ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

予想

紫苑ステークス2018ほか土曜のレース予想

ラジャカジャです。
紫苑ステークス2018ほか土曜のレース予想をしていきたいと思います。

その前にちょっと競馬小話。
秋もモレイラ
今夏短期免許を取得して日本で騎乗していたモレイラ騎手ですが
9月29日~10月28日と
11月10日~12月9日の期間で再び短期免許を取得して日本で騎乗する方向で調整されているそう。
これまでは香港競馬がオフシーズンになる夏の間だけ日本に来て騎乗するという形を取っていましたが
JRAの通年免許を取るため10月のJRA騎手試験を受験することを公言していますので
日本語を覚えるためにも出来るだけ日本に滞在していたいというのもあると思います。

今秋から開催する香港競馬の騎手免許の更新をしていないことからも
モレイラ騎手のJRAの騎手になりたい気持ちは本物だと思います。

ただキーンランドカップを勝った時の勝利インタビューは通訳を介してのものでしたし
日本語が普通に話せるのがJRAの騎手になること前提条件なので
個人的には10月の試験に受かるのは厳しいかな?と思います。

とは言え騎手としての腕は実証済みで今季の成績を見てみても
75鞍の騎乗で31勝2着8回3着8回
勝率41.3%連対率52.0%複勝率62.7%と驚異的な数字を残しています。
さすがにこれだけの結果を残していたらオーナーも自分の馬に乗って欲しいと思うのが当たり前で
今月に入ってリスグラシューの主戦が武豊騎手からモレイラ騎手に
アエロリットが戸崎騎手(若しくは横山典騎手)からモレイラ騎手にチェンジすることが発表されました。
それ以外にも有力馬への騎乗があるでしょうから
この秋もモレイラ騎手の動向に注目したいです。

蛯名騎手調教師試験受験へ
これまでJRAのGIを27勝挙げている蛯名正義騎手ですが
今月19日に行なわれる調教師の一次試験を受験することが分かりました。
最近では武幸四郎元騎手が調教師試験に合格して転身したのが話題となりましたが
蛯名騎手が調教師試験を受けるのは正直驚きました。
年齢は49歳と年は取っていますが今季もゴーフォザサミットに乗って青葉賞を勝つなど
騎手の腕はまだまだ衰えていません。
ただ昨年はエージェントの契約を解除した事で有力馬が集まらなくなり年間34勝止まり。
今季も専属で契約していたエージェントとの契約を解除するなど
騎乗以外のところでゴタゴタが続いていて有力馬の騎乗も少なく
現在22勝と勝ち星が延びていません。
そういった所も調教師試験を受けようと思い立った一因かもしれませんが
蛯名騎手では2001年の有馬記念でのマンハッタンカフェや
2016年皐月賞でのディーマジェスティなどGIでおいしい馬券をゲットさせてくれた
思い出があるのでちょっと寂しい気がします。


スポンサードリンク

中山11R 紫苑ステークス

軸馬 カレンシリエージョ

朝10時の段階で人気はマウレアが単勝オッズ3.1倍で1番人気
以下ノームコア、サラス、クイーングラスと続きここまでが単勝一桁台のオッズ
桜花賞、オークスで共に5着だったマウレアが人気になっていますが
あくまでもここは叩き台でしかないでしょう。
付け入るスキは十分あると見て他の馬から勝負してみたい。
このレースは2年前重賞に格上げされて以降
関西から有力馬が参戦するようになりました。
その結果2年続けて関西所属の馬が連対を果たしていますので
今年も関西馬の活躍があると見て関西馬から買ってみたいと思います。

狙ってみたいのはカレンシリエージョ
前走は骨折&4ヶ月の休み明けとあって仕上がりに疑問符がありましたが
好スタートを決めて2番手で折り合うと
直線は力強く伸びて2馬身差をつけての快勝でした。

