ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

追い切り診断

ユニコーンステークス2018、追い切り診断、A評価は5頭

ラジャカジャです。
今日はユニコーンステークス2018に出走予定の馬の追い切り診断をしていきたいと思います。

ここ数年の同レースの勝ち馬を見てみると
サンライズノヴァ、ゴールドドリーム、ノンコノユメ、ベストウォーリアなど
このレースをステップにその後GIで活躍している馬が続出しています。

数少ない3歳馬限定の重賞レースだけあって
ここに狙いを絞って出走してくる有力馬が多いからだと思いますが
今年もなかなかの好メンバーが揃った感じがします。

昨年の全日本2歳優を制したルヴァンスレーヴ
前走OP特別を勝利しているグリム、バイラ、ハーベストムーン
ゴールドアリュール産駒で2戦2勝のホウショウナウ
芝路線から出戻りしてきたリョーノテソーロ
藤田 菜七子騎手騎乗のミックベンハーなど
話題性も含めて楽しみな馬が揃いました。

先週も追い切り診断でA評価に推した馬が馬券圏内を確保
エプソムカップ
(サトノアーサー1着、グリュイエール3着)
マーメイドステークス
(ワンブレスアウェイ2着)

今週も各馬の状態をしっかり見極めて
馬券に絡む馬をチョイスしていきたい。


【オススメの本】
馬券会計学 実戦バイブル

丸の内龍太郎著

世の中には数多とある競馬攻略本。
血統やデータを基にした正統派から、馬番の出目やオカルト的な予想法など
読み物としては面白いと思うものの
それに書かれてることをいざ実戦しようとすると上手くいかない本の方が多い気がします。
その中で個人的に参考になったと感じるのがこの本

もう10年くらい前に出版された本で
ネット競馬全盛の現在において
競馬新聞を基に予想しているなどアナログな部分はありますが
競馬に対する考え方などは非常に共感することが多く
今でも十分通用する競馬予想本だと思います。

著者は公認会計士が本業で
その傍らで競馬の研究を重ね2006年に年間578万円のプラス収支を達成。
2008年の共同通信杯では総額1000万円以上の払い戻し
(証拠画像も掲載)
を受ける等かなりのツワモノ。

①2歳戦、3歳戦に絞って勝負する
②穴ねらいに徹する
③勝負レースを絞る
といった独自のルールを定めて
競馬予想紙に掲載されている調教欄をしっかり読み込み
穴馬を見つけてそこから大きく勝負するというのがこの人のスタイル

それゆえに2008年の日本ダービーでは10番人気の馬から勝負して
100万円負けという手痛い日もあったりするが
自分の予想に徹して勝負している様は潔い。

馬券の買い方については共感しかねる部分もありますが
・レースを絞って穴馬から勝負する
・調教で状態の良い馬を見極める
という考え方は非常に共感できます。

予想紙に掲載されている調教欄の見方も詳しく解説しており
自分で調教を研究したい人には必読の書といってもよさそう。
スポンサードリンク

ユニコーンステークス 追い切り診断

最終追い切りでの調教時計と調教VTRから
独自の目線でABC順に評価しています。
A評価:
状態の良さそうな馬、前走から上積みがありそうな馬
B評価:
時計、動きとも悪くないけど特別良くも見えなかった馬
C評価:
動きに覇気がなく調子がイマイチなのでは?と思う馬

A評価:
グリム
トキノパイレーツ
バイラ
ベストマイウェイ
リョーノテソーロ
B評価:
エングローサー
グレートタイム
コマビショウ
セイウンクールガイ
タイセイアベニール
ハーベストムーン
プロスパラスデイズ
ミックベンハー
ルヴァンスレーヴ
C評価:
該当馬なし

ダンケシェーンとホウショウナウの調教VTRがUPされていなかったので
この2頭は評価不可とします。

このレースに標準を合わせてきた馬が多いのか
概ね仕上がっている馬が多く見えました。
その中でA評価に推したのは以下の5頭
グリムは栗東坂路で迫力ある動きを披露
ストライドの伸び脚元の踏み込みともに素晴らしく
2連勝の勢いそのままに活気のある走りでした。

トキノパイレーツは美浦南Wでの2頭併せで楽々先着。
追ってからの反応が素早く
楽に僚馬を突き放していましたし
ゴール後も負荷をかけて追うなど調教内容も素晴らしい。
人気はないかもしれないが軽視は禁物。

バイラは栗東坂路での単走追い。
クビの動きはやや堅いがそれ以外の動きは標準以上。
まだまだ成長段階という感じですが
脚元の踏み込みは力強く
近年有力馬を続出させているヘニーヒューズ産駒の馬だけに要注目。

ベストマイウェイ&リョーノテソーロは
ともに併せ馬で楽々先着。
追ってからの反応の素早さとストライドの伸びは申し分なく
かなり仕上がっている印象。
リョーノテソーロは間違いなくダート向きでしょう。
スポンサードリンク

逆に評価が微妙なのはルヴァンスレーヴ
美浦南Wでの2頭併せでアタマ差の遅れ
ゴール後も推していたがズルズルと遅れてしまい印象が悪い。
ストライドの伸び&脚元の踏み込みともに
そこまで悪いとは感じなかったが反応は悪かった。
併せた馬が良すぎただけなのかもしれないが
不安の残る仕上がり。

グレートタイムは栗東CWでの2頭併せ。
ラスト軽く追って併入。
素軽い動きでバランスも良く
まずまず仕上がっている印象。
ただ最後まで手前を替えずに走っていたのは気がかり。

ハーベストムーンは脚元の踏み込みは力強いが
バランスが悪く着地ポイントがたびたびブレていた。
頭の位置も高く状態はそこまでいいとは感じない。

それ以外の馬は可もなく不可もなくといった印象

まとめ

1番人気が濃厚なルヴァンスレーヴは
追い切りの動きがあまり良く見えなかったので押さえ評価。
本命はA評価に推した5頭の中から選びたい。
人気面を考えると
トキノパイレーツ、ベストマイウェイあたりが面白そう。
最終的な判断は枠順とオッズが決まってからになりますが
そこそこ荒れそうな予感がします。
スポンサードリンク

-追い切り診断