ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

予想 追い切り診断

根岸ステークス2019、シルクロードステークス2019、追い切り診断、日曜のレース予想

ラジャカジャです。
今日は根岸ステークス2019、シルクロードステークス2019に出走予定の馬の
追い切り診断日曜のレース予想をしていきたいと思います。
その前に土曜のブログ予想ですが3戦2勝でした。

中京11R 愛知杯
三連複 9010円的中!(15点予想)
ワイド 1500円、2790円ダブル的中!(7点予想)

「今日の鉄板馬」中京12R 知立特別
三連複 8020円的中!(13点予想)

愛知杯は軸馬に推した4番人気ランドネが3着に入り三連複が的中。
更に8番人気ワンブレスアウェイから流したワイド馬券も的中し
配当的に満足いくものでまさに会心の勝利でした。
また「今日の鉄板馬」に選んだ中京12R知立特別でも
軸馬に推したデルタバローズが3着に入り三連複が的中。
単勝オッズ1倍台の馬を軸馬にしていましたが
7番人気、8番人気の馬が馬券に絡み
思った以上に配当がつきました。
(毎回コレくらいの配当で的中してくれると嬉しいのですが・・・)

何とか今日も高配当の馬券を当てて土日プラスで終わりたい。


スポンサードリンク

根岸ステークス 追い切り診断

昨日の愛知杯では追い切り診断で唯一A評価に推した
ランドネが3着に入線。
B評価の中でも高評価だったワンブレスアウェイが1着入線するなど
相変わらず好調な追い切り診断。

今日の重賞レースについても馬券に絡む馬をチョイスできるよう
しっかりジャッジしていきたい。

最終追い切りでの調教時計と調教VTRから
独自の目線でABC順に評価
A評価:
状態の良さそうな馬、前走から上積みがありそうな馬
B評価:
時計、動きとも悪くないけど特別良くも見えなかった馬
C評価:
動きに覇気がなく調子がイマイチなのでは?と思う馬

A評価:
モーニン
マテラスカイ
B評価:
ノボバカラ
サンライズノヴァ
キタサンミカヅキ
コパノキッキング
ケイアイノーテック
ラブバレット
クインズサターン
ユラノト
レッドゲルニカ
クロスケ
C評価:
サトノファンタシー
ヤマニンアンプリメ
メイショウウタゲ
評価不可
ワンダーリーデル

モーニン、マテラスカイ状態の良さ光る

出走予定馬16頭のうちワンダーリーデルのみ調教VTRがなかったので
この馬は評価不可とします。
状態の良さそうな馬は結構いましたが
その中でA評価に推したのはモーニンとマテラスカイ

モーニンは栗東坂路での単走追い。
馬場の真ん中を走ってラストは強めに追われて
4F51秒2-12秒0の好時計をマーク
脚元の踏み込みはとても力強くて着地ポイントもずれておらず安定感がある。
1週前追い切りでも栗東坂路で4F51秒6-12秒2の好時計をマークしていますし
2週続けて負荷をかけた追い切りが出来ている事からも
状態はかなり良いと見ます。
本番はフェブラリーSだと思うが抜かりなく仕上げて来ている印象で
これは文句なしにA評価。

マテラスカイは栗東坂路での2頭併せ
パートナーを1馬身ほど先行させる形でスタートしていたが
馬なりのまま並びかけゴール時では1馬身ほど先着した。
余裕を持ったままの走りでしたが脚元の踏み込みは力強く
素軽い動きをしており状態の良さが感じられる動き。
併せた馬は目一杯追っておりこれとの比較だけでも
仕上がりの良さは歴然としている。
ほぼ追ってない状況で4F51秒7-12秒1の好時計をマークしていますし
1週前追い切りでも同じく栗東坂路で4F50秒7-11秒9の猛時計をマーク
完全に仕上がっていると見てこちらも文句なしのA評価。

サンライズノヴァ、コパノキッキングとも上々の動き

B評価の中では順位をつけるとするならノボバカラがトップ。

ノボバカラはいつも坂路で好時計を出す馬ですが
今回も4F50秒3-12秒5と素晴らしい時計をマーク
実際VTRで動きをチェックしても多少馬体は右に向いているが
脚元のバランスは安定しており回転力もあって力強い走り。
ラストは少し疲れた印象ですがそれでも全体的な動きは素晴らしく感じました。
成績を見ると手を出しにくいですが追い切りだけで見ると
いつか走って来そうな予感はする。

サンライズノヴァは栗東坂路での2頭併せ
ラストは目一杯に追われて3/4馬身先着してゴール
毎度調教ではそこまで良く見せない馬ですが今回も同じような感じ。
追ってからの反応もまずまずですしこの馬なりに順調に来ている印象。

コパノキッキングは栗東CWでの単走追い。
直線のストライドの伸びは申し分なく脚元の踏み込みも力強い。
馬の動きだけを見ればA評価にしても良かったが
手前を替えずに最後まで走っていたのが気になりB評価に留めた。

