ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

予想 追い切り診断

エリザベス女王杯2018、追い切り診断&武蔵野ステークスほか土曜のレース予想

ラジャカジャです。
明日行われるエリザベス女王杯の出走予定馬の追い切り診断と
武蔵野ステークスほか土曜のレース予想をしていきたいと思います。

先週のブログ予想をちょっと振り返ると
土日あわせて6戦2勝という結果でした。
4日(土)
京都11R ファンタジーS
三連複 2370円的中!(3点予想)
5日(日)
京都12R JBCレディスクラシック
三連複 7060円的中!(9点予想)

土日ともマイナス収支は免れましたが
大きなプラスとは行きませんでした。
今週は何とか大きいのを当てて
大幅プラスを目指したいと思っています。

追い切り&予想の話に入る前にしばし脱線を。
ラーメン好きの会社仲間と今週は二軒ラーメンを食べにいきました。

一軒目は月曜日、横浜にある広島ラーメン「太華」に行きました。
麺もスープも美味しかったですがねぎ増しを頼んだら
想像以上にねぎが多かった。



二軒目は木曜日に成瀬にある塩&しょうゆのお店「天国屋」にいきました。
営業時間が日によってまちまちで
やっていてもスープがなくなったら店を閉めてしまうので
なかなか食べにいけなかったのですが
この日は夕方5時からやっていることをキャッチしたので仕事終わりに直行。
何とか食べることが出来ました。
麺もスープももちろん美味しかったですが
無料で麺大盛りにできることと店主の愛想の良さが印象に残りました。



スポンサードリンク

エリザベス女王杯2018 追い切り診断

今年の出走メンバーを見ると
重賞で安定した成績を残しているリスグラシューや
前走牡馬相手の京都大賞典で2着と善戦したレッドジェノヴァあたりが出てきたのは嬉しいですが
GIを勝っている馬がアドマイヤリードと前年度覇者モズカッチャンの2頭だけというのは寂しい限り。
アドマイヤリードは昨年のヴィクトリアマイルを勝って以降は不振続きですし
モズカッチャンにしても今年は3戦して未勝利とイマイチな成績。

3歳馬に目を向けても三冠馬アーモンドアイが出てこない時点で
牝馬による古馬vs3歳馬の頂上決戦という図式は成り立たちません。
それでも秋華賞3着馬のカンタービレや前走紫苑Sを圧勝したノームコアあたりが
このメンバー相手にどこまでやれるのか?といった興味はありますし
何となく荒れそうな予感もするので馬券的には面白いレースと感じます。

そのためにも馬の仕上がり面は軽視できないので
追い切りを見て馬の良し悪しを把握しておきたいです。

最終追い切りでの調教時計と調教VTRから
独自の目線でABC順に評価しています。
A評価:
状態の良さそうな馬、前走から上積みがありそうな馬
B評価:
時計、動きとも悪くないけど特別良くも見えなかった馬
C評価:
動きに覇気がなく調子がイマイチなのでは?と思う馬

A評価:
カンタービレ
レッドジェノヴァ
ミスパンテール
B評価:
アドマイヤリード
リスグラシュー
ノームコア
ワンブレスアウェイ
モズカッチャン
スマートレイアー
ハッピーユニバンス
クロコスミア
フロンテアクイーン
ヴァフラーム
コルコバード
C評価:
エテルナミノル
レイホーロマンス
プリメラアスール

カンタービレ抜群の仕上がり!

A評価に推したのは3頭
カンタービレは栗東坂路での併せ馬。
終始馬なりでしたが4F54秒1-12秒4の時計をマークし先着。
併せ馬と言ってもパートナーとはかなり間隔を空けて走っており
実質単走追いのようでしたが馬場の真ん中をブレずに真っ直ぐ走り、
踏み込みの力強さ、ストライドの伸びともに申し分なく
これは文句なしのA評価。
1週前の追い切りでも栗東坂路で4F53秒4-12秒3の好時計
態勢は整った感じ。
好勝負が期待できそう。

レッドジェノヴァは栗東CWでの単走追い
こちらも馬場の真ん中を走り全くブレのない動き。
やや頭の位置は高いものの前脚の踏み込みの強さと
ストライドの伸びは申し分なく調子の良さが感じられる内容。
前走はサトノダイヤモンドには負けたものの
アルバート、シュヴァルグランといった牡馬の強豪に先着。
重賞見勝利馬ながら実力はかなりありそうで
一気のGI獲りも十分に可能な存在

