ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

予想 追い切り診断

フラワーカップ2019、ファルコンステークス2019ほか土曜のレース予想

ラジャカジャです。
フラワーカップ2019、ファルコンステークス2019ほか
土曜のレース予想をしていきたいと思います。

その前にちょっと競馬小話。
現時点での騎手リーディングについて
上位5傑は以下のとおり。
1位 川田将雅   34勝
2位 C・ルメール 29勝
3位 武豊     29勝
4位 M・デムーロ 26勝
5位 岩田康誠   22勝

リーディング争いを語るのはまだまだ早いですが
川田騎手が2位以下に5勝の差をつけてリーディングトップ。
また勝率、連対率、複勝率別成績の上位3傑を調べて見ても
勝率
1位 M・デムーロ 239.
2位 川田将雅   238.
3位 C・ルメール 206.
連対率
1位 川田将雅   441.
2位 C・ルメール 390.
3位 M・デムーロ 358.
複勝率
1位 C・ルメール 560.
2位 川田将雅   559.
3位 O・マーフィー500.
(*騎手リーディング上位20人に限定)

と外国人騎手相手に堂々と渡り合っている印象。
特に今はルメール騎手は騎乗停止中ですし
M・デムーロ騎手は以前と比べて人気馬(1番人気)に騎乗する回数が
減ってきていますので信頼度は少し低下している印象もあるので
川田騎手が更に差を広げる可能性が高そう。

川田騎手というと毎年リーディング上位に名を連ねていますが
騎乗数が他の騎手と比べて少ないのがネックで
年間の勝ち星も頑張って100勝前後という感じでした。
ただ今年に関しては先週までで143回の騎乗数で
このままのペースで乗り続ければ年間で670鞍程度騎乗する計算。
これは昨年(561回)、一昨年(592回)を凌ぐペースですし
今の勝率を維持したまま勝ち続けたとすれば
年間で160勝程度勝ち星を挙げられることになるので
この数字ならば十分リーディング騎手になる可能性はあると思います。

GI時期になればモレイラやらムーアやら海外のトップ騎手が乗りに来ますので
その分有力馬の騎乗は減るかもしれませんが
初の騎手リーディングを目指して頑張ってもらいたい。


スポンサードリンク

中山11R フラワーカップ

予想に入る前にこのレースの追い切り診断を書いておくと

A評価
エールヴォア
B評価
ジョディー
レオンドーロ
アイリスフィール
ランブリングアレー
シャドウディーヴァ
エフティイーリス
コントラチェック
マルーンベルズ
フラル
ミモザイエロー
C評価
該当馬なし
*メイショウハナグシ、ルタンブルは調教VTRがないので評価不可

A評価に推したエールヴォアは
栗東坂路での単走追い。
終始馬なりも4F51秒8-12秒5の好時計をマーク
馬体にブレもなく安定した走りで脚元の踏み込みに躍動感があった。
ここが本番ではないものの十分に仕上がっている印象。

B評価の中では
ジョディー、レオンドーロが好印象。

ジョディーは美浦ポリトラックの併せ馬で先着。
軽い内容ですが頭の位置は低くて走りのバランスは良い。

レオンドーロは美浦坂路での併せ馬
着地ポイントが定まっておらずバランスはイマイチだが
ストライドの伸びは申し分なく迫力もあった。

アイリスフィールはバランスの良い走りで
馬の気合い乗りも良くまずまず仕上がっている印象。

ランブリングアレーはいかにも線が細くて非力に映るが
最後手前を替えてからもうひと伸びしているので
やる気は十分といった印象。

シャドウディーヴァは併せ馬で先着したが
後脚にあまり力強さを感じない。
全体のバランスはまずまず良いが。

エフティイーリスは美浦南Wでの3頭併せで併入。
前半の動きは平凡だったが追ってから走りのフォームが良くなった。
この馬なりに順調にきている感じ。

コントラチェックは折り合い重視の調教内容で
やや掛かり気味な印象。
この調教がレースに活かせれば好結果も出ると思うが・・・

マルーンベルズは併せ馬で併入。
まずまず動けてはいるがストライドの幅は狭い。

フラルは頭の位置が高い走法。
脚元の踏み込みは力強くて迫力はあったが
この走法でスタミナがどこまで持つのか。

ミモザイエローは併せ馬で併入。
馬に活気はあったが口を何度も開けたりしていて
ハミがあっていない様子。
あまりパッとしない印象。

本命はエールヴォア

追い切りの動きを見て本命としたのはエールヴォア
前走エリカ賞では牡馬相手に鮮やかな逃げ切り勝ち。
3着に下したタガノディアマンテが次走きさらぎ賞で2着したことから
この馬も重賞級の力を秘めていると思います。

前走は逃げましたが逃げないと駄目というワケではないですし
スタートの上手い馬なのでM・デムーロ騎手であっても
無難にスタートを切ってくれると思います。

今回が初の中山競馬になりますが
関東遠征自体は2走前に経験していますし
前走4ターンの阪神2000mで結果を出しているので
それと近い中山1800mでも問題なく走れるでしょう。
枠も極端な内、外ではないので不利も受けにくいと思いますし
不安要素も少なそうなのでこの馬から勝負してみたい。

