ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

予想 追い切り診断

スプリングステークス2019、阪神大賞典2019、追い切り診断、レース予想

ラジャカジャです。
スプリングステークス2019、阪神大賞典2019の追い切り診断と
日曜のレース予想をしていきたいと思います。

その前に土曜のレース予想ですが
4戦3勝でした。
中山11R フラワーカップ
三連複 1400円的中!(15点予想)
中京11R ファルコンステークス
三連複 3660円的中!(30点予想)
「三連単で勝負!」
阪神10R なにわステークス
三連単 7670円的中!(32点予想)

フラワーカップは1番人気エールヴォア軸で三連複的中も
2番人気コントラチェックが勝って人気通りの決着。
ただ当てたというだけのレースでした。

ファルコンステークスも思っていたよりは固めの決着。
3着4着が入れ替わっていたら三連複でも400倍以上ついていたので
ちょっと残念な結果。

「三連単で勝負!」のなにわステークスは
軸馬ヒロシゲゴールドが圧勝し
2着はテーオージーニアスが粘るところを
ニホンピロタイドがハナ差で差してくれて的中!
(テーオージーニアス2着なら外していました)
しかし武豊が逃げると本当に誰も競りかけていかないな。

「今日の鉄板馬」に押した中山12Rは
軸馬リフトトゥヘヴンが4着に敗れ不的中。
直線で外に出そうとするものの外にいた馬に閉められ
内を突いて伸びてきましたがクビ差届きませんでした。
2着に人気薄フラワーストリームが来ていただけに
3着に来ていれば三連複200倍以上の配当が手に出来ていたので
非常に悔しい結果。

重賞の追い切り診断では
フラワーカップで唯一A評価に押したエールヴォアが2着
ファルコンステークスはA評価診断の馬はいませんでしたが
B評価の中で上位評価に挙げたハッピーアワー、グルーヴィットが
それぞれ1,2着に来たので
相変わらず追い切り診断のジャッジは好調と言えそう。

今日も馬券的中できるようしっかり予想していきたい。


スポンサードリンク

中山11R スプリングステークス

追い切り診断の評価については以下の通り

A評価
ロジャーバローズ
シークレットラン
B評価
リバーシブルレーン
コスモカレンドゥラ
ヒシイグアス
ニシノカツナリ
ファンタジスト
フィデリオグリーン
カラテ
タガノディアマンテ
クリノガウディー
ディキシーナイト
エメラルファイト
ゲバラ
C評価
該当馬なし
*ユニコーンライオン、リーガルメインは調教VTRがないため評価不可

A評価はロジャーバローズ、シークレットランの2頭

皐月賞のトライアルレースという事で
各馬しっかり仕上げて来ている印象でマイナス評価にした馬はいませんでした。
その中でA評価に推したいのはロジャーバローズと
シークレットランの2頭。

ロジャーバローズは栗東坂路での2頭併せ
脚元の踏み込みは力強く手応えは楽なままクビ差の先着。
全体時計53秒5は普通だがラスト2Fは12秒3-12秒2の
好ラップを踏んでいるのは好印象。
脚元の捌きも上手く加速してからも楽な手応えで走れているのが良い。
舌を出して走っているのは気になるが
仕上がりは万全と見てA評価に推す。

シークレットランは美浦南Wでの2頭併せ
しっかり折り合いをつけてから鞍乗が促すと即座に反応。
目一杯にストライドを伸ばして1馬身以上の差をつけてゴール。
フォームも安定しているし状態の良さが伝わってくる追い切り。
これは文句なしにA評価。

B評価ではリバーシブルレーン、
コスモカレンドゥラが好印象

B評価に推した中ではリバーシブルレーン、
コスモカレンドゥラの2頭が上位の評価。

リバーシブルレーンは美浦坂路での単走追い。
馬場を真っ直ぐに走り脚元の踏み込みも力強い。
手前を替える時に多少ヨレたのと時計が平凡なのとで
B評価に留めたが状態はかなり良いと感じる。
人気はなさそうだが軽視できない1頭。

コスモカレンドゥラは美浦南Wでの併せ馬
ラストはステッキを入れて目一杯に追って半馬身先着。
首の位置も低くて綺麗なフォーム。
ストライドも伸びていましたし良い状態でレースに望めそう。

