ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

重賞展望

紫苑ステークス2016,出走予定、予想オッズ、ビッシュは本物か?

ラジャカジャです。
今日は土曜日に中山で行われる秋華賞トライアル
紫苑ステークス2016を見ていきたいと思います。
出走予定、予想オッズなどから有力馬をチェックしていきたいと思います。
昨年まではオープン特別として行われていましたが
今年からはGⅢに格上げされ秋華賞への優先出走権も昨年までの2着以内から1枠増えて
3着以内までの馬に与えられるようになりました。
ここ10年、紫苑Sから秋華賞へ行って馬券に絡んだのは
2014年のショウナンパンドラ(1着)ただ1頭ということで秋華賞トライアルと言いながら
本番に直結しにくいレースとして考えられ、注目度もあまり高くないレースでした。
それが重賞に格上げされたことで出走馬のレベルも変ってくるでしょうから
仮に今年はダメだったとしてもこの先本番で活躍する馬は増えてくるように思います。

1daf609aa2918e13d766df409a52f7e0_s
紫苑(シオン)とツマグロヒョウモン

スポンサードリンク

出走予定馬

出走予定馬(登録馬)は21頭。馬名と斤量、騎乗予定騎手は以下のとおり。
紫苑ステークス2016出走予定馬アドヴェントス 54.0 未定
ヴィブロス 54.0 福永祐一
ウインファビラス 54.0 松岡正海
エミノマユアク 54.0 田中勝春
エンジェルフェイス54.0 浜中俊
ギモーヴ      54.0 内田博幸
キリシマオジョウ 54.0 石神深一
クィーンズベスト 54.0 岩田康誠
クリノラホール 54.0 未定
ゲッカコウ 54.0 柴田大知
シークザフューチャ54.0 未定
スマートルビー 54.0 北村宏司
バレエダンサー 54.0 黛弘人
パーシーズベスト 54.0 柴山雄一
パールコード 54.0 川田将雅
ビッシュ      54.0 戸崎圭太
ファイアクリスタル54.0 田辺裕信
ファータグリーン 54.0 田辺裕信
フロンテアクイーン54.0 蛯名正義
ベアインマインド 54.0 大野拓弥
ルフォール 54.0 未定

前走オークスに出走した馬が5頭登録してきました。
中でも注目はオークス3着だったビッシュ
オークスでは直線残り200mで一旦は先頭に立ち、最後は外から来た2頭に交されてしまいましたが
勝つシーンも十分想像できたほどの見せ場たっぷりの3着でした。
個人的にはオークスでは軽視していましたが改めてレースVTRを見ると非常に惜しいレースでしたし、
実はかなり強い馬なんじゃないか?と今は思っています。
他ではそのビッシュにフローラSで先着しているパールコード
フラワーSを勝ったエンジェルフェイスあたりが有力でしょうか。

004

予想オッズ

続いて予想オッズの方ですがこちらは毎度ながらnetkeiba.comから拝借しますと
人気上位馬と予想オッズは以下のようになっています。
ビッシュ  2.5倍
パールコード 4.3倍
エンジェルフェイス 5.0倍
クィーンズベスト 7.7倍
ヴィブロス 9.3倍
フロンテアクイーン 13.0倍
ゲッカコウ 20.8倍
はやり人気上位は春の重賞で結果を出した組が独占していますね。
夏の上がり馬という観点から見れば前走500万クラスを4馬身差の圧勝だった
ヴィブロスがどこまでやれるか?が見所でしょう。
さらに有力馬について詳しく見ていきたいと思います。
スポンサードリンク

有力馬紹介

ビッシュ
4戦2勝 ディープインパクト産駒
新馬戦からフローラSまでは後方で脚を溜め直線で差す競馬をしていました。
新馬戦と2戦目の500万下では能力の差もあって勝つことができましたが
3戦目のフローラSは差し届かず5着。
上がり3Fの時計はメンバー最速で走ったものの最終コーナーを回った時点で
最後方の位置にいたので実力負けではなく道中の位置取りに問題があったように思います。
それを修正して挑んだオークスでは道中は先頭から5,6番手で競馬し
直線では一旦は先頭に立ってあわやのシーンも見せるなどその存在感をたっぷりと示しての3着でした。
鞍乗も戸崎騎手に乗り替わり陣営としても勝って秋華賞へと青写真を描いているでしょうから
どんな競馬ぶり(勝ちっぷり)を見せてくれるのか注目したいです。

