ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

追い切り診断

日本ダービー2018、追い切り診断、A評価は4頭

ラジャカジャです。

今日は日本ダービー2018に出走予定の馬の追い切り診断をしてみたいと思います。
先週のオークスでは追い切り診断A評価だった馬が
1着~3着を独占。
土曜重賞の平安ステークスでも
A評価に推したクインズサターンが3着に入るなど
追い切り診断でA評価に推した馬が高い確率で馬券に絡んでいます。
今週の3重賞についても馬券に絡める馬をチョイスできるよう
馬の状態の良し悪しを見極めていきたいと思います。


スポンサードリンク

日本ダービー 追い切り診断

最終追い切りでの調教時計と調教VTRから
独自の目線でABC順に評価しています。
A評価:
状態の良さそうな馬、前走から上積みがありそうな馬
B評価:
時計、動きとも悪くないけど特別良くも見えなかった馬
C評価:
動きに覇気がなく調子がイマイチなのでは?と思う馬

A評価:
ダノンプレミアム
サンリヴァル
ジェネラーレウーノ
アドマイヤアルバ
B評価:
エポカドーロ
オウケンムーン
キタノコマンドール
ゴーフォザサミット
ジャンダルム
ステルヴィオ
ブラストワンピース
エタリオウ
グレイル
タイムフライヤー
テーオーエナジー
コズミックフォース
ワグネリアン
C評価:
ステイフーリッシュ

ダノンプレミアム

栗東CWでの2頭併せ
5F69秒4ー11秒3
カーブ付近で頭を上げる仕草を見せたが
総体的に見れば折り合いはついており鞍乗の支持通りに走れていた。
終始馬なりでしたが馬体にブレはなく安定して走れており
直線に入ってからのストライドの伸び&脚元の踏み込みともに素晴らしく
文句なしにA評価をつけたい。

4戦4勝の負け知らずで大舞台に強いディープインパクト産駒
加えて過去10年で7連対と圧倒的に有利な1枠に入ったことで
他馬と比べてもかなりアドバンテージがあると思います。
距離2400mに関しても同じ3歳馬同士のレースですから
能力差で相殺してしまう感じがしますし
個人的には心配はしていません。

懸念すべき点といえば挫跖(蹄底の炎症)の影響で
調教で時計を出し始めたのが4/29と遅かった事。
その後はCWで好時計を連発していますが
急ピッチに馬を仕上げたという印象もなくはないです。

サンリヴァル

栗東CWでの2頭併せ
5F67秒5-11秒4
パートナーを3馬身ほど先行させる形でスタート
終始楽な手応えで直線に入ると接近してしばらく併せ馬。
鞍乗が軽く合図を促すと即座に反応して1馬身程リードしてそのままゴール。
走りに力みがなく素軽い走りでストライドの伸びも申し分なし。
前走より状態は更に良いと見てA評価に推したい。

前走皐月賞では9番人気で2着となり三連単37万馬券の片棒を担いだ形となりましたが
フロックと思われているのか今回も人気薄となりそう。
この馬もスタートには定評のある馬ですし
ホープフルS4着、弥生賞4着、皐月賞2着という成績だけ見れば
もっと人気上位に推されても良い気がします。
鞍乗が急遽浜中騎手に乗り替わりになりましたが軽視はできない存在。

ジェネラーレウーノ

美浦南Wでの2頭併せ
4F52秒2-12秒5
カーブの入りから意欲的に飛ばして
直線に入っても勢いは衰えず
目一杯追う僚馬を尻目に悠々先着。
ストライドもしっかり伸びていて迫力ある走り。
ゴール後もしばらく追っていたように馬の状態はかなり良さそう。

血統的にみると本格化するのは古馬になってからのような気もするが
前走前に行った馬の中で唯一最後まで粘れた馬なので
ひと叩きされた今回は前走以上に粘りが効きそう。
要注意。
スポンサードリンク

アドマイヤアルバ

栗東CWでの2頭併せ
6F83秒0-12秒2
パートナーを1馬身ほど先行させで楽な手応えのまま直線へ
併走状態で進みラスト軽く合図を送ると1/2馬身程前に出てそのままフィニッシュ。
馬体にブレがなく終始安定した走りで
ストライドの伸び&脚元の踏み込みともに申し分なし。
良い状態でレースに臨めそう。

正直鞍乗が岩田→丸山に乗り替わったのは残念ですが
前走の競馬ぶりも良かったですし
まだまだ伸びシロがありそうなので
しれっと3着くらいに来てもおかしくないかも。

その他の馬は

ブラストワンピースは美浦南Wでの併せ馬
直線で強めに追われてクビ差先着。
ストライドの伸び&脚元の踏み込みとも良く見えたが
クビの位置は高くて動きも堅い。
目一杯追った割りに着差がつかなかったのもやや不満。

ワグネリアンは栗東坂路での単走追い
ラスト軽く追っただけの軽い調整
1週前追い切りでCWで負荷をかけた追い切りをしているので
軽く流す程度の追い切りでしたが
脚元の踏み込みはイマイチで何となく
全体的な覇気もあまり感じられない印象。
レースにいけば変わるのかもしれないが
ちょっと不安を感じる動き。

エポカドーロは栗東CWでの2頭併せ
クビを低くして地面をしっかりと踏み込んで走れており雰囲気は悪くない。
ただ時計はえらく遅く1週前も負荷をかけた追い切りではなかったので
前走の疲労がまだ残っている状態かもしれない。

キタノコマンドールは栗東坂路での単走追い
多少フラフラするシーンが見られたが最後まで集中して走れており気配は悪くない。
1週前にCWで長めからじっくり追われていたので
最終は調整程度の動きでしかなかったがこの馬なりに順調に来ている印象

ステルヴィオは美浦南Wでの併せ馬
終始馬なりでストライドの伸びは平凡に映るが
軽く合図した時に素早く反応しており
動きの素軽さは感じられた。
ただ見た目少し細く見えたのは気がかり。

ゴーフォザサミットは美浦南Wでの3頭併せ
折り合い重視の調教内容でゴール後も3頭でびっしり併せていた。
可もなく不可もなくといった印象

グレイルは栗東CWでの単走追い
脚を高く上げる独特なフォームですが
しっかりと地面を踏み込んで走れており力強い。
ややアタマが高いのが気になるが
この馬なりに順調にきている印象

ステイフーリッシュは坂路で併せ馬で先着
ただ脚元はふらついていて定まらない感じ。
ここまでバランスが悪いとマイナス評価をつけざるを得ない。

それ以外の馬は可もなく不可もなくといった感じ

まとめ

追い切りから推奨したいのは
ダノンプレミアム
サンリヴァル
ジェネラーレウーノ
アドマイヤアルバの4頭

皐月賞回避で状態面が心配でしたが
追い切りを見る限りダノンプレミアムは問題なく走れそう。
今年の3歳世代ではこの馬の能力が抜けていると思いますので
おそらくこの馬本命でいくと思います。
対抗はワグネリアンと考えていましたが
8枠に入った上に最終追い切りでの覇気のなさが気になるので
これなら間に何か間に入って来る可能性もありそう。
スポンサードリンク

-追い切り診断