ヒシイグアスは美浦南Wでの2頭併せ
ラストは強めに追われたがクビ差の遅れ。
そこまで強く追っていなかったですし
併せた馬は今日の中山6Rで1番人気に支持されているブーザーという馬で
いつも調教掛けするタイプなのでそこまで気にしなくてもいいでしょう。
ストライドもまずまず伸びていましたしこの馬なりに順調にきている印象。

ニシノカツナリは美浦南Wでの3頭併せ
直線はストライドを目一杯に伸ばして2頭を交わしそのままゴール。
非常に活気があるが首の動きが固くてバランスはイマイチ。
ゴール後は首の固さがとれてフォームが良くなった。
この動きが最初から出来ればレースに行っても面白い。

ファンタジストは栗東坂路での単走追い。
ラストは強めに追われて4F50秒1-12秒1の好時計をマーク
1週前追い切りでは4F51秒1-11秒7
2週前追い切りでも4F50秒7-12秒2と好時計を連発。
時計だけで判断すれば文句なしにA評価なのだが
調教VTRを見ると手前を替える下手な馬で
追ってからの反応も鈍かったので個人的には平凡な動きに見えた。

フィデリオグリーンは美浦ポリトラックでの併せ馬。
終始馬なりで併せた馬を問題にせず先着。
ダイナミックな動きでストライドの幅もあって良い。
ポリトラックでやっているのは気になるがこの馬なりに順調に来ている印象。

カラテは美浦南Wでの併せ馬で先着。
終始楽な手応えで走りのバランスも安定している。
欲を言えば首の使い方がもう少しスムーズならば尚良いが
この馬も順調にきている印象。

タガノディアマンテは栗東坂路での2頭併せ
ラストはステッキを入れるなど強めに追われたが
反応は鈍くパートナーに先着を許した。
ただ迫力ある動きは出来ており仕上がりはまずまずといったところ。

クリノガウディーは栗東坂路での単走追い。
多少馬体にブレはあるがまずまずの安定感で
脚元の踏み込みも力強い。
ただあまり負荷はかかっていない印象で時計も平凡。

ディキシーナイトは美浦南Wでの併せ馬
終始馬なりで手応え楽なままアタマ差先着。
ストライドの伸びもまずまずあるし
順調に調整されてきている印象

エメラルファイトは美浦南Wでの併せ馬
ラストは強めに追われたが詰めきれずクビ差の遅れ。
多少動きが鈍いように感じるが活気はすごくあるので
まずまず仕上がっている印象。

ゲバラは美浦南Wでの2頭併せ
何となく動きが固く見えたが合図を出してからの反応は素早く
さすがはディープ産駒という感じ。
まだまだ成長途上という印象も仕上がりは悪くなさそう。

本命はロジャーバローズ、シークレットランの2頭

レース予想ですが本命は追い切り診断でA評価に推した
ロジャーバローズ、シークレットランのどちらかは馬券に絡む
という考えでいきたい。

ロジャーバローズは今回が関東へ初の遠征となるので
輸送と初めての1800m戦がカギとなりそう。
ただ先行できる脚質ですし道中スムーズに折り合えれば
実力的には十分通用すると思うので期待したい。

シークレットランは前走京成杯で4着に敗れましたが
ペースが一気に上がった4コーナー手前で置かれてしまったのが敗因で
最後は良く詰めて来ているので展開が違えば頭まであったように思います。
スムーズな競馬があればこのメンバーでも十分勝ち負けと思うので
こちらも期待したい。

相手には中山コースで2連勝中のヒシイグアスを重視。
ひょっとしたらこの馬が逃げるかもしれないが
ハイペース、スローペースといずれも違う流れで連勝してきており
1番凡走が少ないタイプに思える。

以下ファンタジスト、クリノガウディー、コスモカレンドゥラの3頭と
穴馬候補としてユニコーンライオン、リバーシブルレーン、タガノディアマンテ
まで押えたい。
買い目
三連複フォメ
13,15-8,13,15-1,2,3,6,8,11,12,13,15(19点)

阪神11R 阪神大賞典

こちらの追い切り診断については以下のとおり

A評価
ステイインシアトル
B評価
カフジプリンス
ヴォージュ
シャケトラ
アドマイヤエイカン
コルコバード
ロードヴァンドール
ソールインパクト
リッジマン
ケントオー
C評価
サイモンラムセス

