ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

重賞展望

府中牝馬ステークス2016、出走予定、頭数少な目も混戦模様で高配当の予感

ラジャカジャです。
今日は土曜日(15日)に東京で行われる牝馬の重賞レース
府中牝馬ステークス2016を考察していきたいと思います。
昨年は11番人気のノボリディアーナが勝って三連単は16万馬券がでるなど波乱のレースとなりました。
このレースは過去10年で見ても馬単で万馬券が4回、
三連複で万馬券が5回、三連単では10万馬券が4回と高配当が出やすいレースです。
なので今年も波乱が起きる可能性は十分あるので
出走予定馬と過去のレースデータを吟味した上で
波乱を起こす馬はどれか?」をメインテーマとして考察していきたいと思います。
5bb6141d1cf1ba43803c7260165e3dc9_s
スポンサードリンク

出走予定馬

登録馬は13頭と例年より少なめの頭数。
馬名と斤量、騎乗予定騎手は以下のとおり。
府中牝馬ステークス2016出走予定馬
アスカビレン 54.0 松田大作
カフェブリリアント54.0 福永祐一
カレンケカリーナ 54.0 未定
クイーンズリング 54.0 M.デムーロ
シャルール 54.0 横山典弘
シュンドルボン 54.0 吉田豊
シングウィズジョイ54.0 田辺裕信
スマートレイアー 55.0 武豊
ハピネスダンサー 54.0 石橋脩
マジックタイム 54.0 C.ルメール
メイショウスザンナ54.0 蛯名正義
メイショウマンボ 55.0 武幸四郎
リーサルウェポン 54.0 内田博幸

実績最上位はGI4勝のメイショウマンボ
ですがこの馬は古馬になってからは全く走らなくなってしまいました。
2014年のヴィクトリアマイルで2着に来て以来芝のレースは14戦連続して二桁着順。
前走も牝馬GⅢのハンデ戦で11着という有様で3歳時にGI3勝した時の面影は全くありません。
馬に走る気がないのなら引退させればいいと思うのですが
追い切りではいつも良い動きを見せるのでオーナーも「ひょっとしたら今回は」と
期待を寄せ続けているのかもしれません。
他では2014年、2015年と続けてこのレース2着と好走しているスマートレイアー
今年のダービー卿CTで安田記念を制したロゴタイプを負かしているマジックタイム
そのマジックタイムを2月の京都牝馬ステークスで負かしているクイーンズリング
3月の中山牝馬ステークスでルージュバックを負かしたシュンドルボン
前走クィーンステークス2着のシャルールなどなど上位争い出来そうな馬は
多数いますので激戦必至のレースとなりそう。

予想1番人気は?

予想オッズですがこちらは毎度ながらnetkeiba.comから拝借しますと
人気上位馬と予想オッズは以下のようになっています。
スマートレイアー 2.9倍
マジックタイム 2.9倍
クイーンズリング 4.9倍
シャルール 6.8倍
シュンドルボン 9.7倍
カフェブリリアント12.6倍
アスカビレン 31.8倍
あくまで予想オッズですがスマートレイアーマジックタイムが2.9倍で並んでいます。
共に今年に入ってから重賞勝ちしており5月に行われたGIヴィクトリアマイルでは
スマートレイアー4着、マジックタイム6着ですから実力は五分といっていいでしょう。
スマートレイアーはGIではちょっと足らないというレベルの馬ですが
GⅡ、GⅢに出走した時は8戦して3勝2着2回3着1回とかなりの確率で馬券に絡んで来ています。
特に今年は1月の東京新聞杯で牡馬相手に逃げ切り勝ち、続く阪神牝馬ステークスでも
逃げてミッキークィーンの追撃を振り切って重賞を連勝。
前走のヴィクトリアマイルでも直線残り150mまでは2着に粘るなど見せ場も作りました。
以前は差しタイプの馬でしたがスタートが上手くなって逃げ・先行タイプに変わってからは
成績が安定してきましたのでここも大きく崩れることはないと思います。
マジックタイムも今年に入ってから重賞を4戦して1勝2着1回3着1回と好調。
唯一馬券圏外だったのがヴィクトリアマイルですからGⅡとなればこの馬も実力上位の存在。
8月に1度レースを使っていますので上積みも期待できますし東京コースも勝っているので問題ないでしょう。
懸念材料としては1800m以上のレースで勝ち鞍がないことですがヴィクトリアマイルを見る限り
200mくらいの距離延長はこなせそうな雰囲気でしたし兄弟の成績を見ても距離に壁があるようにも思えないので
そこまで気にする必要なないと思います。
まあこの2頭が揃って馬券圏外というのはちょっと考えにくいです。

波乱を起こす馬は?

過去10年のレースデータで好走率の高いデータを調べて見ますと
4歳馬・5歳馬(10勝2着9回3着7回)
前走と騎手が同じ(6勝2着8回3着5回)
父にサンデー系の血がある馬(6勝2着6回3着3回)
前走クィーンS出走馬(4勝3着3回3着1回)
また過去3年間(2014年1月以降)の東京芝1800mにおける
種牡馬別成績を調べますと好成績を収めているのは
ディープインパクト、ブライアンズタイム、フジキセキなどの好走が目立ちます。
以上のデータから個人的に推奨したいのは
クイーンズリング、シャルール
ただ2頭ともそれなりに人気になりそう・・・
スポンサードリンク

-重賞展望