ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

予想 追い切り診断

マイルチャンピオンシップ2018、追い切り診断、東スポ2歳ステークスほか土曜のレース予想

ラジャカジャです。

マイルチャンピオンシップ2018の追い切り診断と
東スポ2歳ステークスほか土曜のレース予想をしていきたいと思います。

明日行われるマイルチャンピオンシップですが
土曜の8時の時点で人気はモズアスコットが単勝オッズ4.3倍で1番人気
以下アエロリット(5.9倍)、ペルシアンナイト(7.0倍)、ステルヴィオ(7.8倍)、
ロジクライ(8.1倍)、アルアイン(8.7倍)と続き
単勝ひと桁台のオッズの馬が6頭もいて大混戦の様相を呈しています。

9番人気のエアスピネルでも単勝10倍台のオッズになっているので
いかにも荒れそうな予感。
しっかり馬券的中に結びつけるためにも
追い切りで馬の状態をしっかり見ていきたいと思います。


スポンサードリンク

マイルチャンピオンシップ2018 追い切り診断

最終追い切りでの調教時計と調教VTRから
独自の目線でABC順に評価しています。
A評価:
状態の良さそうな馬、前走から上積みがありそうな馬
B評価:
時計、動きとも悪くないけど特別良くも見えなかった馬
C評価:
動きに覇気がなく調子がイマイチなのでは?と思う馬

A評価:
ステルヴィオ
ロジクライ
エアスピネル
アエロリット
B評価:
アルアイン
モズアスコット
ペルシアンナイト
ヒーズインラブ
ロードクエスト
ジャンダルム
カツジ
ミッキーグローリー
ウインブライト
ブラックムーン
レーヌミノル
レッドアヴァンセ
C評価:
ジュールポレール
ケイアイノーテック

アエロリット安定感ある走り

A評価としたのは4頭
ステルヴィオは美浦南Wでの3頭併せ
ラストは一杯に追われて5F69秒4-11秒9の好時計をマークし2頭に先着。
追われてからの反応が良くストライドもしっかり伸びており
申し分のない動き。
11日の日曜追いでは坂路で4F52秒1-12秒1の好時計を叩き出しており
GIに向けてしっかり仕上げられた印象。

皐月賞やダービーの時のように位置取りが後ろ過ぎると
差し届かずの競馬になる恐れがありますが
1枠1番に入ったので折り合いつけて中段くらいで内ラチに沿って走れれば
直線内から伸びてくるシーンが見られそう。
鞍乗はルメール騎手からビュイック騎手に乗り替わりとなりましたが
ビュイック騎手は過去にもJRAで騎乗して重賞を勝っていますし
今年の英ダービーを制するなど腕も一流なので
この乗り替わりはマイナスとは感じません。
勝つチャンスは十分にあると思います。

ロジクライは栗東坂路での単走追い。
終始馬なりで4F53秒9-12秒0の時計をマーク
ラチに沿って真っ直ぐに走り脚元の踏み込み&ストライドの伸びも申し分なし。
1週前追い切りでは同じく栗東坂路で51秒4-12秒2の猛時計をマーク
もう仕上がっているため最終は馬なり調整でしたが
それでもラスト12秒0を出してきているので状態は相当に良いと感じます。

5歳馬ですが約2年レースから遠ざかっていた時期があり
今年に入ってからやっと順調にレースに使われるようななってきた馬。
3歳時にシンザン記念を勝つなど実績のある馬でしたが
今年の夏を過ぎてからは重賞レースで3戦して【1,1,1,0】と地力が強化された印象。
鞍乗も先週土日で4勝を挙げたC.デムーロ騎手
人馬共に勢いに乗った状態で一気のGI制覇も十分に可能と思います。

エアスピネルは栗東坂路での2頭併せ。
ラストは強めに追われて51秒2-12秒5の好時計をマークし楽々先着。
6日(火)に微熱が出たと発表され体調面での不安も囁かれていましたが
VTRで見る限りいつものエアスピネルといった印象。
マイル重賞3勝を挙げGIでも2着2回と十分な実績を持っている馬。
昨年のマイルチャンピオンシップはハナ差でペルシアンナイトに差されての2着で
陣営としては是が非でも取りたいタイトルでしょう。
ローテ的にもひと叩きされて状態は良化していますし
京都マイルは5戦して【2,2,1,0】と全て3着以内と安定感は抜群。
それにも関わらず9番人気というのはかなり舐められすぎでしょう。
鞍乗は前走に引き続き福永騎手が騎乗。
GIでは3着というイメージの強い騎手ですが
今年の日本ダービーをワグネリアンで制していますし
ここでも勝つチャンス十分だと思います。

アエロリットは美浦坂路での単走追い。
終始馬なりでしたが4F50秒9-12秒8の好時計をマーク
VTRで見ても馬体は一切ブレず安定感ある走り。
脚元の踏み込みも力強いですし良く仕上がっている印象。
前走の毎日王冠は自分のペースで逃げて粘るキセキを突き離し、
迫るステルヴィオの追撃を完封。
正に強いの一言で今のアエロリットからは崩れるイメージが全く沸きません。
ひと叩きされて順調に良化している印象で
距離も得意の1600m戦に戻り鞍乗には”世界のムーア”が騎乗するとあって
2つ目のGI制覇に向けてやるべき事はもうないといった印象。