ユラノトは栗東坂路での単走追い
終始馬なりで軽めの調整といった感じ。
1週前に同じく栗東坂路で4F50秒3-12秒5と
きっちり負荷をかけた追い切りをやっているので
陣営はもう仕上がったと見て最終は軽く流す程度に留めた印象。
脚元のバランスは良いが頭を極端に下げるシーンが何度かあり
クセでそうしているのか分からないがちょっと気になった。

キタサンミカヅキは船橋競馬場での2頭併せ
コーナー付近で離されかけたが軽く追うとすぐに追いつき
直線は余裕のある手応えのままアタマ差先着してゴール。
気配は良く普段通りの力は出せそう。

ケイアイノーテックは栗東坂路での2頭併せ
前半の動きは平凡に映ったが右手前になってからは動きが良くなり
3馬身程先着してゴール
今回が初ダートでその適正がどうか?問われるところだが
右手前になってからの動きを見ると左回りよりは
右回りの方が良いように感じる。
ただ動きそのものは悪くない。

ラブバレットは美浦南Wでの単走追い。
しばらく右側を向いて走っており
最後まで手前を替えずに走る等マイナス面はあるが
追い出してからの動きはまずまずだった。

クインズサターンは栗東坂路での単走追い。
脚元の踏み込みは力強く回転力も十分。
ただステッキを入れてもあまり反応しなかったのは気がかり。
状態はこの馬なりに良いと感じるが。

レッドゲルニカは美浦南Wでの2頭併せ
折り合い重視の調教という感じで終始馬なりでクビ差先着。
パートナーを抜かせなかったのは評価するが
ストライドはやや狭めでインパクトには欠ける内容。

クロスケは美浦南Wでの単走追い。
気分良く走っている印象も走りに力強さを感じず。
調子が悪いとは思わないが・・・

サトノファンタシーは栗東CWでの単走追い。
ブリンカーをしているのにも関わらずかかり気味で
逆にラストはムチを入れて合図を送っても反応しなかった。
走りのバランスも良くなく仕上がり途上か。

ヤマニンアンプリメは栗東坂路での単走追い。
追い出されてから着地ポイントが乱れる等バランスが悪く
こちらも仕上がり途上といった印象。

メイショウウタゲは栗東坂路での単走追い。
全体的に動きが固く脚元の踏み込みも弱い。
調子がいいとは思えずここでは厳しそう。

総評としてはモーニン、マテラスカイの2頭が抜けて良く見えるものの
それ以外の人気馬も順調に来ている印象。

シルクロードステークス 追い切り診断

A評価:
ダノンスマッシュ
B評価:
リョーノテソーロ
ペイシャフェリシタ
サイタスリーレッド
セイウンコウセイ
トウショウピスト
アンヴァル
アレスバローズ
ナインテイルズ
フミノムーン
キングハート
ビップライブリー
ダイメイプリンセス
ティーハーフ
ラインスピリット
ラブカンプー
C評価:
該当馬なし
評価不可
エスティタート
ライトフェアリー

ダノンスマッシュは完璧と言える仕上がり

頭数18頭のうちエスティタート、ライトフェアリーは調教VTRがないので評価不可。
どの馬も良く仕上がっておりマイナス評価とする馬はいませんでした。
その中でA評価に推したいのはダノンスマッシュ

ダノンスマッシュは栗東坂路での単走追い
終始馬なりで軽めの追い切りも脚元の踏み込みは力強く
馬体にブレもなく安定感のある走り。
1週前追い切りで同じく栗東坂路で4F49秒9-12秒2の猛時計を出しており
既に馬体は仕上がっている印象。
最終の動きを見ても懸念すべき点は見つからず完璧に仕上がっていると感じる。
これは文句なしにA評価。

リョーノテソーロ上積み感じる動き、ラブカンプーは微妙

B評価の中ではリョーノテソーロが好印象。

リョーノテソーロは美浦南Wでの単走追い。
直線に入ってから軽く仕掛けた程度でしたが
馬は目一杯ストライドを伸ばし活気ある走り。
脚元の踏み込みも力強くゴール後も追われるなど負荷をかけていました。
今月に入ってこれが3レース目
しかも今回は連闘で再び関西に輸送しての競馬なので
馬にはかなり負担がかかっているハズですが
動きは更に良くなっている印象。

ペイシャフェリシタは美浦坂路での単走追い。
脚元の動きはやや固く映るがストライドの伸びは十分にあり
脚元の踏み込みは力強い。
休み明けをひと叩きされて状態は上がってきている印象。

