ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

予想 追い切り診断

チャンピオンズカップ2018、追い切り診断、チャレンジカップ2018ほか土曜のレース予想

ラジャカジャです。
今日から師走に入りましたが
まだそこまで寒くならないですね。
今週の天気予報でもまだ最高気温が20度を超える日があるみたいなので
今年は暖冬なのでしょうか。

因みに今日の天気も一日晴れで気温も18度くらいまで上がるので
外出するには丁度いいですね。
もちろん競馬観戦するのにも最適だと思いますが。

さて、前置きはこのくらいにしてさっそく
チャンピオンズカップ2018追い切り診断と
チャレンジカップ2018ほか土曜のレース予想をしていきたいと思います。

チャンピオンズカップは人気上位確実だったゴールドドリームが直前で
出走回避を表明。
調教後に歩様が乱れたとかで大事をとってのキャンセンルらしく
問題がなければ暮れの東京大賞典には出る予定だとか。
ルヴァンスレーヴとの再戦を楽しみにしていたので残念ですが
馬券的には荒れる可能性が出てきたので予想のし甲斐のあるレースになったかと思います。

また今日の中山メインGⅡステイヤーズステークスに出走予定だった
アルバートですがレース当日になって急遽の出走取り消しとなりました。
理由は良く分かりませんがかなり急な発表ですね。
これでレースレベルがぐっと下がりとても重賞レースとは言えないような
低メンバー構成となってしまいましたね。
まあその分荒れる可能性は高まりましたが
当てるのは難しくなりました。
今日は当たるかな~?

スポンサードリンク

チャンピオンズカップ2018 追い切り診断

最終追い切りでの調教時計と調教VTRから
独自の目線でABC順に評価しています。
A評価:
状態の良さそうな馬、前走から上積みがありそうな馬
B評価:
時計、動きとも悪くないけど特別良くも見えなかった馬
C評価:
動きに覇気がなく調子がイマイチなのでは?と思う馬

A評価:
ケイティブレイブ
サンライズソア
サンライズノヴァ
B評価:
ミツバ
パヴェル
ウェスタールンド
アポロケンタッキー
インカンテーション
オメガパフューム
ヒラボクラターシュ
アンジュデジール
C評価:
アスカノロマン
<評価不能>
ルヴァンスレーヴ
ノンコノユメ
センチュリオン

ケイティ絶好調!

今回A評価に推したのは
ケイティブレイブ、サンライズソア、サンライズノヴァの3頭
ケイティブレイブは栗東坂路での単走追い。
終始馬なりで4F53秒6-12秒6の時計をマーク
脚元の踏み込み&ストライドの伸び共に申し分なく
馬なりながらも迫力のある動きで状態はかなりそうさそう。
今年は交流戦を含めて重賞4勝と大活躍。
しかも前走ではずっと勝てていなかった中央で勝利をあげるなど
「強いのは交流戦だけ」という看板を見事に打ち破りました。
ただ今回はあまり好走実績のない左回りのコースだけに
主戦の福永騎手がどう乗るかに注目でしょう。

サンライズソアは栗東坂路での2頭併せ
終始楽な手応えでパートナーに半馬身先着。
やや首の位置は高いと思うものの脚元の踏み込みは力強く
軽快なリズムで走れており調子は良さそう。
この馬も今年は交流戦を含め重賞2勝と活躍。
中京コースは今回が初めてですが
同じ左回りの東京コースは5戦して3着以内が4回と好走しているので
おそらく適正はあるでしょう。
距離も問題ない上に先行できる脚質で
鞍乗もモレイラ騎手ですから期待値は高そう。

サンライズノヴァは栗東坂路での2頭併せ。
土曜のチャレンジカップに出走予定のダンビュライトと併せ
3/4馬身先着してゴール。
十分に折り合いをつけて併せ馬をした後
ラストは強めに追われてしっかり先着した。
この馬も中京コースは初めてですが
東京コースで6勝挙げており同じ左回りのコースならば
十分実力を発揮できると思います。
1400m~1600mを主戦場にしている馬ですが
1800m戦でも勝利した実績がありますし
3連勝と勢いもあるのでここは勝ち負けに加わってくるのでは?と思います。

外国馬パヴェルもまずまず良い動き

B評価の中で評価したいのはミツバとパヴェル
ミツバは栗東坂路での単走追い。
首の位置が低く身体全体を上手く使った理想的なフォーム。
リラックスした走りで気分良く走れている印象。
実力的にここでは1枚足りない感じですが
前走の惨敗で思った以上に人気が落ちているので
軽視は禁物でしょう。

パヴェルは中京ダートコースでの単走追い。
キャンターに毛が生えた程度の軽い内容でストライドの伸びはイマイチですが
脚元の踏み込みはしっかりしていてパワーはあるように感じました。
ダートの本場アメリカで今年GIを勝っていますし
前走ブリーダーズカップは約3ヶ月ぶりのレースで
そこから1ヶ月弱で今回使って来ているので今回の方が状態は良いかもしれない。

3歳馬オメガパフュームは栗東坂路での2頭併せ
直線半ばから追いっぱなしでしたがパートナーに半馬身の遅れ。
走りのバランスは悪くないですが追ってからの反応は鈍く
仕上がりは甘い印象。

その他の馬は可もなく不可もなくといった感じ。
美浦から参戦するルヴァンスレーヴ、ノンコノユメ、センチュリオンの
調教動画は濃霧で撮影できず時計も計測できなかったため
キャンターや輪乗りの動画に差し替えられており
評価不可とします。
スポンサードリンク

阪神11R チャレンジカップ

軸馬 ステイフーリッシュ、マルターズアポジー

開幕週の馬場ということで逃げ・先行馬が有利なのは明白。
逃げたい馬が複数いますがおそらく逃げるのはマルターズアポジーかと思います。
この馬はハイペースで飛ばして逃げたい口の馬なので
行ききってしまえばしぶとい競馬をするので
ここも粘って3着くらいはあると思うので狙って見たい。

ステイフーリッシュも先行できる脚質なので
前から4~5番手あたりの位置で競馬できれば面白いと思います。
3歳馬で斤量的な恩恵もありますし重賞を勝っている馬ですので
狙って面白そう。
買い目
ワイドフォメ
1,10-8,9(4点)
三連複フォメ
1,10-8.9-1,3,8,9,10(9点)

中山11R ステイヤーズステークス

軸馬 ララエクラテール、カレンラストショー

アルバート回避でどの馬が勝ってもおかしくない大混戦のレースに様変わりしました。
当たる自信はほぼないですが折角の重賞レースですから
参加料程度に勝負したい。
狙ったのはララエクラテール、カレンラストショーの2頭
ララエクラテールは前走準OPでも負けているくらいの格下馬ですが
2600mで2勝挙げており距離適正はかなりありそう。
関西からの遠征馬で鞍乗に戸崎騎手を乗せていることからも
それなりに色気を持っての参戦ですからこのメンバーならば通用する可能性ありそう。

カレンラストショーもOPに上がってからは伸びあぐねている印象の馬ですが
母父ダンスインザダークという事からして距離延長が吉とでる可能性ありそう。
この距離なので間違いなくスローペースになるでしょうから
前に行ける脚質というのは魅力。
買い目
ワイドフォメ
6,7-2,12(4点)
三連複BOX
2,6,7,12(4点)
スポンサードリンク

-予想, 追い切り診断