アルアイン、モズアスコットも順調な仕上がり

B評価の中ではアルアイン、モズアスコットの2頭が高評価。
アルアインは栗東坂路での2頭併せで余裕を持って先着。
秋3戦目となりますが調子落ちはなく順調に調整できている印象。
久々のマイル戦となりますが京都1600mで勝った実績もありますし
このフィールドでも十分に勝ち負けでしょう。

モズアスコットも栗東坂路での併せ馬で楽々先着。
ひと叩きされて順調に良化している印象。
安田記念を制した時は9番人気と人気薄での激走でしたが
今回は(おそらく)1番人気に支持されそうなので
今回勝てば文字通り「マイル王」として世間から認められるでしょう。
鞍乗は今最も勢いに乗っているルメール騎手。
やはり軽視はできません。

それ以外の馬では昨年の覇者ペルシアンナイトは最終追いでジャンダルムと併せ1馬身の遅れ。
動きはイマイチに見えたが1週前の追い切りは負荷の掛かった良い追い切りをしていたので
そこまで評価を落とす必要はなさそう。
前走重賞勝ちのミッキーグローリーも坂路で4F50秒9の好時計をマーク
素軽い動きを見せていたがその分パワーがあまり感じられなかったので
B評価に留めました。

逆にジュールポレール、ケイアイノーテックの2頭は
反応がイマイチで動きも重たい感じ。
普通の重賞戦ならいざ知らず
GIレースでこの動きとなるとマイナス評価せざるを得ない。
スポンサードリンク

東京11R 東京スポーツ杯2歳ステークス

軸馬 ホウオウサーベル

朝10時の段階で人気はルヴォルグが単勝オッズ3.1倍で1番人気
以下ヴェロックス、カテドラル、ホウオウサーベル、ヴァンドギャルドと続き
ここまでが単勝一桁台のオッズ。

このレースの過去10年の好走馬を見てみると
2009年 2着ローズキングダム(ダービー2着、菊花賞2着)
2010年 1着サダムパテック(皐月賞2着)
2011年 1着ディープブリランテ(皐月賞3着、ダービー1着
2012年 1着コディーノ(皐月賞3着)
2013年 1着イスラボニータ(皐月賞1着、ダービー2着)
2014年 1着サトノクラウン(ダービー3着)
2017年 2着スワーヴリチャード(ダービー2着)
2018年 1着ワグネリアン(ダービー1着
上記にあるように翌年のクラシックで馬券に絡む馬が続出しています。
ダービーを狙っている厩舎陣営からすると
ダービーと同じ東京コースで距離も1800mと手頃なこのレースが
「腕試しするには丁度良い」と考える陣営が多いのかもしれません。

今年に関しても来年のクラシックで活躍してくれそうな馬が集まってきていますので
「未来のダービー馬はどれか?」と想像しながら馬券を買ってみるのも悪くないでしょう。
その中で軸馬に推したのはホウオウサーベル
新馬戦は8月の新潟開催でしたが追ってからの伸びが1頭だけ違ってました。
ハーツクライ産駒ということもあってか反応よく鋭く伸びるという感じではないですが
トップスピードに乗れば追えばいくらでも伸びる印象で
直線の長い東京向きであることは間違いないでしょう。
スタートも悪くないですし鞍乗も前走に引き続きM・デムーロ騎手が騎乗。
厩舎の期待も高そうなのでこの馬から買ってみたいと思います。
買い目
馬連流し
12-3,5,7,9,15(5点)
三連複フォメ
12-7,15-3,5,7,9,15(7点)

京都11R アンドロメダステークス

軸馬 プラチナムバレット

このレースも人気が割れていて混戦模様
ここは近走凡走続きで人気落ちしているプラチナムバレットを穴で狙ってみたい。
3歳時に京都新聞杯を制しダービーに出てくればそれなりの人気にもなったと思いますが
その後骨折してしまい長期休養を余儀なくされました。
復帰後は5戦して馬券に絡んだのはOP特別での3着のみと
期待された割には結果が出せていません。

ただ3走前の都大路Sはハ行の影響で競馬になりませんでしたし
2走前の七夕賞は落馬しての競走中止。
前走の京都大賞典は11着とシンガリ負けでしたが
直線で左右にブレるなどしていたため騎手が上手く追えていませんでした。
(馬群に入ると他馬を怖がってしまう気性かもしれません)
こう振り返ってみるとそれなりに敗因がみなはっきりしていますし
今回はOP特別に戻っての一戦。
相手はより楽になりましたしサイモンラムセスが引っ張る流れならば
ペースも緩くはならず直線は場群もバラけるでしょう。
スタートは元々良い馬ですし枠も内目の良い所に入ったので
しっかり折り合いつけて競馬すれば最後は伸びてくると思います。
買い目
馬連流し
3ー4,8,11,12,13,14(6点)
三連複フォメ
3-11,14-4,6,8,10,11,12,13,14(13点)
スポンサードリンク

-予想, 追い切り診断