ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

予想 追い切り診断

ヴィクトリアマイル2019、追い切り診断&予想

2019/05/19

ラジャカジャです。
ヴィクトリアマイル2019、追い切り診断&予想をしていきたいと思います。

腫瘍の摘出手術のため明日から母が入院することになり
買い出しやら何やらで昨日は朝から忙しく
競馬の記事更新をする時間がありませんでした。

以前なら前日の夜に調教VTR、過去レース映像、データ解析などしていたのですが
最近は夜はFXの取引に没頭しているので土日の朝にやっている感じです。
(日中貿易戦争の影響でここ何日は為替の相場が
乱高下しているので余所見できない)

なので土日の午前中に時間が取れないとなると
なかなかブログ更新も難しくなります。
GI週の時はなるべく記事更新したいのですが
さすがに昨日は無理でした。

今日のヴィクトリアマイルは非常に難解なレースですが
当たればデカイと思うので一発狙いで勝負していきたい。


スポンサードリンク

ヴィクトリアマイル 追い切り診断

調教VTRを見た上での評価は以下の通り

A評価
ノームコア
B評価
ラッキーライラック
プリモシーン
カンタービレ
サウンドキアラ
カンタービレ
アエロリット
アマルフィコースト
サトノワルキューレ
レッツゴードンキ
メイショウオワラ
ソウルスターリング
クロコスミア
ミッキーチャーム
デンコウアンジュ
レッドオルガ
C評価
ミエノサクシード
ワントゥワン

A評価に推したのはノームコア
美浦南Wでの2頭併せ
終始馬なりでしたが馬の行きっぷりが強く
やや手綱を抑え気味のまま1馬身先着してゴール。
それでもストライドの伸びは申し分なく
走りのフォームも安定している。
実績抜きで調教VTRだけの判断で行けば
この馬が最も良く見えた。

B評価の中ではラッキーライラック、プリモシーン、カンタービレ、
サウンドキアラの4頭が上位評価。

ラッキーライラックは栗東坂路での2頭併せで3馬身先着。
4F50秒7-12秒3の自己ベストを更新。
ラストはステッキを使って最後まで負荷をかけた追い切り。
首の位置は高めなのが気になるものの
脚元の踏み込みは力強く迫力ある動き。
1週前追いでもCWでラスト1F11秒6を出すなど
2週続けて負荷のかかった追い切りをしていたので
調子が良いのは間違いないと思う。

プリモシーンは美浦南Wでの2頭併せ
直線で軽く合図すると即座に反応しパートナーを並ぶ間もなく
あっさりと交わし1馬身以上先着してゴール。
いかにも切れるという感じの走りで
状態もかなり良さそう。

カンタービレは栗東坂路での単走追い。
ステッキを抜くときに左にヨレたのが気になるものの
馬は最後まで集中して力強い走り。
1週前追いでもCWで良い動きを見せており
態勢は万全と思う。

サウンドキアラは栗東坂路での単走追い。
ラチに沿って走っているものの左脚の方が脚力が強いのか
右側に少しずつ移動しておりバランスはあまり良くない。
ただ脚元の踏み込みは非常に力強く目に映った。
時計も4F51秒8-12秒3と好時計を出しており
調子自体は良いと感じる。

アエロリットは美浦坂路での単走追い。
全体時計51秒8は優秀ですが
ラスト1Fは13秒0と緩いので負荷はあまり掛かっていない印象。
実績だけで見ればメンバー最上位の存在ですし
鉄砲駆けの実績もある馬ですが
この追い切りだけでは状態はどうかのか解かりかねる。

アマルフィコーストは栗東坂路での単走追い。
終い追って4F53秒7-11秒9の好時計。
バランスはそれほど良くないが素軽い動きを見せていましたし
近走好調ですが体調は維持できている印象。

