ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

重賞展望

天皇賞・秋2016、枠順確定、追い切りでよく見えたのはGI未勝利のあの馬

ラジャカジャです。
天皇賞・秋2016の枠順がついに確定しました。
各馬の最終追い切りも終わっているので
個人的に見て「これは良かった」と感じた馬を取り上げながら
過去のレースデータも書いていきたいと思います。
011
上の写真は昨年の天皇賞当日の府中競馬場のひとコマ
スポンサードリンク

1枠1番 エイシンヒカリ(牡5、武豊・坂口正則)
2枠2番クラレント(牡7、内田博幸・橋口慎介)
2枠3番アンビシャス(牡4、横山典弘・音無秀孝)
3枠4番 サトノクラウン(牡4、福永祐一・堀宣行)
3枠5番 ロゴタイプ(牡6、田辺裕信・田中剛)
4枠6番 アドマイヤデウス(牡5、岩田康誠・橋田満)
4枠7番サトノノブレス(牡6、A.シュタルケ・池江泰寿)
5枠8番 モーリス(牡5、R.ムーア・堀宣行)
5枠9番 ルージュバック(牝4、戸崎圭太・大竹正博)
6枠10番 カムフィー(牡7、蛯名正義・池上昌和)
6枠11番 ヒストリカル(牡7、田中勝春・音無秀孝)
7枠12番 リアルスティール(牡4、M.デムーロ・矢作芳人)
7枠13番 ヤマカツエース(牡4、池添謙一・池添兼雄)
8枠14番 ステファノス(牡5、川田将雅・藤原英昭)
8枠15番ラブリーデイ(牡6、C.ルメール・池江泰寿)

枠順を見て・・・

逃げ馬エイシンヒカリが1枠1番に入ったのでこれは
何が何でも行く!」でしょうね。
ただ万が一出遅れると挽回不可能な枠だけに武豊騎手もプレッシャーはかなり感じているのではないでしょうか。
坂口調教師も「1枠1番よりは(偶数枠で後入れの)2番の方が良かった」と本音をもらしていましたし。
ただスタートさえバッチリ決めれば打ちラチ沿いに走って最短コースを通って競馬ができるので
これ以上ない最高の枠とも言えます。

アンビシャスは2枠3番
前走のように溜めて外に出すという競馬をするなら道中は後ろに下げて外を回してという競馬をしなくてはならないので
この枠はあまりいいとはいえませんね。
ただある程度前につけて「内で脚を溜めて」という競馬をするならベストな枠だと思いますので
鞍乗の横山典騎手がどう乗るか?でしょう。

モーリスは5枠8番
後入れの偶数馬番となりましたしこれなら前に壁を作って競馬が出来ますので
ほぼ文句ないところに入ったと言っていいでしょう。
後は鞍乗の「ムーア騎手におまかせ」という感じでしょう。

ルージュバック、リアルスティールもこの枠は何ら問題ないと思います。
逆にラブリーデイは大外8枠15番に入りました。
フルゲートではないとは言え他馬より長く距離を走らされるワケですから
この枠はプラスとは言えないですね。

ステファノスも8枠14番と外に入りました。
他馬より距離ロスがあるのは仕方ないですが
前走は内に入ったばかりに窮屈な競馬を強いられたので
この枠なら直線は真っ直ぐに追えますのでまだマシかなと思います。

追い切りで推奨したいのは・・・

GIだけにどの馬もいい仕上がりで来ていますね。
ただその中で個人的に見て良い仕上がりと感じたのは以下の2頭
ルージュバック
最終追い美浦南W4F51.7-12.2
3頭併せでしたが併せた馬は全く問題になりませんでした。
何よりも走っているときのフォームが素晴らしいです。
追い出されてからの前に進む力感が迫力があって「凄み」さえ感じる動き。
3歳春の頃に見た追い切りと遜色ない感じ
これで走らなかったら嘘でしょ」と思える動き。

ステファノス
最終追い栗東CW4F52.0-11.7
前走の毎日王冠でも大分仕上がってはいましたが
今回はそれ以上とも言える動き。
1週前も素晴らしい時計を出していましたし
藤原調教師渾身の仕上げでレースに挑めそう。

それ以外にもクラレント 、ロゴタイプ 、モーリス、リアルスティールあたりも良い動きでした。
エイシンヒカリは時計は良いですが走っている時のフォームにばらつきがあって
安定していないように感じたので評価としては普通くらい。
アンビシャスは栗東坂路でヒストリカルと併せ先着。
特に良いとは感じなかったものの前走使って良化している印象はありました。
逆にラブリーデイは時計は良いですが走っている時の歩幅が狭いというか
時計の割には動きに滑らかさが感じられなかったので状態が良いとは感じられませんでした。
スポンサードリンク

前走毎日王冠組が有力

過去10年のレースデータを調べると前走毎日王冠出走組
6勝2着4回3着3回の成績で毎年必ず1頭は連対しています。
なので今年もこの路線から馬券圏内に入る馬が出る可能性はかなり高そう。
そういう意味では1,2着馬のルージュバック、アンビシャスは重視すべきでしょう。

年齢別に見ると4歳馬、5歳馬で9勝2着10回3着5回となっていますので
連対馬は4歳馬、5歳馬の中から出ると考えて良さそう。
逆に6歳以上の馬は過去10年で69頭が走っていて連対したのは1頭だけなので
好走するのは限りなく低いと考えていいでしょう。

まとめ

追い切りで素晴らしい動きを見せたルージュバックはやはり馬券からは外せないでしょう。
データ的にはアンビシャスが有力ですがマイペースで逃げたときのエイシンヒカリも怖いですし
モーリスもこの枠ならば飛ぶ可能性は低そう。
リアルスティール、ステファノスもアタマはないにしても2,3着ならば十分ありそうですし
結局何もまとめになっていない感じです(笑)
まあ今のところは上に挙げた馬の中から3頭か4頭に絞ってBOXで勝負しようかなと考えています。
スポンサードリンク

-重賞展望