ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

予想 追い切り診断

大阪杯2019、追い切り診断、ほか土曜のレース予想

ラジャカジャです。
今日は大阪杯2019に出走予定の馬の追い切り診断
ダービー卿チャレンジトロフィーほか
土曜のレース予想をしていきたいと思います。

また今日の夕方過ぎにはドバイワールドカップデーの予想もアップする予定でいます。
アーモンドアイを始め日本馬がどこまで活躍できるか見ものです。


スポンサードリンク

大阪杯2019 追い切り診断

大阪杯の追い切り診断は以下の通り

A評価
エポカドーロ
ペルシアンナイト
B評価
ステルヴィオ
マカヒキ
ダンビュライト
ブラストワンピース
エアウィンザー
ステイフーリッシュ
サングレーザー
キセキ
ムイトオブリガード
アルアイン
ワグネリアン
C評価
スティッフェリオ

エポカドーロ、ペルシアンナイトは完璧に仕上がった印象

出走馬14頭全て調教VTRで動きをチェックできました。
GIだけあって各陣営仕上げて来ている印象。
その中で追い切り診断A評価に推したいのは
エポカドーロとペルシアンナイト

エポカドーロは栗東CWでの2頭併せで2馬身先着。
追ってからの反応が素早くストライドの伸び&脚元の踏み込み共に
迫力満点の動き。
前走とは明らかに違う動きで今回はひと叩きされて
馬に身が入った印象。
好勝負できそう。

ペルシアンナイトも栗東CWでの2頭併せ
直線では他厩舎の馬とも重なり4頭併せのような形になったが
馬は気にする素振りはなく走りに集中している。
ラストもほぼ馬なりに近い動きでしたが
目一杯追う同僚を尻目に楽々先着。
ストライドの伸び首を低くした走りのフォームなど
見ていてホレボレするくらい。
文句なしのA評価。

ステルヴィオ好気配

追い切り診断B評価の馬の中ではステルヴィオが最上位の評価
ステルヴィオは美浦南Wでの3頭併せ
2頭の真ん中で折り合いをつけさせ
ラストだけ強めに追って併入。
1週前追い切りで負荷を掛けた調教を行っていたので
馬体は既に出来上がっている印象。
かなり良い状態でレースに挑めそう。

マカヒキは栗東坂路での単走追い
時計は出ているし走りのフォームも安定していて
状態は良さそう。

ダンビュライトは栗東坂路での2頭併せ
終始馬なりで楽な手応えのまま先着。
この馬なりに順調に来ている印象。

ブラストワンピースは美浦南Wでの2頭併せ
ラストは目一杯に追って先行していた僚馬に併入。
頭の位置が終始高くて推進力が上手く伝わっていない走りに映る。
馬の活気はすごく伝わってくるので状態は悪いとは感じないが
追ってからの伸びも今ひとつな印象。

エアウィンザーは栗東CWでの3頭併せ
終始楽な手応えで馬なりのまま併入。
1週前追い切りで負荷のかかった良い調教をしていたので
最終追いは調整程度の動きに留めた印象。

ステイフーリッシュは栗東坂路での2頭併せ
追ってからの反応が鈍く併せた馬の鞍乗が後を振り返るなどしていたが
トップスピードに乗ってからは良い加速を見せクビ差先着してゴール。

サングレーザーは栗東坂路での単走追い。
4F58秒7-12秒7の時計が示すように
アップ程度の軽い追い切り。
馬はリラックスした走りでしたが
それ以外は特に何も印象には残らなかった。
*浅見厩舎は日曜日追いが主流なので
最終追いはいつもこんな感じ。
因みに日曜追いでは栗東坂路で4F50秒4-12秒4の好時計をマーク
ラスト2Fは24秒1(11秒7-12秒4)の猛時計を出しており
休み明けでも状態は仕上がっていると見て良さそう。

キセキは栗東CWでの単走追い。
頭の位置は高めもストライドの伸びは十分にあり悪くない。
ただ右手前で走っている時の方がフォームが良いので
左回りのコースの方が合っているのかもしれない。

ムイトオブリガードは栗東CWでの3頭併せ
何度も手前を替えて走っていて落ち着きのない印象。
最後左手前に変えてからはガチっとして良いフォームになり
ラストの伸びは素晴らしかった。

アルアインは栗東坂路での2頭併せ
併せた馬がチラチラとアルアインを見ながら走っていたが
アルアインは全く気にする素振りすらなく自分の走りに集中。
時計も4F52秒0-2F24秒6(12秒6-12秒0)の好時計。
悪くない動き。

