ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

重賞展望

セントウルステークス2016,出走予定、予想オッズ、ビッグアーサーの取捨は?

ラジャカジャです。
今日は日曜阪神で行われる短距離戦
セントウルステークス2016を見ていきたいと思います。
出走予定馬、予想オッズなどから狙える馬はどれか?見ていきたいと思います。
今年の高松宮記念を制したビッグアーサーの秋初戦となりますが
休み明けで状態はどうなのか?気になるところですね。
ca09e713dd91e40b13b0c099c5912ff2_s
セントウルとはギリシャ神話のケンタウロスを英語読みしたものだそうです。

スポンサードリンク

出走予定馬

出走予定馬(登録馬)は14頭で馬名と斤量、騎乗予定騎手は以下のとおりです。
セントウルS2016出走予定馬アットウィル 56.0 古川吉洋
アースソニック 56.0 岩田康誠
ウリウリ      54.0 M.デムーロ
エイシンブルズアイ56.0 石橋脩
スノードラゴン 57.0 川田将雅
ダンスディレクター56.0 浜中俊
ティーハーフ 56.0 未定
ネロ      56.0 内田博幸
ビッグアーサー 58.0 福永祐一
マイネルエテルネル56.0 和田竜二
メイショウライナー56.0 未定
ラヴァーズポイント54.0 松田大作
レッドアリオン 56.0 武豊
ワキノブレイブ 56.0 未定

注目は何といってもビッグアーサーでしょう。
それまで重賞で惜敗続きだった同馬ですが前走で一気にGI馬の称号を手にしました。
今回はそれ以来5ヶ月ぶりのレースとなりますが
どんな走りを見せてくれるのか大注目でしょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

予想オッズ

続いて予想オッズですがこちらは毎度ながらnetkeiba.comから拝借しますと
人気上位馬と予想オッズは以下のようになっています。
ビッグアーサー   2.0倍
ダンスディレクター 3.9倍
ネロ        5.9倍
エイシンブルズアイ 7.3倍
ウリウリ      8.9倍
スノードラゴン   16.4倍
アットウィル    30.9倍
やはり人気はビッグアーサーがトップですね。
2番人気にはそのビッグアーサーを前走負かしているダンスディレクター
夏競馬で実績を残したネロが3番人気と
これまでの実績が重視された人気順になっていますね。

005

スポンサードリンク

有力馬紹介

ビッグアーサー
前走の高松宮記念では直線で先に抜け出したミッキーアイル
外から並ぶ間もなく交しさっての快勝でした。
時計も1分6秒7のレコードを叩き出し現役最強のスプリント王と言っていいでしょう。
今回はその時に戦ったミッキーアイルがいませんし
休み明けでもメンバー的には負けられない組み合わせだと思います。

ダンスディレクター
そのビッグアーサーに前走のシルクロードステークスで勝っているのがこの馬。
重賞勝ちはこの時の1勝のみですが短距離戦では安定した成績を残しています。
今回は1月のレース以来7ヶ月ぶりのレースなのでこの後のスプリンターズSを見据えた仕上がりになると思いますが
2走前の阪神カップでも5ヶ月ぶりのレースで2着しているので
休み明けでも好走実績はあります。
実力的にはビッグアーサーの相手筆頭といっていいでしょう。

ネロ
前走のアイビスサマーダッシュで2着したように直線1000mを非常に得意としている馬。
なのでパフォーマンスとしては前走より劣るのは否めませんが
3走前のオーシャンステークスでも差のない4着と健闘しているので
1200mが全くダメということではありません。
他の有力馬が今回休み明けの1戦であるのに対し、この馬は夏使っていた強みがあります。
なので状態面に関しては不安は少ないと思うので上位争いは十分可能でしょう。

エイシンブルズアイ
前走のCBC賞では1番人気に押されながらも9着と惨敗でした。
斤量57kgを背負わされていたとは言え、この馬の実力からすれば走らなさ過ぎで
不可解といえる敗戦でした。
今年のオーシャンステークスを制し高速決着だった高松宮記念でも5着と好走しただけに
状態が整っていればここでも勝ち負けできる存在の馬だと思います。
前走が意味不明な敗戦だっただけに強気に推せないですが馬券からは外せないでしょう。

ウリウリ
昨年のこのレースの2着馬。
昨年は重賞勝ちもありましたしスプリンターズSでも5着に入るなど
充実した1年を送っていましたが、一転して今年は成績が上がらず苦しんでいます。
前走ヴィクトリアマイル(13着)以来4ヶ月ぶりのレース。
昨年好走したレースですし何とか浮上のキッカケを掴みたいところ。

他にも2014年スプリンターズステークスを制したスノードラゴン
今年のCBC賞で2着と好走したラヴァーズポイントなどいますが
普通に考えればビッグアーサーの相手探しのレースといえるでしょう。

719ae8b1d579e7326e98464b20795b86_s

ビッグアーサーの取捨は?

この馬の成績をよく調べますと1200m戦は10戦して7勝2着2回とほぼパーフェクトな成績を残していますが
重賞レースに関して見ますと5戦して1勝2着2回とやや好走率が下がります。
前走GIを勝っているとは言え、それまで重賞レースに4戦続けて負けているので
真の実力が他馬より抜けて強いとは言えないと思います。
この馬が強さを発揮するのはズバリ左回りのコースの時です。
これまで左回りは中京で2戦しただけですが共に勝っています。
一つは今年の高松宮記念ですがもう一つは昨年の高松宮記念の同じ日に行われた1000万特別で
やや重の馬場でしたが直線で外からの差し切り勝ち。
一頭だけ脚色が違って見えて大物感を十分に漂わせての勝利でした。
この時に出した1分8秒6というのは同日行われた高松宮記念の勝ち馬とたった0秒1差しかありませんでした。
この時騎乗していた藤岡康太騎手も「左回りの方が走る」とコメントしていました。
なので翌年(つまり今年)の高松宮記念の勝利はある意味約束されていたといってもいいでしょう。
今回は右回りのコースなのでパフォーマンスとしては前走より落ちると思いますし
ここを叩いて次走のスプリンターズSでメイチに仕上げるというのが見え見えですから
個人的な見解は勝つのは別の馬と考えています。
(じゃあ何が勝つの?というところまでは見えていませんが)
鞍乗がミスター3着と呼ばれて久しい福永騎手ですから
今回は馬単2着流しとか3連単の3着固定で勝負してみたいと考えています。
週中の考察でもう1度このレースの過去データや直前追い切りの記事を書きますが
今のところ狙ってみたいのはこの馬です。
(馬名はBの欄)

競馬 ブログランキングへ

開幕週の馬場ということで当然逃げ・先行馬が有利。
今回のメンバーで逃げそうな馬といったらこの馬でしょう。
実力的には1枚落ちるかもしれませんが他陣営は休み明けが多くここを叩いてスプリンターズSという青写真でしょうから
当然仕上げも甘めで来るでしょう。
その点この馬は夏使われていますし重賞勝ちして箔をつけたいでしょうから
ここはメイチで仕上げてくるでしょう。
スポンサードリンク

-重賞展望