ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

予想 追い切り診断

天皇賞(秋)2018追い切り診断、スワンステークスほか土曜のレース予想

ラジャカジャです。
今日は天皇賞(秋)2018追い切り診断と
スワンステークスほか土曜のレース予想をしていきたいと思います。

昨日は飲み会で外にあるテラスで飲んでいたので
開放的な気分になって酔いが回るのも早かったです。






かなり遅くまで飲んでしまい
今もまだお酒が体の中に残っていますが
何とか今日の予想で馬券を的中させて明日の天皇賞(秋)に弾みをつけたいです。

スポンサードリンク

天皇賞(秋)2018 追い切り診断

ダノンプレミアム、ワグネリアンといった3歳馬の有力馬が回避し
13頭と頭数もGIレースとしてはやや寂しい感じ。

ただレイデオロ、マカヒキの歴代ダービー馬に加え
今年の大阪杯を快勝したスワーヴリチャード
2000m路線に挑んできたサングレーザー
ヴィブロス、キセキ、ミッキーロケットといったGI馬など
GIレースに相応しいメンバーが揃いました。

追い切り診断では
先週の菊花賞で1着馬フィエールマン
秋華賞でも1着アーモンドアイ、2着ミッキーチャームと
追い切り診断でA評価をつけた馬が好走しているので
今回も馬券に絡む馬をしっかりチョイスしていきたい。

最終追い切りでの調教時計と調教VTRから
独自の目線でABC順に評価しています。
A評価:
状態の良さそうな馬、前走から上積みがありそうな馬
B評価:
時計、動きとも悪くないけど特別良くも見えなかった馬
C評価:
動きに覇気がなく調子がイマイチなのでは?と思う馬
A評価:
マカヒキ
アルアイン
ミッキーロケット
B評価:
スワーヴリチャード
サングレーザー
ダンビュライト
キセキ
サクラアンプルール
ステファノス
レイデオロ
ヴィブロス
C評価:
ブラックムーン
アクションスター

良い頃の動きに戻ってきたマカヒキ

A評価に推したのは3頭
マカヒキは栗東坂路で最終調整。
終始馬なりで時計も平凡ですが
1週前にCWでしっかり負荷をかけた調教をしているので
調整程度の動きに留めた印象。
ストライドの伸びはあり、脚元の踏み込みも力強く
馬体のブレもなく最後まで集中して走っていたので
ひと叩きされて確実に状態は上がってきたと感じます。

アルアインは栗東坂路での2頭併せ
4F51秒5-12秒1の好時計をマーク
併せた馬は必至に追われていましたがアルアインの方は終始馬なりで
余裕を持ったまま先着してゴール。
この動きと時計を見ただけでA評価に値します。
鞍乗は前走に引き続き北村友一騎手。
GIではあまり活躍の場がない騎手ですが
馬の状態はかなり良いので軽視は出来ない存在。

ミッキーロケットは栗東坂路での2頭併せ
併せた馬のことは全く眼中にないという感じで
しっかり前を見て自分の走りに集中して走っていました。
1週前に栗東坂路で4F50秒9-12秒0という好時計をマークしているので
最終追い切りは軽めの調整でしたが脚元の踏み込みは力強く
ストライドの伸びも十分あり順調に調整してきた印象。
VTRで見ても雰囲気が良いと感じるのでこの馬もA評価としたい。

スワーヴリチャードはまずまずの動き

B評価の中で良いと感じたのはスワーヴリチャードとサングレーザー
スワーヴリチャードは栗東CWでの3頭併せ
併せた2頭をかなり前に行かせ、直線は軽く追うもゴール前では1馬身の遅れでした。
頭の位置は高くストライドの幅も狭めでした。
ただ1週前追い切りはしっかり負荷を掛けた良い追い切りをしていましたし
この馬追い切りではあまり良く見えない事が多いので
いつも通りの動きと考えていいと思います。

サングレーザーは栗東坂路での単走追い
終始馬なりで全く負荷を掛けておらず4F58秒4-13秒1と
時計面からは見るべきところはない。
ただ浅見厩舎は日か月でしっかり追って水・木は軽めに抑えるという
調整法方を取っているので出来れば日曜の追い切り動画をUPして欲しかった。
日曜追いでは同じく栗東坂路で4F51秒6-12秒3と負荷を掛けた追い切りをしており
1週前の月曜追いでも同じく栗東坂路で4F51秒6-12秒3の時計を出しているので
しっかり調教はやれている印象。
時計面だけでは判断しかねるのでB評価にしましたが
状態はかなりいいのでは?と思います。

レイデオロは予定外の調教がどうでるか

人気上位に推されているレイデオロは
1週前追い切りで馬場に脚を取られ、追い切りを中断するアクシデント。
検査で「全く問題なし」という事だったので中断した追い切りを埋め合わせるため
急遽日曜追いを敢行するという予定外の動きがありました。
最終追い切りは美浦CWでの3頭併せでラストは軽く追って併入。
ゴール後に抜き去るところまでやっていたので問題なく走れている様子。
素軽い動きを見せていましたがそこまで良い動きとも感じなかったので
追い切りの評価としてもB評価が妥当なところと思います。

それ以外の馬は可もなく負荷もなくといった感じで
C評価にした2頭は走りに力強さが感じず調整不足といった印象でした。

予想の参考にしてもらえたら幸いです。
スポンサードリンク

京都11R スワンステークス

軸馬 コウエイタケル

13時の段階で今年の安田記念を制したモズアスコットが
単勝オッズ1.2倍で断然の1番人気。
実績を考えればこの人気になるのは仕方ないですが
頭数が11頭と少ない上にライバルになりそうな馬も
ロードクエスト、レーヌミノルといった安定感の欠く馬たちなので
普通に考えればモズアスコットが勝つレースでしょう。
ただ相手にこれと言った強力な対抗馬がいないので
「ヒモ荒れ十分にアリ」と見て穴馬を軸に据えて勝負してみたい。

そこで白羽の矢を立てたのはコウエイタケル
現時点で単勝54倍台の10番人気と全く人気がないですが
前走セントウルステークスでは内の狭いところを割って伸びて来て4着に好走
この時の1着馬ファインニードル、2着馬ラブカンプー、5着馬ラインスピリットが
次走のスプリンターズSで1着~3着に来ており
そのメンバーの中で4着に好走しているのだから
コウエイタケルの10番人気というのはちょっと舐められすぎている気がします。
1400m戦で勝ち鞍があり京都コースでも勝っている馬ですし
先行力あって追ってからの脚も堅実なので
積極的に前に行って粘り込む競馬をすれば案外馬券に絡むんじゃないかと思い
この馬から勝負してみたい。
買い目
馬連&ワイド流し
11-5,7,8,10(各4点)
三連複2頭軸流し
10,11-5,7,8(3点)

東京11R アルテミスステークス

軸馬 ビーチサンバ

キャリアの浅い2歳戦なので実力が未知な部分が多いですが
狙ってみたいのはビーチサンバ

新馬戦で2着以下に2馬身以上の差をつける完勝。
好位で折り合って上がり3Fはメンバー最速の時計をマーク
父クロフネ母フサイチエアデールという良血で
兄弟にライラプス、フサイチリシャールといった重賞勝ち馬もいます。
新馬戦ではルメール騎手が手綱を取っていることからも
陣営の期待値は相当に高いと思いますし
勝算あっての東京遠征と見てこの馬から勝負してみたい。
買い目
馬連&ワイド流し
11-5,8(各2点)
三連複フォメ
11-5,8-1,2,3,5,8,9,14(11点)
スポンサードリンク

-予想, 追い切り診断