ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

予想 追い切り診断

日経新春杯2019、ほか日曜のレース予想

ラジャカジャです。
日経新春杯2019ほか日曜のレース予想をしていきたいと思います。
その前に土曜のブログ予想の結果ですが3戦1勝でした。

「今日の鉄板馬」
京都11R 羅生門ステークス

ワイド 1580円的中!(3点予想)
三連複 7990円的中!(13点予想)

軸馬イシュトヴァーンが見事1着に来て
ワイド、三連複のダブル的中!

2番人気サヴィが5着に沈み、人気薄だったクライシスが3着に入ったことで
三連複は79倍と思った以上につきました。

京都10R、中山11Rと立て続けに連敗しましたが
結果的にはこの1レースで収支はプラスに転じました。

ただ惜しかったのは中山11RフェアリーS
軸馬に推したホウオウカトリーヌ、グレイスアンが共に馬券に絡んでいるのに
不的中という馬券下手を見事に披露してしまった。
レースが終わった直後は当たったと思って喜んでいたのですが
払い戻し確定しても配当が入金されていないので
おかしいと思って買い目を確認してみたら勝ったフィリアプーラはヒモに入っていませんでした。
予想をするときに事前に書いていたメモ用紙の買い目にはフィリアプーラの馬番は書いていたので
これは完全に買い忘れてしまった系・・・
三連複94倍ついていただけに「アホすぎるわ・・・」と茫然自失に陥っていました。

まあ結果的にプラス収支にはなりましたが
買い目を間違えないようにしっかりチェックしていきたい。


スポンサードリンク

日経新春杯 追い切り診断

まず予想に入る前に追い切り診断をやっていきたい。

昨日の重賞フェアリーSでは
追い切り診断でA評価に推した2頭のうちの1頭ホウオウカトリーヌが2着に入線。
調教VTRで見た限り「(状態面では)この馬が抜けている」と感じましたので
4番人気でしたが妥当とも言うべき結果。

もう1頭A評価に推したサンタンデールも先行力を活かして
勝ち馬と0秒2差の6着と健闘。
15番人気という低評価を覆す走りを見せました。

追い切りの見方は人それぞれだと思いますが
「自分の見方も悪くないな」と思える昨日の結果でした。

今日も何とか馬券に絡む馬をチョイスできるようじっくりチェックしていきたい。

最終追い切りでの調教時計と調教VTRから
独自の目線でABC順に評価
A評価:
状態の良さそうな馬、前走から上積みがありそうな馬
B評価:
時計、動きとも悪くないけど特別良くも見えなかった馬
C評価:
動きに覇気がなく調子がイマイチなのでは?と思う馬

A評価:
ガンコ
ノーブルマーズ
シュペルミエール
B評価:
ルックトゥワイス
マサハヤドリーム
グローリーヴェイズ
エーティーサンダー
ウインテンダネス
ケントオー
メイショウテッコン
ダッシングブレイズ
アイトーン
ロードヴァンドール
ムイトオブリガード
C評価:
アフリカンゴールド
評価不可
サラス

ガンコ、ノーブルマーズは良く仕上がっている

サラスのみ調教VTRを確認できなかったので評価不可としたが
それ以外の馬はチェックでき、みなそれなりに仕上げて来ている印象。
その中でA評価に推したのは3頭

ガンコは栗東坂路での単走追い。
馬なりでラストは少し気合をつける程度の動きで
4F54秒5-12秒0の好時計をマーク
馬場の中央を真っ直ぐに走っており馬体にブレがないですし
脚元の踏み込みは力強くストライドの伸びも十分。
先週の金曜日も栗東坂路で4F53秒0-12秒2の時計をマークしており
これはかなり良い仕上がり。

ノーブルマーズは栗東CWでの3頭併せ
雪が降りしきり画面で見るだけでも寒さが伝わってくる。
3頭の1番外を走りゴール時点では併入もゴール後にステッキを入れて
気合をつけると一気に加速し2頭を突き放した。
追われてからのストライドの伸びは素晴らしく
状態面でケチをつけるところはない。

