ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

レース回顧

新潟記念2016、アデイインザライフが差し切り勝ち!競馬ニュース

ラジャカジャです。
先週の重賞レース回顧並びに今週の予定と
競馬関連のニュースを書いていきたいと思います。

今自宅の方をリフォームしている最中で
それが完了したら自室を2階の6畳から1階の16畳に移動します。
今の部屋には物が多くて狭い思いをしているので
早く広々とした部屋に移って快適な空間で生活したいです。

38f537f465d9b791bce7ca27f1d47113_s
写真はイメージです(笑)


スポンサードリンク

重賞レース回顧

まずは先週の重賞レースを振り返りたいと思います。

新潟記念2016
勝ったのは2番人気のアデイインザライフでした。
追い切りでは抜群の動きを見せていましたが久々のレースだったのと
1600万からの格上挑戦で「正直どうかな・・・」と思っていたのですが
鮮やかな大外一気の差し切り勝ちでした。
メイショウナルトが前半の1000mを58秒5のハイペースで飛ばしたこともあって
差し馬向きの流れではありましたがしっかり差し切ったところは
鞍乗の横山典騎手のペース判断の見極めの良さも出たと思います。
オマケにこのレースの勝利で横山典騎手は史上4人目のJRA全10場重賞制覇を達成したそうです。
ただ単に長く騎乗しているだけではこの記録は達成できませんから
久々に重賞で横山典騎手の存在感を見せ付けてくれたレースでした。
2着には1番人気のアルバートドックが差してきて2着に入りました。
前走といい戸崎騎手に乗り替わってから安定感が増した印象があります。
GIではどうかと思いますがGⅡ、GⅢならば実力上位の存在といってもいいかもしれません。
期待したメイショウナルトは単騎逃げを打ったのはいいのですが気分良く行き過ぎましたね。
直線では早々とバテテいましたので「逃げ切りか惨敗か」という逃げ馬らしい負け方でした。
もう1頭期待したファントムライトは見せ場は作るものの6着に敗退。
前走より間違いなく状態はアップしていましたが上位に絡むまでは行きませんでした。
次に期待したい。
人気上位馬ではダコールが16着と大敗したのは意外でした。
内目を通って先行策を取ったのが裏目に出た感じ。
正直鞍乗はM・デムーロ騎手ではなく小牧騎手のままの方が良かった気が・・・

006

小倉2歳ステークス2016
こちらは1番人気レーヌミノルが圧勝。
4コーナー手前で馬なりのまま先頭に立つと直線では後続を一気に突き放し
終わってみれば2着以下に6馬身差をつける圧勝でした。
勝ちタイム1分8秒0というのは昨年シュウジがマークした時計より0秒9も速く
過去10年で見ても2番目に速い優秀な時計。
ダイワメジャー産駒ならば距離が伸びても良さそうですし
暮れの阪神ジュベナイルFに出てくれば有力馬の1頭に挙げられそう。
2連勝で来ていたクインズサリナは明らかな実力負け。
2着、3着に来たダイイチターミナル、カシノマストも産駒的に見て、
距離が伸びても対応は出来そうなので今後の伸びシロ次第では重賞レースで勝ち負けできるかもしれません。

札幌2歳ステークス2016
勝ったのは5番人気のトラスト
川崎競馬所属の地方馬ですが「マイネル軍団の総帥岡田繁幸オーナーの馬なので
コスモバルクやプレイアンドリアルの時のように中央でずっと使われる公算が高いでしょう。
単騎で楽に逃げられたのが最大の勝因でしょうが後続に2馬身半の差をつけて勝ったのは
実力に他ならないでしょう。
キタサンブラックのようになる可能性も秘めていると思います。
単勝2.0倍の高い支持を受けていたタガノアシュラは位置取りが後ろ過ぎましたね。
新馬戦の時みたく先行策を取っていれば違う結果になっていたかもしれませんが
今更言っても後の祭りですね。
2、3着にブラックオニキス、アドマイヤウイナーといったこれまた人気薄が絡んだことから
今年の札幌2歳ステークスはそれほどレベルは高くなかったのかもしれません。
先週もブログ予想は全敗でした。
もう笑うしかないですね・・・

004

今週の予定

今週から中山・阪神の2場開催となります。
重賞レースは土曜日に中山で「紫苑ステークス
日曜日に中山で「京成杯オータムハンデキャップ
阪神で「セントウルステークス」が開催されます。
注目はセントウルステークスに出走するこの馬でしょう。
(馬名はAの欄)

競馬 ブログランキングへ

左回りでは圧倒的な強さを発揮する同馬ですが今回は右回りな上、
5ヶ月ぶりのレースとなります。
果たして状態はどうか?など気になる点は多いですがGI馬として迎える
最初のレースだけに取りこぼしはしたくありませんね。

スポンサードリンク

競馬ニュース

戸崎圭太騎手 JRA通算600勝達成!
先週日曜の第1Rで1番人気ロジムーンに騎乗して達成。
先週は土日で7勝の固め打ちで新潟リーディングを獲得したばかりか
今季のJRA勝ち星も135勝に伸ばしリーディングトップを独走中。
もう誰も止められないくらいに勢いが増している様子。
年間200勝もいけるかもしれませんね。
因みに川田騎手はあと1勝でJRA通産1000勝なので来週達成できるのではないでしょうか。

・武豊騎手JRA通算20,000回騎乗達成!
日曜小倉1Rでベルウッドカペラに騎乗しJRA史上初の通算20,000回騎乗を達成。
凄いとしかいいようがない。

・夏の新潟・小倉・札幌リーディングが決まる
新潟リーディングは20勝を挙げた戸崎騎手
小倉リーディングは17勝を挙げた川田騎手
札幌リーディングは18勝を挙げたルメール騎手がそれぞれ獲得しました。
戸崎騎手は終始リードしての余裕の勝利でした。
川田騎手は浜中騎手との熾烈な争いを制しての獲得。
ルメール騎手はモレイラ騎手と4勝差あったのを最終日で逆転しての獲得でした。
こうしてみると今最も勢いのある騎手が獲得したなという印象です。

・サマー2000シリーズ2016チャンピオンはアルバートドック
今年で11回目を迎えたサマー2000シリーズのチャンピオンは最終戦の新潟記念で2着し
通産ポイント15ポイントとしたアルバートドックに決定。
馬主の(株)G1レーシングに3200万円、須貝尚介厩舎には800万がJRAより贈られます。

今週11日(日)にフランス・シャンティイ競馬場で行なわれるニエル賞(GⅡ)に
マカヒキが出走します。
凱旋門賞制覇を目論む同馬からすればここは勝って当然だと思いますが
個人的も全力で応援したいです。
また同日に韓国で行われる韓国国際競争に日本馬4頭が出走予定です。
コリアカップ(韓国GI)1800mダート 1着賞金約5040万円
クリノスターオー
クリソライト
コリアスプリント(韓国G1)1200mダート 1着賞金約3528万円
グレープブランデー
ミリオンヴォルツ
日本馬のレベルの高さを韓国の競馬ファンに見せつけてやりましょう。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スポンサードリンク

-レース回顧