サイタスリーレッドは栗東CWでの単走追い。
ストライドの伸びはそこまでないが
リズム良く走れており状態は悪くはなさそう。

セイウンコウセイは美浦南Wでの単走追い。
直線でのストライドの伸びはまずまず。
バランスよく軽快なリズムで走れているので
状態は良いと感じる。

トウショウピストは美浦坂路での単走追い。
終始馬なりでしたが素軽い動きを見せ
脚元の踏み込みも力強く好調さが感じられる動き。

逆にちょっと心配なのはラブカンプー
栗東坂路でダイメイプリンセスとの2頭併せで3/4馬身の遅れ
ラストはかなり強めに追っているものの
ほぼ馬なりのダイメイプリンセスに追いつけなかった。
馬に活気はあるが脚元の着地ポイントも乱れており
人気ほどの信頼はなさそう。

それ以外の馬は動きともに平凡で
これといったインパクトは感じず。

総評としてはダノンスマッシュが仕上がり面でも頭一つ抜けている印象で
ラブカンプーは思ったより仕上がっていない印象。
スポンサードリンク

東京11R 根岸ステークス

軸馬 マテラスカイ、モーニン

11時の段階で人気はサンライズノヴァが単勝オッズ2.9倍で1番人気
以下サンライズノヴァ、コパノキッキング、ユラノト、マテラスカイと続きここまでが単勝一桁台のオッズ

東京コースで無類の強さを誇るサンライズノヴァと
現在3連勝と勢いに乗るコパノキッキングあたりが人気になっているものの
重賞で好走実績のある馬は多数いて波乱もありそうな組合せ。

その中で軸馬に推したのは追い切り診断でA評価に推した
マテラスカイとモーニンとしたい。

マテラスカイは逃げてナンボの馬ですが
メンバーを見る限り無理なくハナを切れそうですし
4走前のプロキオンSでのレコード勝ちしたことを踏まえると
左回りの1400m戦が1番適正があるように思います。
あの勝ちっぷりを見るとどんなに強い差し馬が出てきても
勝つ可能性は高いと思います。

モーニンに関しては2016年のフェブラリーSを制した紛れもないGI馬ですし
同年の根岸Sを制しているのでコース適正も高いと思います。
フェブラリーSを勝って以降は期待とは裏腹に凡走するレースも続きましたが
昨年はコーラルS、コリアスプリントを勝つなど実力は衰えていません。
前走のJBCスプリントでも直線で良い脚を使って4着と善戦。
今回は更に直線の長い東京コースに替わりますし
この馬自身ダートの1400m戦は5戦して4勝2着1回のパーフェクト連対。
折り合いをつけて差す競馬に徹すれば好成績を残す可能性は高いです。

相手には人気上位馬のサンライズノヴァ、コパノキッキングを対抗軸とし
ヒモでユラノト、ケイアイノーテック
大穴でノボバカラを押さえたい。

正直クインズサターン、キタサンミカヅキあたりも気になるのですが
さすがにここまで手を広げると買い目が多くなってしまうので切ります。
(三連複で20点以上の買い目にはしたくない)

馬券はマテラスカイ、モーニンのどちらかは馬券に絡むという感じの
三連複フォーメーションで買ってみたい。
買い目
三連複フォメ
6,16-6,11,12,16-2,4,6,11,12,14,16(19点)

「今日の鉄板馬」
京都11R シルクロードステークス

軸馬 ダノンスマッシュ

12時の段階で人気はダノンスマッシュが単勝オッズ2.6倍で1番人気
以下ラブカンプーが4.6倍で続きこの2頭が単勝一桁台のオッズ。

1200m戦に矛先を変えてから2勝2着1回と安定感が増したダノンスマッシュ
重賞勝ちは前走の京阪杯が初めてでしたが
その時に負かした2着馬ナインテイルズが次走OP特別を勝利
3着馬ダイアナヘイローも次走阪神カップで勝利するなど
非常にレベルの高いメンバー相手に勝利していることからも
ここでの1番人気というのは妥当なところでしょう。

それを踏まえた上での追い切り診断でこの馬だけA評価という判断でしたので
軸馬は迷いなくこの馬でいいでしょう。
素直に相手探しの一線と考えます。

逆に人気になっているラブカンプーは追い切りを見る限りそこまで良くは見えなかったので
思い切って消します。
買い目
馬連流し
2-1,7,14,16(4点)
三連複フォメ
2-7,16-1,6,7,8,9,13,14,16,17(15点)

「三連単で勝負!」
東京10R 早春ステークス

軸馬 ヘリファルテ、ララエクラテール

東京芝2400mは3戦して負けなしのヘリファルテ
鞍乗にルメール騎手を乗せてきており
前回のような凡走はなさそう。

ララエクラテールは前走はGⅡステイヤーズSに格上挑戦し6着
スタミナは十分の馬で今回は自己条件に戻っての一戦。
切れる脚はないので早めに動いて粘り込むレースをすれば
今回のメンバーならば実力的に足りるとみます。
買い目
三連単2頭軸マルチ
7,8-1,2,3,4,11(30点)
スポンサードリンク

-予想, 追い切り診断