相手は難しいが中山1800mで好成績を残している
ディープインパクト産駒のランブリングアレーと
ハーツクライ産駒のシャドウディーヴァの2頭を重視。
三連複はこの2頭を相手の軸にして手広く流す感じで勝負。
買い目
馬連流し
7-1,2,3,8,9,10(6点)
三連複フォメ
7-2,10-1,2,3,4,8,9,10,11,12(15点)

中京11R ファルコンステークス

こちらのレースについても先に追い切り診断について書いてみると
評価は以下の通り。

A評価
該当馬なし
B評価
ハッピーアワー
グルーヴィット
イッツクール
ドゴール
ヴァッシュモン
ジャパンスウェプト
ザイツィンガー
ダノンジャスティス
ローゼンクリーガー
ジャカランダシティ
C評価
シングルアップ

*ニューホープ、ショウナンタイガ、スタークォーツ、
ブリングイットオンの4頭は調教VTRがなかったので評価不可とします。

これまで重賞レースの追い切り診断を見てきたが
A評価に該当する馬がいなかったのはあまり記憶にない。
それくらい今回のメンバーでは良く見えた馬が少なかった。

B評価の中でいくとハッピーアワーとグルーヴィットの2頭が上位評価。

ハッピーアワーは頭の位置が高いのが気になるが
素軽い動きを見せているし活気も十分。
状態の良さが感じられる。

グルーヴィットも坂路での併せ馬でしっかり先着。
バランス良く動きも滑らかでまずまず仕上がっている印象。

イッツクールは美浦の3頭併せで最後は強めに追って2馬身先着。
動きは力強くて良いが動きが固い。

ドゴールは折り合い重視の内容で
ラストは軽く合図を送ったがクビ差の遅れ。
ストライドはまずまず伸びており
この馬なりに順調にきている印象。

ヴァッシュモンは坂路での2頭併せ
併せた馬が一杯におっても伸びず
鞍乗がどうしたのか?と2度ほど振り返ったりしていたが
この馬自身はしっかり折り合って最後まで集中して走っていた。
とは言え負荷はあまり掛かっていない調教だった。

ジャパンスウェプトは軽快な走りを披露していたが
頭の位置は高めでストライドの伸びはやや固い。

ザイツィンガーは馬場を真っ直ぐに走っていて
バランスは良い。
ただ脚元の踏み込みは甘めであまり力強さを感じない。

ダノンジャスティスは脚元の踏み込みは力強かったが
頭の位置が左右にぶれておりバランスの悪い走り。

ローゼンクリーガーは脚の運びがぎこちなくて
ストライドがしっかり伸びていない。
馬に活気はあるが・・・

ジャカランダシティは脚元の踏み込みは力強いが
頭の位置が高くて上下のバランスがずれて見える。
仕上がりは甘めな印象。

シングルアップはポリトラックコースでの追い切りも
動きが緩慢で鈍い印象。
力が上に抜けた走りで鞍乗が押しても
反応がイマイチだった。
良い所が何一つ見えなかったので
これはマイナス評価をつけたい。

本命はハッピーアワー、ローゼンクリーガーの2頭

追い切りでこれといった馬を見つけられなかったので
少々難しいが
このレースは過去7年で馬券に絡んだ21頭のうち
13頭は前走重賞に出走していた馬でした。
今回このデータに該当しているのは
前走シンザン記念5着のハッピーアワー
前走がGI阪神JFだったローゼンクリーガーの2頭しかいないので
このどちらかは馬券に絡むと見て軸馬に据えたい。

相手も荒れると見込んで人気薄の馬を中心に選んで
軽く勝負してみたい。
買い目
三連複フォメ
4,15-2,4,8,12,15ー2,4,5,8,11,12,13,15(30点)
スポンサードリンク

「今日の鉄板馬」
中山12R 4歳以上500万円以下

軸馬 リフトトゥヘヴン

現級で2着2回3着1回の成績を残しているリフトトゥヘヴン
休み明け初戦は10着と惨敗したが前走は逃げて2着と好走
改めてこのクラスで力上位を証明した形となりました。
叩き3戦目となる今回は更に状態が上がっていると思いますし
前走のような積極的な競馬をすればおのずと結果はついてくると思います。
買い目
馬連流し
7-3,9,10,13(4点)
三連複フォメ
7-9,10-1,3,4,9,10,11,12,13,14(15点)

「三連単で勝負!」
阪神10R なにわステークス

軸馬 ヒロシゲゴールド

新馬戦を勝った後はずっと勝ちきれずにいた馬ですが
成長を促す意味で長期の休養を取ったのが大正解。
休み明け2戦目で勝利を挙げると続く1000万クラスも
2着以下に3馬身以上の差をつける圧勝劇。
2レースとも逃げて圧勝というレースで
鞍乗に武豊騎手が乗っていることから
今回も単騎での逃げが見込めそう。

1600万クラスに上がって更にメンバーは強くなりましたが
ここもクリアできると思うので頭固定の三連単で勝負してみたい。
買い目
三連単フォメ
15→4,7,10,12→2,4,5,7,8,10,11,12,13(32点)
スポンサードリンク

-予想, 追い切り診断