シュペルミエールは美浦坂路での単走追い。
ラストは強めに追われて4F52秒9-12秒1の好時計をマーク
飛びの大きい馬で走りが非常にダイナミック
頭の位置が高く手前も替えずに走っていたが
ここまで迫力満点の動きをされると評価をせずにはいられない。

以上の3頭が個人的に良く見えた。
B評価の中ではルックトゥワイスが素軽い動きを見せていて好調そうに感じた。
人気になっているグローリーヴェイズ、ムイトオブリガードは
共にこじんまりしている印象で悪くもないが良くもないという感じ。

マイナス評価にしたのはアフリカンゴールド
栗東CWの3頭併せで2頭に大きく遅れを取った。
直線で何度もムチを入れたが反応していないので
この出来ではちょっと厳しいと思う。
スポンサードリンク

京都11R 日経新春杯

軸馬 ガンコ、ノーブルマーズ

11時の段階で人気はグローリーヴェイズが単勝オッズ3.1倍で1番人気
以下ムイトオブリガード、シュペルミエール、メイショウテッコン、アフリカンゴールド、
ルックトゥワイスと続きここまでが単勝一桁台のオッズ。

1番人気が単勝3倍台ですし単勝オッズ一桁台が6頭もいるレースで非常に大混戦。
ここは思い切って穴馬から勝負してみたい。

軸馬に推したのはガンコ、ノーブルマーズの2頭
いずれも追い切り診断でA評価に推した馬ですが
ガンコは昨年の日経賞を勝っていますし
ノーブルマーズも昨年の宝塚記念で3着に入るなど実績的に見ても
ここでは見劣りしません。

また昨日の京都の芝コースを見ても非常に時計が掛かっており
パワーを要する馬場になっているので重馬場で好走実績がある両馬にとっても
チャンスは十分あると感じます。
なのでこの2頭のうちのどちらかは馬券に絡むという感じで馬券を組み立てていきたい。
相手には追い切りで良く見えたシュペルミエールとルックトゥワイスを重視
ヒモには人気のグローリーヴェイズとムイトオブリガード
逃げ脚質のメイショウテッコン、ロードヴァンドールを押えたい。
買い目
ワイドBOX
5,7,10,11(6点)
三連複フォメ
7,11-5,7,10,11-2,5,7,10,11,12,15,16(24点)

「三連単で勝負!」
中山11R ニューイヤーステークス

軸馬 サーブルオール、ショウナンアンセム

前走OP特別で2着のサーブルオールは七夕賞、エプソムカップといった重賞でも
4着しておりこの中では実績的に1枚抜けている。
今回は久々の1600m戦となりますがマイル戦でも勝ち鞍があるので
この距離短縮は問題にならなでしょう。
鞍乗のルメール騎手は昨日未勝利だったので今日は巻き返してきそうですし
ここは当然勝ち負け。

ショウナンアンセムは重賞では振るいませんでしたが
OP特別での勝利がありますし前走のキャピタルSも勝ち馬と0秒1差の4着と僅差でした。
逃げ先行脚質で中山1600mでも勝ち鞍がありここは首位争いが望めそう。

勝つのはこのどちらかだと考え1着固定のフォーメーションで勝負してみたい。
買い目
三連単フォメ
3,6→3,6,7,9→2,3,4,6,7,9,12(30点)

「今日の鉄板馬」
中山12R 4歳以上1000万円以下

軸馬 センテリュオ

前走現級戦で2着しこのクラス卒業のメドがたったセンテリュオ
相手関係をよく吟味したうえでの中山遠征であり
ここは連軸として信頼ができそう。
相手は少し難しいがセンテリュオは上がりの脚もしっかりしているので
馬券に絡むのはこの馬より前で競馬できるタイプの馬と思う。
それを加味した上で馬券を組み立てたい。
買い目
三連複1頭軸流し
8-2,4,6,10,11,13(15点)
スポンサードリンク

-予想, 追い切り診断