A評価はステイインシアトル

全馬11頭調教VTRが見れました。
その中で今回A評価に推したいのはステイインシアトル

ステイインシアトルは栗東CWでの併せ馬
直線に入ったところでは5頭が一列に並んで
まるで5頭併せのようになっていた。
直線に入っても終始楽な手応えで先頭に立ち
その後突き放し半馬身ほど先着してゴール。
バランスの良い走りで走りも軽快。
休み明けを1度叩かれてグンと良くなった印象。

シャケトラ上積みある動き

B評価の中ではカフジプリンス、ヴォージュ、
シャケトラが上位評価。

カフジプリンスは栗東坂路での2頭併せ
ラストは強めに追われてアタマ差先着。
走りのバランスは良く脚元の踏み込みも力強かった。
時計も4F51秒1-12秒3の好時計。

ヴォージュは栗東坂路での単走追い。
ラストは強めに追われていたがバランスは安定していて
脚元の踏み込みも力強い。
引き続き好調をキープしている印象。

シャケトラは栗東CWでの3頭併せ
終始馬なりで楽な手応えのまま走りきり先頭でゴール。
ストライドもしっかり伸びていて動きだけならばA評価にしても良かったが
途中口を開けて舌を出すシーンが見られたのは懸念材料。
その後の走りに影響はなさそうだったので問題ないと思うが
その部分だけ割り引いてのB評価とした。

アドマイヤエイカンは栗東CWでの併せ馬
ラストは強めに追って1馬身の先着。
鞍乗の動きに機敏に反応できており仕上がりは悪くなさそう。

コルコバードは美浦南Wでの3頭併せで先着。
ゴール後一杯に追われて更に突き放した。
3000mという距離を考えると最終追いで負荷を掛けすぎな気もするが
動きは良い。

ロードヴァンドールは栗東CWでの2頭併せ
他厩舎の馬と併走する形になりラストは一杯に追われて先着した形。
こちらも長距離戦としては負荷を掛けすぎた印象だが
馬自身は活気があって状態は良さそう。

ソールインパクトは美浦南Wでの2頭併せ
ゴール時点ではアタマ差遅れをとったがゴール後に差し返していた。
ストライドの伸びはまずまずでこの馬なりに順調に来ている印象。

リッジマンは栗東CWでの単走追い。
直線に入って手前を替えるのにもたついたが
替えてからは動きもスムーズ。
順調に調整されている印象。

ケントオーは栗東坂路での単走追い。
馬の多い時間帯で込み合っており馬も少々走りにくそう。
ラスト13秒2も掛かっていたのはそのせいもあるかもしれないが
総じて平凡な動きに映った。

サイモンラムセスは栗東坂路での単走追い。
馬体にブレが見えバランスが悪い。
ラストも13秒かかっておりあまり状態は良いとは思わない。

シャケトラの相手探しのレース

レース予想ですがここは人気でもシャケトラの軸は動かしようがないでしょう。
前走は13ヶ月ぶりのレースでいきなりの重賞制覇。
しかも菊花賞馬フィエールマンやダンビュライト(次走で京都記念を制覇)といった
骨っぽい相手に勝っているのですし、
今回は距離が長くなるとは言えメンバーはかなり楽になりましたので
ここは陣営としても勝って連勝を飾りたいところでしょう。

なので素直にこの馬を軸に据えたい。

相手には追い切りで良く見えたステイインシアトルと
ヴォージュとカフジプリンスを重視。
そこからヒモ荒れを狙って流す感じの馬券で勝負してみたい。
買い目
馬連&ワイド流し
10-4,7,8(各3点)
三連複フォメ
10-4,7,8-2,9,11(9点)

「三連単で勝負!」
中山10R 千葉ステークス

軸馬 クイーンズテソーロ

前走ジャニュアリーステークスで連勝が4でストップした
クイーンズテソーロですがハイペースで差し馬有利の流れだったので
その中で4着に粘れたのは力のある証拠。
まだまだ伸びシロのある馬と思うので
頭固定の三連単馬券で勝負してみたい。
買い目
三連単フォメ
4→7,10,11,12→2,7,8,11,12,13,14,15,16(32点)

「今日の鉄板馬!」
阪神12R 4歳以上1000万円以下

軸馬 テイエムグッドマン

現級勝ちがあり1600万クラスでも馬券に絡んだ過去があるテイエムグッドマン
近走の成績を見ても勝つのは時間の問題でしょう。
ここも連は外さないと見てこの馬から勝負してみたい。
買い目
三連複フォメ
9-11,12-2,4,5,7,8,10,13(14点)
スポンサードリンク

-予想, 追い切り診断