ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

重賞展望

東京盃予想、本命はダノンレジェンドではなくあの馬で勝負!神戸新聞杯2016、穴馬情報

ラジャカジャです。
今日は大井競馬場で行われる交流重賞
東京盃」の予想をしていきたいと思います。
また今週阪神で行われる菊花賞トライアルレース「神戸新聞杯」で
圧倒的1番人気確実なサトノダイヤモンドですが
思いっきり狙ってみたい穴馬を見つけましたので
それについても書いていきたいと思います。
004
スポンサードリンク

東京盃予想

JRA5頭、地方所属馬9頭という組み合わせですが
JRA勢はダノンレジェンド、コーリンベリー、ノボバカラの強力なメンバーが出てきました。
これに対して地方所属馬は前哨戦のアフター5スター賞の1,2着馬と
JRAの重賞でも連対したことのあるサトノタイガーあたりがどこまでやれるか?ですが
正直今回ばかりはJRA勢の上位独占で決まりそうな予感がします。
地方所属となったロイヤルクレストも前走を見る限りこの距離は適正外でしょう。
JRA勢では前述した3頭が強くこの3頭での決着が濃厚ですが本命は1番人気濃厚なダノンレジェンドではなく
追い切りとコース適正からコーリンベリーで行きたいと思います。
コーリンベリーはこれまで大井の1200mは3戦して2勝3着1回と全て馬券に絡んでいます。
対ダノンレジェンドで見ても2勝1敗と勝ち越していますしスタートで出遅れることはまずない馬なので
馬券圏外になる可能性はかなり低いと思います。
サウスヴィグラスも現役時代はダートの1200m~1400mを中心に走っていて
重賞8勝(うち交流重賞6勝)を挙げるなどの活躍を見せた馬でしたが
この馬はその血をしっかりと受け継ぎ父に迫る活躍を見せています。
追い切りでも軽く追っただけで素早く反応するなど軽快な動きを見せていましたし
3ヵ月ぶりのレースになりますが馬体の緩さは感じられません。
他のJRA所属の馬と比べても追い切りの動きは1番良く見えましたし、
鞍乗も主戦の松山騎手が乗りに来ていますから万全の状態でしょう。
逆にダノンレジェンドは追い切りでヨレたりしていて不安要素のある動きをしていましたので
あまり調子は良くないのでは?」と感じてしまう内容だったので評価を少し下げました。
ノボバカラもいい動きをしていたのでコーリンベリー、ノボバカラを本線にして
ダノンレジェンドのその次という評価にしたいと思います。
買い目
馬単フォメ
3,4→2,3,4(4点)
三連単フォメ
3,4→2,3,4→2,3,4(4点)
スポンサードリンク

神戸新聞杯の穴馬情報

圧倒的1番人気が予想されるサトノダイヤモンドと
皐月賞、日本ダービーと4着に入線しここでも実力上位が明らかなエアスピネル。
この2頭の牙城に割って入る馬はいないのか?という視点で
週中ずっと考察していましたが人気と実際の実力との兼ね合いから
1番狙って面白いのはこの馬と思います。
(馬名はBの欄)

競馬 ブログランキングへ
デビューから一貫してダート戦を使われてきましたが勝ち星を挙げられず
芝に路線変更すると素質が開花。
最も評価したいのが7月に走った札幌芝2600mの阿寒湖特別。
4コーナーで勢いが付きすぎて外に大きく膨れてしまうも
そこから体制を立て直すと一気に加速、
あっという間に後続を千切って5馬身差をつける圧勝でした。
3コーナー過ぎからのロングスパートで最後の1Fもラップは落ちずに走りきっているので
相当なスタミナの持ち主であることは間違いないし、
騎乗していた福永騎手も「この馬は走る。是非菊花賞に出したい。」と当時のインタビューで話していました。
それが前走丹頂Sでは6着に敗退。
前残りの展開の中追い出すタイミングが遅れてエンジン全開になる前にレースが終わってしまったという印象で
ハッキリ言って馬というよりも騎手の騎乗ミスだったと思います。
ただもしこのレースを勝っていたら今回は3番人気か4番人気くらいの評価を得ていただろうし
そういう意味では負けてよかったかなと思っています。
スタミナ型で切れ味勝負だと分が悪いので雨の影響で馬場が渋ってくれた良いと思いますし
ハーツクライ産駒ならば重馬場がダメということはないでしょう。
正直サトノダイヤモンドやエアスピネルの状態がどうとかではなく
菊花賞でも勝てるポテンシャルを秘めている、そういうレベルの馬だと感じています。
スポンサードリンク

-重賞展望