ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

未分類

毎日王冠2016、出走予定、リアルスティール、アンビシャスの巻き返しはあるか?

ラジャカジャです。
今週の日曜日、東京競馬場で行われる古馬のGⅡ毎日王冠2016について考察していきたいと思います。
秋のGIに向けてここから始動する馬が結構いますが今年もなかなかのメンバーが揃いました。
前走安田記念を逃げ切ったロゴタイプ、ドバイ遠征でGI制覇をしたリアルスティール
今年の大阪杯でキタサンブラック、ショウナンパンドラ、ラブリーデイ等を負かしたアンビシャス
前走のエプソムカップで久々に強い競馬を見せたルージュバック
おそらくこの4頭が人気の中心になると思いますが、他にも上位争い可能な力を持っている馬もいますし
激戦必死のレースで予想するのは楽しいですが馬券当てるのは難しそうです。
今回は前走惨敗したリアルスティール、アンビシャスにスポットを当て、
この2頭の巻き返しがあるか?」をメインに考察していきたいと思います。
176acd5df5150c227de35427ebac30ac_s

出走予定馬

まず出走予定馬ですが登録馬は全部で14頭。
フルゲートは18頭なので全馬出走可能です。
馬名と斤量、騎乗予定騎手は以下のとおり。
毎日王冠2016出走予定馬アンビシャス 57.0 C.ルメール
イモータル 54.0 未定
ウインフルブルーム56.0 柴田大知
クラレント 56.0 小牧太
ステファノス 56.0 川田将雅
ダノンシャーク 57.0 柴田善臣
ディサイファ 57.0 武豊
ヒストリカル 56.0 横山典弘
マイネルミラノ 56.0 丹内祐次
リアルスティール 58.0 M.デムーロ
ルージュバック 54.0 戸崎圭太
ロゴタイプ 58.0 田辺裕信
ロサギガンティア 57.0 北村宏司
ロンギングダンサー56.0 吉田豊

リアルスティールは福永騎手からM.デムーロに乗り替わりですか・・・
前走の安田記念で11着に惨敗したので仕方ないといえばそれまでですが
あれはジョッキーだけのせいでもないような気がしますし、
ドバイ遠征以外はずっとこの馬に騎乗してきた騎手なので
この馬のことを1番分かっている騎手だと思うのですが。
同じくアンビシャスも横山典騎手からC.ルメール騎手に乗り替わりですが
このコンビはこれまで4戦して3勝2着1回と1度も連対を外していませんので
この乗り替わりはプラスといっていいでしょう。
ルージュバックは前走に引き続き戸崎騎手、同様にロゴタイプも田辺騎手が継続騎乗。
おっ!」と思ったのはステファノスに川田騎手が騎乗すること。
これまではずっと戸崎騎手がこの馬の主戦を勤めてきましたが
ルージュバックに騎乗するため「誰が乗るのかな?」と思っていましたが
この乗り替わりはちょっと魅力があります。
スポンサードリンク

予想オッズ

続いて予想オッズですがこちらは毎度ながらnetkeiba.comから拝借しますと
人気上位馬とオッズは以下のようになっています。
アンビシャス 3.1倍
ルージュバック 3.2倍
リアルスティール 3.5倍
ステファノス 9.0倍
ロゴタイプ 10.1倍
ウインフルブルーム13.8倍
ディサイファ 14.8倍
予想1番人気はアンビシャス
前走宝塚記念ではブービーの16着に惨敗しましたが
その前の中山記念ではドゥラメンテには負けたもののリアルスティールには先着。
大阪杯では春・天皇賞を制したキタサンブラックに勝っていますから
実力的にはGI級と考えて間違いないでしょう。
鞍乗もルメール騎手に戻ってここは巻き返してくる可能性は高そう。
小差でルージュバック、リアルスティールと続いているので
3強」という感じの予想オッズになっています。
ロゴタイプは前走でモーリスに勝っていますが「まぐれ」と考えられているのか
それほど人気はありません。

リアルスティール、アンビシャスの巻き返しはあるか?

予想オッズでも人気上位になっている両馬ですが、
共に前走二桁着順に負けて休養に入りここが復帰初戦のレースとなります。
まずアンビシャスですが
前走の宝塚記念ではスタートも上手くいって先頭から3番手という絶好の位置取りで競馬していました。
ややかかり気味ではあったものの横山典騎手も上手くなだめて折り合いをつけていた印象。
4コーナー手前から追い出しにかかって逃げるキタサンブラックを捕らえようとしましたが
直線では逆に突き放されてしまい残り200mの時点で横山騎手は勝負を諦めて追うのを止めていたので
16着という結果はそのためでしょう。
印象としては馬場が合わなかったなというのが第一。
勝ったのは同じディープインパクト産駒のマリアライトですが
こちらは渋った馬場を得意にしていましたのでつまりはそういう馬向きの馬場だったということ。
なので評価を下げる必要はなく巻き返す余地は十分にあると思います。
この馬がそれ以外で馬券圏外になったレースは昨年の毎日王冠と秋・天皇賞の2つ。
昨年の毎日王冠はスタートで出遅れてしまい4コーナーを回った時点でも最後方。
逃げたエイシンヒカリがそのまま勝った前残りのレースでしたので
スタートの失敗+前残りの展開」でこれはいい訳のできる敗戦。
秋・天皇賞は終始かかっていてM.デムーロ騎手も必死に手綱を押さえるも
押さえきれずどんどん前に行ってしまい最後はバテテ5着に敗退。
かかって競馬にならずほぼ自滅」という競馬内容でしたが逆にそれで5着に来たのは
能力が高いと言えるでしょう。
それぞれにはっきりとした敗因があるので逆にいうとそれを修正できれば巻き返しは可能と言えるでしょう。
リアルスティールについては
前走の安田記念は前目につけて1番人気モーリスを常に見られる位置で競馬。
4コーナーでは馬なりでモーリスに並びかけ直線の入りでは併せ馬のような形になり
ほぼ理想的な展開でしたがそこから伸びきれず残り200mを切ったところで失速してしまいました。
道中かかっている素振りもありませんでしたし福永騎手の騎乗も特に悪いところはなかったと思いますが
何故か馬が走らなかった」という印象です。
それまで馬券圏外になったのは日本ダービーの4着だけでどこの競馬場にいっても実力を発揮できる
オールラウンダーな馬。
ドバイ遠征でも勝つくらい精神的にタフでレースを諦めないタイプの馬なので
そういう意味では前走だけ別馬に見えました。
ドバイ遠征の疲れが抜けていなかったという見方も出来ますが
安田記念では直線の入りでモーリスに並びかけ馬の根性を引き出すのにもってこいの展開だったのに
あっさり下がってしまったのが気になります。
疲れていても闘争本能があれば馬だって「何とかしよう」と頑張るものだと思うのですが・・・
先行できる脚質ですし前走をノーカウントとして考えれば1番勝つ可能性が高いと思いますが
今のところはアンビシャス本命でいこうかと考えています。
スポンサードリンク

-未分類