-12秒9

終始馬なりでしたがその割りに時計は良い。
クビを低くした安定した走りで馬体にブレもないので
状態は変わらず良さそう。
ストライドの伸びはそこまで感じなかったのでA評価にしようか迷ったが
動きの割りに時計が出ているのでA評価としました。

ロサグラウカ

美浦南Wでの3頭併せ
4F53秒7-12秒5
しっかり折り合いをつけた後ラストは強めに追われて併入。
この馬の追い切り映像は初めて見ましたが
脚元の力強さが目立っていましたし活気ある動きで好印象でした。
どのくらいの人気になるか分かりませんが
2戦2勝と勢いがありますし戸崎騎手が騎乗というのも魅力ですから
穴として押えておきたい1頭

その他の馬は

サトノワルキューレは栗東坂路での単走追い
1週前に負荷の掛かった追い切りをしているので
最終追いは終始馬なりで調整程度の動き。
着地ポイントがズレる場面もあったが全体的にまずまずの動き。

ウスベニノキミは栗東坂路での併せ馬で2馬身先着
かなり強めに追われていたが最後まで安定感ある走りでした。
動いた割には時計が出ていないのでB評価としましたが
出来は悪くない。

オールフォーラヴは栗東CWでの単走追い
終始馬なりでラストだけ軽く促した内容
ストライドの伸びはイマイチだがバランスは良い。
ディープインパクト産駒&忘れな草賞勝ち馬
オマケに鞍乗が和田騎手なので
穴っぽさは十分に感じる馬

カンタービレは栗東坂路での単走追い
リズミカルな走りで派手さはないもののこの馬なりに順調に来ている印象

マウレアは美浦南Wでの2頭併せ
ストライドの伸びはイマイチだが安定感ある走りで
まずまず順調に来ている印象。
ただ出来事態は前走から上積みがあるようには感じない。

その他の馬は可もなく不可もなくと言った印象

まとめ

追い切りから推奨したいのは
アーモンドアイ
ラッキーライラック
リリーノーブル
トーセンブレス
ロサグラウカの5頭

GIだけにしっかり調整してきた馬が多く
人気上位に支持されそうな馬で調整に不安を感じる馬はいなかった。
アーモンドアイの2冠が濃厚な感じがします。
スポンサードリンク

-追い切り診断