ミスパンテールは栗東CWでの単走追い。
手綱は押さえ気味で最後まで馬なりのままでしたが
ゆったりとした走りながらもストライドの伸びはあり
この馬の調子の良いときの追い切りに近い動きでした。
1週前追い切りでも栗東坂路で良い動きでしたので
この馬もA評価としました。

リスグラシューはまずまず良い動き、モズカッチャンはブレの気になる走り

B評価の中ではアドマイヤリード、リスグラシュー、ノームコアの3頭が良く見えた。
アドマイヤリードは栗東CWでの3頭併せ。
2頭を前に置き折り合いをしっかりつけてから追い出し、
ゴール時点では遅れを取っていましたがゴール後交わすところまでやっていたので
厩舎の思惑通りの調教はできていたと思います。
1週前追い切りでも同じくCWで併せ馬をし4F51秒5-12秒1の好時計をマーク
2週続けて負荷の掛かった追い切りが出来ている事からも状態はかなり良いと感じます。
近走不振ですが軽視はできない存在。

リスグラシューは栗東坂路で併せ馬をして3馬身以上先着してゴール。
VTRが短く全体の動きがはっきりと見えるカットが少なかったのですが
動きの力強さは十分感じられました。
GI2着4回と実力的にはGIを勝ってもおかしくない馬ですが
イマイチ勝ち切れない印象の強い馬。
モレイラ騎手騎乗で勝利を手にしたいところ。

ノームコアは美浦南Wでの単走追い。
ストライドの伸びはまずまずで迫力もそこまで感じませんでしたが
素軽い動きで走りのフォームにもブレがないので
A評価にするにはインパクトが足りませんが状態は良いと感じます。

モズカッチャンは栗東坂路での2頭併せ。
力の差を見せて2馬身先着しましたが
馬体にブレがあり着地ポイントもバラバラで
何とも勿体無く感じる走り。
力強さは感じるので状態は悪いとは言わないが高評価はできない。

それ以外の馬は可もなく不可もなくといった感じ。
C評価にした3頭はいずれも走りに力強さを感じず
イマイチ仕上がっていない印象。

馬券予想の参考にしてもらえれば幸いです。
スポンサードリンク

東京11R 武蔵野ステークス

軸馬 ウェスタールンド

朝11時の段階で人気はサンライズノヴァが単勝オッズ2.9倍で1番人気
以下ウェスタールンド、ナムラミラクル、インカンテーションと続きここまでが単勝一桁台のオッズ
東京コースで5勝2着3回と抜群の安定感を誇るサンライズノヴァですが
昨年の武蔵野Sは1番人気で12着と敗れており去年の二の舞ということもなくはないかも。
ただそこまで荒れそうなメンバーでもないと思うので
ここはダートに路線変更して吉と出たウェスタールンドから入りたい。

芝で走っていた頃は1600万で足踏み状態だったウェスタールンド
1年4ヶ月の休養を経てダートで復帰した3走前で目を見張るような差し切り勝ち。
続く薩摩Sでも圧勝し1600万クラスをあっさり卒業。
勢いに乗って挑んだ前走GⅢシリウスステークスでは
直線で内の狭い所を縫うようにして伸びて来て2着。
勝ったオメガパフュームとは位置取りの差で負けたという印象で
スムーズに走っていたらウェスタールンドの方が先着していたと思います。
なのでここはウェスタールンドの必勝を期してこの馬から勝負したい。
買い目
三連複フォメ
15-4,10-3,7,12,13,16(10点)
三連単フォメ
15→4,10→3,4,7,10,12,13,16(12点)

京都11R デイリー杯2歳ステークス

軸馬 ドナウデルタ

朝11時の段階で人気はアドマイヤマーズが単勝オッズ1.5倍で断然の1番人気
以下ダノンジャスティス、ドナウデルタと続きここまでが単勝一桁台のオッズ
9頭立てと頭数は少ないですが良血馬が揃っていて
意外とオッズほど堅く決まらないと考えています。

軸馬に指名したのはドナウデルタ
父ロードカナロア、母ドナウブルーで叔母にジェンティルドンナがいるという良血。
新馬戦は2着に敗れたものの続く未勝利戦できっちり勝利。
競馬ぶりをみるとまだまだ幼さが残る走りですが
その分伸びシロが感じられる馬。
距離も1600mに伸びるのは好都合ですし馬場の広い京都コースならば
持っている能力をフルに発揮できそう。
相手はアドマイヤマーズ、ダノンジャスティスが有力ですが
この3頭では決まらないと思うのでヒモ荒れを期待して勝負してみたい。
買い目
三連複フォメ
4-3,8-1,7,9(6点)
スポンサードリンク

-予想, 追い切り診断