新馬戦の時に従来の函館2歳レコードとタイ記録をマークして2着
続く2戦目で2着以下に8馬身の差をつける圧勝を演じる等していた馬で
3戦目の札幌2歳Sでも3番人気になるなど元々期待値の高い馬でした。
3歳になってからは成績が伸び悩んでいましたが
スタートで出遅れたりと敗因がはっきりしているものが多く
「力負けした」という感じではありませんでした。
骨折でしばらく休養したことが逆にプラスになった印象で
前走の走りは明らかに今までと違って安定感と力強さが感じられました。
最終追い切りを見ても坂路でしっかり負荷をかけた追い切りが出来ていますから
1度使ってさらに出来は上がっている印象。

今回も好スタートを決めてスムーズに折り合えれば
馬券圏内は堅いと見てこの馬から勝負します。
買い目
馬連&ワイド流し
9-1,4,6,14(各4点)
三連複1頭軸流し
9-1,4,6,8,14,15(15点)

阪神11R エニフステークス

軸馬 ハヤブサマカオー

朝10時の段階で人気はスマートアヴァロンで単勝オッズ4.2倍で1番人気
以下コウエイエンブレム、ディオスコリダー、エポック、ハヤブサマカオーと続き
ここまでが単勝一桁台のオッズ
ここ2戦OP特別で3着しているスマートアヴァロンが安定感を買われて
1番人気に支持されていますが後から行くタイプですし
16頭と多頭数のレースなのでスムーズに裁けず脚を余して負ける展開も十分予想できるので
この馬からは勝負しにくい。
基本的に競馬は前に行く馬の方が有利なので逃げ・先行脚質の馬から買ってみたい。

今回のメンバーで見れば逃げるのはおそらくハヤブサマカオー
デビューから3連勝全て逃げ切り勝ちで交流重賞兵庫ジュニアグランプリも制している馬。
全日本2歳優以降は成績がパッとしませんが年末に大腸炎を患って
思い通りに調教が出来ていなかったという話ですし
4月に転厩して環境が変わったりと馬にとっては忙しない時期でもありました。
夏場を休養に当てて馬体も成長したと思いますし
3歳馬で斤量54kgで走れる恩恵もあります。
状態に関しては走ってみないと分からないですが
穴を開けるとすれば逃げた馬がそのまま残っちゃうパターンだと思うので
この馬に期待したい。
買い目
馬連&ワイド流し
9-5,14,15(各3点)
三連複フォメ
9-5,14-5,7,12,13,14,15(9点)
スポンサードリンク

「今日の鉄板馬」
中山9R アスター賞

軸馬 グレイシア

ここは人気でもグレイシアの軸は堅いでしょう。
新馬戦は逃げて2着以下に6馬身以上の差をつけての圧勝
直線もほぼ持ったままの馬なりで
まるで力を出していない走りでこの着差なので
能力の高さは計り知れません。

今回は1600m戦になりますが1Fの延長くらい問題ないと思いますし
追い切り本数は少ないものの外厩で仕上げてきていて
9/1の土曜追いでは美浦坂路で4F52秒6-12秒2の好時計をマークしており
出来に関しては前走以上と思います。
素直に相手探しのレースと考えて良いでしょう。
買い目
三連単フォメ
7→2,8-1,3(4点)

「一点予想」
中山10R 鋸山特別

軸馬 アナザートゥルース、スペルマロン

このメンバーでは1600万で2着2回と実績を残しているアナザートゥルースは別格
素直に相手探しの一戦と考えていいと思いますが
相手に推したいのはスペルマロン
この馬も1600万から降級してきた口で
叩き2戦目の前走では先行して勝ち馬と0秒1差の4着と
このクラスでは地力上位なのを証明しました。
追い切りの本数も多く乗り込まれていて
状態は更に良化している印象ですし
前走同様に積極的に前で競馬すれば
デザートスネーク、バトルスピリッツといった昇級馬より先着できると思います。
買い目
馬連&ワイド
4-7(各1点)
スポンサードリンク

-予想