ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

重賞展望

京成杯オータムハンデ2016,出走予定、予想オッズ、今年も大波乱の可能性あり?

ラジャカジャです。
今日は日曜・中山で行われるハンデキャップ重賞
京成杯オータムハンデ2016を見ていきたいと思います。
出走予定、予想オッズなどから有力馬を見ていきたいと思います。
昨年は13番人気→11番人気→7番人気と決まり三連単220万馬券が出たレース。
今年も大波乱があるのでしょうか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スポンサードリンク

出走予定馬

今年の出走予定馬(登録馬)は17頭で馬名と斤量、騎乗予定騎手は以下のとおりです。
京成杯オータムハンデ2016出走予定馬アルマディヴァン 53.0 横山典弘
カフェブリリアント54.0 戸崎圭太
クラリティスカイ 57.5 田辺裕信
シベリアンスパーブ54.0 松岡正海
スマートオリオン 57.0 未定
ダイワリベラル 56.0 北村宏司
ダノンプラチナ 58.0 蛯名正義
ダノンリバティ 56.0 松若風馬
ダンスアミーガ 53.0 石川裕紀人
トウショウドラフタ54.0 吉田豊
ピークトラム 56.0 小牧太
ペイシャフェリス 53.0 大野拓弥
メイショウライナー54.0 勝浦正樹
ラングレー 56.0 柴田善臣
リーサルウェポン 50.0 吉田隼人
ロードクエスト 55.0 池添謙一
ワキノブレイブ 56.0 未定

パッと見た感じはロードクエストとダノンの2頭が人気になりそうかなと思いますが
ダノンプラチナの斤量58kgはちょっと見込まれた気がしますね。
(GIを勝っているので仕方ありませんが)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

予想オッズ

続いて予想オッズですがこちらは毎度ながらnetkeiba.comから拝借しますと
人気上位馬と予想オッズは以下の通りです。
ロードクエスト  3.0倍
ダノンプラチナ  3.2倍
ダノンリバティ  5.4倍
ラングレー    9.1倍
ピークトラム   11.3倍
ダイワリベラル  11.6倍
トウショウドラフタ 16.4倍
人気順としては大体こんなものでしょう。
オッズを見ても波乱する要素は十分ありそうですね。
続いて有力馬を詳しく見ていきたいと思います。
スポンサードリンク

有力馬紹介

ロードクエスト
今年の3歳GI戦は全て出走し皐月賞8着、NHKマイルC2着、日本ダービー11着という結果でした。
マイル戦で2勝していますので適正距離は1600mと考えていいかもしれません。
ただGIレースを使って1度馬体を緩めた後だけにどこまで仕上げてくるかでしょう。
NHKマイルを見る限り直線の長いコースの方がいいでしょうし、
後ろから行くのが分かっている馬だけに開幕週の馬場と
他頭数のレースになりそうなことを考えると分が悪いと思います。
追って届かずというシーンは十分にありそう

ダノンプラチナ
2歳時に朝日杯FSを制し、昨年も富士Sを勝ち香港マイルに遠征するなど
実績を積んできましたが前走の東京新聞杯(4着)後に脚部不安に見舞われ
今回が7ヶ月ぶりのレースとなります。
実績で見ればここでは最上位の存在ですがどこまで馬体が仕上がっているかでしょう。
斤量58kgも不安要素のひとつですし凡走する可能性もあると感じます。

ダノンリバティ
前走関屋記念で2着。
直線でヤングマンパワーとの叩き合いに敗れましたが
馬体を併せてからもう1度伸びようとするなどしぶとさも見せたレースでした。
先行できる脚質ですしまだまだ伸びしろも感じられる馬。
鞍乗は前走に引き続き関西のホープ松若騎手
これだけの有力馬に乗せてもらっているので何とか結果を残したいところでしょう。

ラングレー
前走関屋記念6着、2走前のエプソムカップ8着
ともに好位で競馬して内で脚を溜めながら直線では伸びきれずという競馬でした。
父ディープインパクト母父ストームキャットで弟はリアルスティールという血統だけに
どうしても人気が先行しがちなタイプの馬ですが
父のような爆発的な末脚があるわけではないので先行して直線で早めに先頭に立つ競馬の方がいいでしょう。
4走前の洛陽Sでは直線で一旦はエイシンブルズアイに外から交わされましたが
内から差し返して勝っていますので併せ馬になれば根性を発揮するタイプ。
そういう展開になれば上位争いは可能でしょう。

ピークトラム
前走の関屋記念は好位で競馬していましたが直線で失速し11着に大敗。
追ってからも反応が悪く2走前の中京記念で2着した姿からは想像できない惨敗ぶりでした。
追い切りは良く動いていましたので敗因はよく分かりませんが
実力的にはここでも十分通用すると思いますし
主戦の小牧騎手もこの馬のために中山に乗りに来ますので
見直す手はあると感じます。

人気上位馬の中で1頭選ぶとすればやはりこの馬でしょうか。
(馬名はCの欄)

競馬 ブログランキングへ
トップハンデで7ヶ月ぶりというのがひっかかりますが
昨年の富士Sも半年ぶりのレースでしたがしっかりと勝利していますし
前走の東京新聞杯は香港遠征の疲れが取れていなかったのが原因と考えれば
4着という結果も納得できます。
脚に不安を抱えている馬ですので叩いて良化を見込むよりは
出たとこ勝負の方がいい結果が出る気がします。
実力的にはGⅡは勝てるレベルでGIでも馬券に絡めるくらいのレベルにある馬だと思っていますので
斤量は気になりますが人気上位馬の中では1番馬券に絡む可能性は高いと思います。

ほかにも昨年のNHKマイルカップを制したクラリティスカイ
今年のファルコンSを制したトウショウドラフタ
ここ2戦二桁人気で連続4着と善戦しているダンスアミーガ
中山巧者のダイワリベラルなど伏兵的な存在の馬は多数いますので波乱は十分にありそう。

a1370_000135

今年も大波乱はあるか?

昨年はアルビアーノが1番人気で単勝オッズは4.3倍でした。
最初から大混戦で何が勝ってもおかしくないというレースでしたし
その中で勝ったのが道中最後方に位置していたフラアンジェリコでしたので
レース展開を読むのも難しいレースでした。
今年は何が何でも前に行くという馬はいませんし人気馬は差し・追い込み脚質の馬なので
ペースは平均かややスローくらいじゃないかと思います。
なので人気馬の差し届かずという競馬は十分あると思いますが
人気上位馬が揃って馬券圏外というのは少し考え難いかな?と思います。
三連単で10万馬券というのは十分あると思いますが
昨年のようには荒れないのでは?と考えています。
スポンサードリンク

-重賞展望