ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

予想

スワンステークス2016、アルテミスステークス2016、他日曜のレース予想

ラジャカジャです。
天皇賞・秋2016の金曜発売が開始されましたが
単勝1番人気はエイシンヒカリで3.6倍(土曜6時現在)となっています。
以下モーリス、ルージュバック、アンビシャス、ステファノス、リアルスティールと続き
ここまでが単勝1桁台のオッズとなっていて予想通りの混戦模様となっています。
確たる軸馬がいない中でエイシンヒカリが1番人気に推されているのは
マイペースで逃げれば勝てると考えている人が多いからでしょう。
ただ複勝ではモーリスの方が売れていますし
馬連の1番人気の組合せはモーリス-ルージュバックの10.5倍(土曜6時現在)となっているので
エイシンヒカリは馬券に絡むなら1着のみと考えている人も多いようです。
ただまだ発売されたばかりで投票自体もそんなに多くないので
オッズは明日以降も変わっていきそう。
天皇賞・秋2016の予想については明日書くとして
さっそくスワンステークス2016、アルテミスステークス2016他日曜のレース予想をしていきたいと思います。
7a269b807d70df6183174f3313868002_s
たまには競馬以外の画像でほっこりしてみるのもいいかも
スポンサードリンク

本日のラインナップ

京都11R スワンステークス
東京11R アルテミスステークス
1点予想

京都11R スワンステークス

単勝1番人気はサトノアラジンで4.1倍(朝6時現在)。
以下フィエロ、ダンスディレクター、アルビアーノと続きますが
確たる軸馬は不在で18頭のフルゲートの競馬なのでこのレースは荒れる可能性が高いと見ています。
追い切りについて言うと個人的に見て良いと思ったのは以下の5頭
フィエロ
アルビアーノ
ミッキーラブソング
バクシンテイオー
ペイシャフェリス
(良く見えた順)
 

逆にダンスディレクターは追ってからの反応がイマイチに思えましたし
前走よりも状態は落ちていると感じたので評価を下げたい。
週中でもデータによる考察をやりましたがもう1度おさらいすると
・1番人気は不振傾向
・4歳馬の好走率が高い
・前走6着以下の馬が狙い目
・サンデー系種牡馬が圧倒的に有利
というデータがこのレースでのキーポイントになります。
さらに付け加えると6枠より外に入った馬が過去10年で9勝2着6回という成績で
2012年以降はこの枠に入った馬でのワンツー決着で決まり続けています。
それらを総合するとアルビアーノの馬券圏内は堅いかな?と感じます。
昨年のこのレースの勝ち馬ですし今年の高松宮記念で牡馬に混じって3着という成績は
このメンバー相手でも実力上位と言っていいでしょう。
懸念材料は高松宮記念以来7ヶ月ぶりの競馬という点。
ここまでレース間隔が開いたのは初めてなので何とも言えませんが
追い切りも動きも好調さが感じられるものでしたし関西への輸送も経験済みですし
仮に勝てなくともそれなりの格好は付けてくるのでは?と思います。
対抗はフィエロ
いつか重賞は勝てるだろうと言われながら未だに重賞未勝利。
年齢も7歳になってしまい、もはや「いつか勝つだろう」というコメントは許されない状況になってきました。
陣営もそれを分かってかGIでもないのに戸崎騎手を鞍乗に据え、
追い切りでも戸崎騎手を栗東まで来させて調教をつけさせるなど熱の入れよう。
GIうんぬんより目先の1勝を取りに来てる気配がします。
穴でチョイスしたいのがブラヴィッシモ、サトノルパンの2頭
ブラヴィッシモは昨年の夏あたりから急成長を遂げ
2月の阪急杯で勝ち馬ミッキーアイルと0.1差の3着と見せ場を作りました。
1400mは11戦して4勝2着2回3着3回と得意にしており8月9月と使われて状態も上がってきています。
このメンバー相手でも上位争いは出来る力を持っています。
サトノルパンは前走のスプリンターズSで7着と敗れましたが直線ではあわやのシーンを見せるなど
見せ場たっぷりの競馬でした。
昨年11月の京阪杯ではインで脚を溜め直線追い出すと逃げたベルカントを交し
迫るビッグアーサーを凌いで重賞勝利を挙げています。
今回内目の枠を引いたのでインで脚を溜める競馬が出来る分京阪杯の再現があるかもしれません。
人気のサトノアラジンとダンスディレクターですが
サトノアラジンは京王杯スプリングカップを勝ちはしましたが個人的には適正は1600m以上だと思いますし
1番人気が不振のレースでもあるので軽視したい。
ダンスディレクターは追い切りの動きを見ると状態は下降線にあると思うのでこちらは消します。
買い目
馬連&ワイドフォメ
8,14-2,10(各4点)
三連複フォメ
8,14-2,10-8,11,12,13,14,15,18(22点)
スポンサードリンク

東京11R アルテミスステークス

単勝1番人気はリスグラシューで3.1倍
以下フローレスマジック、トーホウアイレスと続きこの3頭が単勝1桁台のオッズ
4番人気シグルーンの単勝オッズは11.5倍と少し差があるので
オッズ的には「3強」と言っても良さそう。
本命はトーホウアイレス
新馬→500万と連勝中の馬。
新馬戦ではスタートで出遅れ、直線で内に斜行するなどまだ未熟な部分が見られましたが
前走はスタートも無難にこなし折り合いもついていて直線追い出すと
強烈な末脚を披露して勝ちました。
器がちょっと違う」という印象を受けましたし今週のの追い切りでも好調な動きを見せていました。
リスグラシュー、フローレスマジックも相当なポテンシャルを秘めた馬だと思いますが
どちらかというと1600mというよりはもっと距離があった方が良いのでは?とレースを見て思いました。
その点この馬はマイルに適性がありそうな印象を受けましたので素直に自分の感性に従いたい。
相手はリスグラシュー、フローレスマジックでいいと思いますが18頭と頭数も揃っていますし
未知なる馬がいるかも知れませんのでヒモは広めに押さえたい。
買い目
馬連流し
2-12,16(2点)
ワイド流し
2-4,7,10,17,18(5点)
三連複フォメ
2-12,16ー5,6,7,10,12,13,14,15,16,17(20点)

1点予想

京都7R 3歳以上500万円以下
ダノンレーザー
前走は1番人気に支持されるも3着に敗退。
よほど悔しかったのか中2週とレース間隔をあまりあけずに使ってきた。
最終追い切りも栗東坂路で4F52.3-12.6と目一杯に追われていて
次こそは勝つ」といわんばかりの調教でした。
オトコギマサムネ
永らく芝の短距離を使ってきましたが結果が出ず前走初めてダートに出走
結果は4着と好走。
少し前に行き過ぎて最後はスタミナが切れてしまいましたがそれでも見せ場はたっぷりの競馬でした。
今回も前で競馬してどこまで粘るかという感じのレースになりそうですが
ダート2戦目で見せ場以上のレースを期待。
買い目
馬連&ワイド
4-5(各1点)
スポンサードリンク

-予想