サトノワルキューレは栗東坂路での単走追い。
ラチ沿いを馬なりで走っており負荷はあまりかかっていない。
特に懸念すべきところもないが推せるところもない印象。

レッツゴードンキは栗東坂路での単走追い。
終始馬なりで馬も気持ち良さそうに走っている印象。
ただ高松宮記念からヴィクトリアマイルというステップは
今回で4回目となりますが過去3回はいずれも
高松宮記念より着順を下げている点が気掛かり。

メイショウオワラは栗東CWでの2頭併せで併入。
終始馬なりで追い切り重視の内容。
しっかり折り合えていたが内容は軽い。

ソウルスターリングは美浦南芝での単走追い。
ストライドの伸びはまずまずで素軽い動き。
別に悪くもなくいがそこまで良いとも感じない。
復活して欲しいが。

クロコスミアは栗東坂路での単走追い。
最初は植え込み側を走っていたが途中から馬場の真ん中に移動するなど
バランスは良いとは言えない。
頭の位置も高くあまり見栄えもしないが
馬に活気はある。

ミッキーチャームは栗東坂路での単走追い。
4F55秒4-12秒6の時計が示す通り軽い内容で
負荷はあまり掛かっていないのですが
脚元の着地ポイントは乱れておりあまり良いとは感じない。
ちょっと疲れが残っているような印象もするが
状態は悪いという感じでもない。

デンコウアンジュは栗東CWでの単走追い。
終い軽く追った程度で負荷はあまり掛かっていない。
動きは平凡ですがこの馬なりに順調にきている印象。

レッドオルガは栗東坂路での単走追い。
終い軽く追って4F54秒7-12秒4の時計をマーク
動きの割には時計は出ているなという印象。
脚元の力強さは感じないがバランスよく走れている。

ミエノサクシードは栗東CWでの単走追い。
かなり軽い追い切りで馬の活気もあまりなく
何となく気の抜けた感じに見える。
これだけ軽い追い切りだと状態に関しては解かりかねるが
GIでこの追い切りはかなり物足りない。

ワントゥワンは栗東ポリトラックでの2頭併せ。
ラストはステッキを使って一杯に追ったが反応悪く
1馬身ほど遅れてゴール。
馬自身あまり集中して走っている感じでなく
スイッチが入る前にゴールしてしまった印象。
状態が悪いとは思わないが実際のレースでも同じになりそう。

スポンサードリンク

東京11R ヴィクトリアマイル

軸馬 プリモシーン

昨日の未勝利戦での勝ち時計が1分33秒6が出ているので
おそらくこのレースの勝ち時計は1分31秒台が出ると思います。
また昨日は逃げ馬が全く馬券に絡まなかったので
直線は内よりは外の方が伸びる馬場と考えていいでしょう。

そこで軸馬に推したのがプリモシーン
昨年の関屋記念を1分31秒6の時計で勝利していますし
前走ダービー卿CTでも1分31秒7の時計をマークして2着とあるように
高速馬場に強いタイプ。
脚質は追い込み一辺倒なので展開次第では差し届かない
というシーンもあるかもしれませんが
前で競馬したい馬も揃っているのでペースは流れると思いますし
枠も真ん中あたりを引けたので
直線で前が壁になって追えないという可能性も低いと思います。

追い切りでも瞬発力のある動きを見せていましたし
鞍乗の福永騎手はどちらかと言うと差し馬に乗った時の方が
上手い騎乗を見せますしここはこの馬から勝負してみたい。

相手はラッキーライラック、レッドオルガ、アエロリットの3頭を重視。
おそらくこの3頭のどれかは馬券に絡むでしょう。
それ以外では追い切りで良く見えた
ノームコア、カンタービレ、サウンドキアラ
川田騎手騎乗のミッキーチャーム
差しが決まればここでも差はないと思う
デンコウアンジュ、ワントゥワンまで押さえたい。
買い目
馬連&ワイド流し
9-2,6,11(各3点)
三連複フォメ
9-2,6,11-2,4,6,7,8,11,12,15,17(21点)
スポンサードリンク

-予想, 追い切り診断