ワグネリアンは栗東坂路での単走追い。
脚元がバタバタしていて手前を替える時もあまりしっくりいっていない感じ。
1週前追い切りでは負荷の掛かった良い追い切りをしていたので
状態が悪いという事はないと思うが
この動きはちょっと気になる。

スティッフェリオは栗東坂路での2頭併せ
目一杯に追ったが終始馬なりのダンビュライトに付いていけず
1馬身の遅れ。
この出来では今回は厳しいのでは?と思う。
スポンサードリンク

ダービー卿チャレンジトロフィー 追い切り診断&レース予想

ダービー卿チャレンジトロフィーの追い切り診断については以下の通り

A評価
マルターズアポジー
B評価
ドーヴァー
マイスタイル
ダイアトニック
ロードクエスト
プリモシーン
ダイワキャグニー
キャプテンペリー
ヤングマンパワー
フィアーノロマーノ
カツジ
ギベオン
エイシンティンクル
ヒーズインラブ
C評価
該当馬なし
*ジョーストリクトリ、ハクサンルドルフ

マルターズアポジー好仕上がり

出走馬16頭中14頭は調教VTRで動きをチェックできました。
その中で今回A評価に推したのはマルターズアポジー

美浦南Wでの3頭併せで先着。
コーナーの入りでは頭の位置が傾いているなど
バランスの悪さも感じたが直線に入ってからの
ストライドの伸びは素晴らしく追ってからの動きも迫力満点。
馬にもやる気が漲っていて近走成績不振ですが
今回は期待が持てそう。

B評価の中ではドーヴァー、マイスタイル、
ダイアトニックあたりが上位の評価。

ドーヴァーは多少バランスが悪いが脚元の踏み込みは力強く
馬に活気があって好印象。

マイスタイルは併せ馬で先着。
他馬を気にせず自分のリズムを刻み続けて最後まで集中した走り。
まさに名前の通りの走り。

ダイアトニックは栗東坂路での単走追い。
バランスの良い走りで脚元の踏み込みも力強い。
1週前追い切りでも4F51秒3-2F24秒0(11秒9-12秒1)の好時計をマークしており
状態は良さそう。

ロードクエストは力強い走りで活気もあるが
走りがやや固い。

プリモシーンは美浦南Wでの3頭併せで先着。
最後は負荷を掛けた追い切りをしていて動きもまずまず。

ダイワキャグニーは美浦南Wでの2頭併せ
長い併せ馬を敢行していて内容のある調教をしていた。
ただ馬の動きは平凡。

キャプテンペリーは美浦南Wでの単走追い。
フォーム、ストライドともにまずまずの動きも
馬の活気はそれほど感じなかった。

ヤングマンパワーは美浦南Wでの2頭併せ
頭の位置は高く脚元もバタバタしていたが
根性を見せてパートナーに先着したのは良かった。

フィアーノロマーノは栗東坂路での単走追い。
脚元の踏み込みは力強く迫力のある走り。
時計も出ており悪くないがバランスはいまいちで
フォームが安定していない。

カツジは栗東CWでの単走追い。
追ってからの反応は素早くキビキビした動き。
ただストライドの伸びはイマイチ。

ギベオンは何故か芝での単走追い。
リラックスして走れているが負荷はほとんど掛かっていない印象。

エイシンティンクルは栗東坂路での単走追い。
脚元の力強さはそれなりにあるがバランス悪い。

ヒーズインラブは栗東CWでの単走追い。
ステッキを入れて促すも反応はイマイチ。
時計は出ているが状態がそこまで良いと感じない。

軸馬はマルターズアポジー

オッズは割れていて難解なレースという印象ですが
追い切りで最も良く見えたマルターズアポジーを軸馬に据えたい。
おそらく単騎で逃げるでしょうからラストどこまで粘れるか?
という競馬になると思いますが
追い切りの動きを信頼して粘れると見てこの馬から勝負したい。
買い目
単勝&複勝
3(各1点)
三連複フォメ
3-2,12-総流し(27点)

「今日の鉄板馬」
中山12R 4歳以上1000万円以下

軸馬 ゲンパチカイナル

ゲンパチカイナルの前走は直線で先頭に立ち後続を突き放す走りでしたが
ジュンスターホースの大外一気の強襲にあってハナ差の2着に惜敗。
とは言えこのレースでクラス卒業のメドがたった感じですし
叩き3戦目でほぼ出来も万全となれば取りこぼす可能性はかなり低いでしょう。
人気に応えてくれると見てこの馬から勝負したい。
買い目
馬連流し
16-1,2,4,12,14(5点)
三連複フォメ
16-1,12-1,2,4,6,7,8,12,13,14(15点)
スポンサードリンク

-予想, 追い切り診断