ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

予想

スワンステークス2016,出走予定、フィエロ,アルビアーノ,サトノアラジンなど激戦必至の好メンバー

ラジャカジャです。
今日は土曜日に京都で行われる古馬の短距離戦
スワンステークス2016を考察していきたいと思います。
その前に競馬小話。
JRAで買える海外競馬第2弾として
11月1日(火)にカレンミロティックが出走するメルボルンカップが発売されます。
第1弾の凱旋門賞はダービー馬マカヒキが出走したこともあり約41億円の売り上げがありましたが
今回はGI未勝利で8歳馬のカレンミロティック。
しかも発売は平日の火曜日で午後1時の発走ですから当然普通の人は仕事している時間帯ですし
正直他の外国馬なんてあまり良く知りませんからあまり購買意欲をかきたてられる感じはしないですね。
もちろん購入はしますけど今回売り上げはどこまで伸びるでしょうかねぇ。
日本馬が2,3頭出走すればもっと盛り上ると思いますが。
ed476bee241a8214c32efb87a6f4409d_s
メルボルンのシンボル「フリンダースストリート駅」
スポンサードリンク

スワンステークス2016出走予定馬

昨年はこのレースで2着したフィエロがマイルチャンピオンシップでも2着するなど
過去10年で8頭もの馬がマイルチャンピオンシップで馬券圏内に来ています。
なので本番を占う意味でも重要なレースといえますが今回は地方馬を含む19頭が登録してきました。
馬名と斤量、騎乗予定騎手は以下のとおりです。
アルビアーノ 55.0 A.シュタルケ
エイシンスパルタン56.0 未定
エイシンブルズアイ56.0 福永祐一
サトノアラジン 57.0 川田将雅
サトノルパン 56.0 和田竜二
サンライズメジャー56.0 松山弘平
ダンスディレクター56.0 浜中俊
ダンツプリウス 55.0 未定
テイエムタイホー 56.0 幸英明
ティーハーフ 56.0 国分優作
バクシンテイオー 56.0 R.ムーア
フィエロ     56.0 戸崎圭太
ブラヴィッシモ 56.0 藤岡康太
ペイシャフェリス 54.0 未定
ミッキーラブソング56.0 小牧太
ムーンクレスト 56.0 未定
メイショウナルト 56.0 武幸四郎
ラインハート 54.0 小林徹弥
地方所属馬
ランドクイーン 54.0 下原理

これまでGIレースで2着が2回、3着が1回とあと一歩GIに手が届かずにいるフィエロですが
今回鞍乗に戸崎騎手を乗せてきました。
わざわざ戸崎騎手を美浦から連れてきて乗せるということは本番でも戸崎騎手が騎乗という流れでしょうか。
何にしても「もう何としてもGIを勝ちたい!」という陣営の気持ちが伝わってきます。
昨年のこのレースの勝ち馬で今年の高松宮記念でも3着しているアルビアーノ
昨年と同じくスワンステークス→マイルチャンピオンシップというローテですが
鞍乗には短期免許で来日してきたA.シュタルケ騎手が騎乗するようです。
A.シュタルケ騎手は今年の3月-4月にも来日して重賞2勝を含む9勝を挙げています。
2011年にはデインドリームに騎乗して凱旋門賞を勝っていますし
経験値という意味では日本ジョッキーよりも上でしょう。
サトノアラジンには川田騎手が騎乗。
サトノというとどうしてもルメール騎手を連想してしまいますが・・・
(ルメール騎手は当日は東京で騎乗)
実力的にもここは勝ち負けですし川田騎手としても勝ってしっかりアピールしたいところでしょう。
今週から短期免許で来日する”世界の”R.ムーア騎手ですがバクシンテイオーに騎乗。
上位馬と比べると1枚落ちる馬ですが騎手の手綱捌きでどこまで上位に食い込めるかに期待。

予想オッズ

続いて予想オッズですが毎度ながらnetkeiba.comから拝借しますと
人気上位馬と予想オッズは以下のようになっています。
サトノアラジン 2.6倍
フィエロ      3.7倍
アルビアーノ 4.7倍
ダンスディレクター 6.5倍
エイシンブルズアイ 12.2倍
バクシンテイオー 14.2倍
サンライズメジャー 26.4倍
予想1番人気はサトノアラジン
GIでも上位争いしていますし5月の京王杯スプリングカップを勝った時は
非常に強いインパクトを残しました。
先週サトノダイヤモンドが勝ったこともあり勢いに乗って重賞連勝と考えている競馬ファンも多いでしょう。
ただフィエロ、アルビアーノも差がなく続いていますし
ダンスディレクターを含めた4頭が人気の中心と考えて良さそうです。
ダンスディレクターは秋2戦は不甲斐ない競馬をしていますが
1400mまでは守備範囲ですし1月のシルクロードステークスでビッグアーサーに勝っていることが
評価されているようです。

過去10年レースデータ

過去10年で気になるデータを集めてみました。
1番人気は不振傾向
過去10年で1番人気は2勝2着1回という成績。
勝率2割、連対率・複勝率3割というのは重賞レースとして考えても信頼度は低いでしょう。
4歳馬の好走率が高い
過去10年で4歳馬が4勝2着5回3着4回
勝率13.3%連対率30.0%複勝率43.3%というのは他の世代と比べても抜けて良いです。
前走6着以下の馬が狙い目
前走着順でみると前走6着以下に負けていた馬が過去10年で7勝2着4回3着6回
頻繁に馬券に絡んでいます。
昨年勝ったアルビアーノもこのデータに当てはまっていました。
サンデー系種牡馬が圧倒的に有利
ディープインパクトを筆頭にダイワメジャー、マンハッタンカフェ、ダンスインザダークなど
サンデー系種牡馬が毎年馬券に絡んでいますので今年もこのデータは無視できないでしょう。

まとめ

最終的な結論は追い切りを見てからにしますが
サトノアラジンかフィエロのどっちかを軸で買えばあたりそうな気がします。
ただ多頭数の競馬ですから荒れそうな予感もしますので穴馬もしっかり見極めて買ってみたいと思います。
スポンサードリンク

-予想