パールコード
4戦2勝 ヴィクトワールピサ産駒
新馬戦から3戦目のミモザ賞までは先行して4コーナーで早めに先頭に立って
そのまま押し切るというレースをしていました。
前走のフローラSでは中段の7,8番手で折り合い、
差す競馬を試みましたが直線で自分より後ろを走っていたチェッキーノに並ぶ間もなく交わされ
力の差を見せ付けられた形で2着に敗れました。
オークスの出走権は手にしましたが体調不十分でオークスの出走を見合わせ
復帰戦をこのレースに選んできました。
先行できる脚質と追ってからもバテないスタミナは開幕週の馬場にはもってこいだと思います。
あとは状態がどこまで戻っているかでしょう。

エンジェルフェイス
5戦2勝 キングカメハメハ産駒
姉にレディアルバローザ(2011、2012中山牝馬S連覇)、キャトルフィーユ(2014クイーンS勝ち馬)がいます。
デビュー4戦目でフラワーCを逃げ切り勝ちして姉に続いてこの馬も重賞を制覇しました。
前走のオークスでは道中2番手で競馬し直線に入ったところで先頭に立つとそのまま粘り込む競馬をしましたが
最後はスタミナが切れ10着に敗れました。
ただ勝ったシンハライトとは0.6差でしたし自分の競馬はしていたと思うので10着に負けましたが
そんなに悲観する内容ではなかったと思います。
今回は距離も400m短縮しますし開幕週の馬場で単騎逃げが望めるメンバーでもありますので
この馬の残り目は十分にあると思います。

クィーンズベスト
9戦2勝 ワークフォース産駒
昨年の10月にデビューしてからコンスタントにレースに使われ
実践を積みながら実力を付けてきた叩き上げタイプ。
重賞は春先に2度使われてチューリップ賞4着、 フローラS7着という結果でした。
馬券には絡めませんでしたがチューリップ賞では後の桜花賞馬とオークス馬に0.3差の競馬と
善戦しているので実力的に見てもここでも引けは取らないと思います。
勝ち味に遅いタイプですが夏に使っている分他の有力馬より体調面は良いと思いますし
2,3着候補として考えるなら馬券から外せない1頭でしょう。

ヴィブロス
5戦2勝 ディープインパクト産駒
兄弟にヴィルシーナ(2013,2014ヴィクトリアマイルを連覇)、シュヴァルグラン(2016阪神大賞典勝ち馬)がいます。
この血統なので当然デビュー時から注目されていましたが
今のところ人気先行タイプといっていいでしょう。
ただ勝ち鞍が1800mと2000mなので距離を伸ばした方がパフォーマンスが上がる可能性がありそう。
前走は4ヶ月ぶりのレースでしたが2着以下に4馬身差をつける圧勝で
500万クラスでは力が違うことを証明しました。
叩き2戦目の今回は状態も更に良いでしょうし距離2000mというのもこの馬にあっていると思います。
現状でこのメンバー相手にどこまで戦えるか楽しみ

ざっと人気上位馬を見てきましたが馬券圏内という意味では
この馬が1番無難かな?と思います。
(馬名はDの欄)

競馬 ブログランキングへ
前に行くのは分かりきっていますし中山で勝っているのもプラス材料。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ビッシュの実力は本物か?

実績&鞍乗でいったらここは勝たないといけないレースかと思います。
同世代の牝馬でもトップレベルの馬だと思います。
フローラSは位置取りがミスだったと思いますし
オークスでは見せ場十分でしたが結果的には早仕掛けだったと思います。
中段でしっかり折り合いつけて直線で差すという王道の競馬をして
ここでしっかり勝つようなら秋華賞でも勝てる可能性はかなりあると思います。
スポンサードリンク

-重賞展望