ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

重賞展望

アイビスサマーダッシュ2016、出走予定馬

2016/08/09

ラジャカジャです。
今日はアイビスサマーダッシュ2016の出走予定馬を見て行きたいと思います。
登録馬は18頭で馬名と斤量は以下の通りです。

a1750_000025
競走名のアイビス (Ibis)とは、新潟県の県鳥トキの英称です。


スポンサードリンク


第16回 アイビスサマーダッシュ(GⅢ)
アスコットシチー56.0
アットウィル 56.0
アースソニック 56.0
コパノリスボン 53.0
サトノデプロマット56.0
サンクタリリアス 54.0
ネロ     56.0
ハッシュ     54.0
ファンデルワールス56.0
ブライトチェリー 54.0
プリンセスムーン 54.0
フレイムヘイロー 56.0
ベルカント 55.0
マイネルエテルネル56.0
メランコリア 54.0
ヤサカオディール 54.0
ヤマニンプチガトー54.0
ローズミラクル 56.0
 

この中で注目はやはりベルカントでしょう。
昨年のこのレースの勝ち馬で2着以下に2馬身差をつける圧勝でした。

このレースを見てもわかるように外枠の馬はラチに沿って走れるので
距離的なロスも少ないですし、真っ直ぐ走るだけなので
レースの駆け引きというよりもタイムトライアルのような感覚で走っています。

ベルカントはテンのスピードが恐ろしく速い馬ですので
駆け引きの少ない直線1000mは合っていると思います。
前走のCBC賞でも持ち前のスピードでハナに立ち、
最後は3着に敗れましたが自分の競馬はしていましたし
ドバイ遠征をして3ヵ月の休養を挟んでのレースでしたので
今回は1度叩いての上積みが期待できますし
陣営も連覇を狙ってこのレースに標準を合わせてきています。
人気もおそらく1番人気だと思いますが本命候補といっていいでしょう。

ネロはこれまで新潟1000mを4戦して2勝2着2回とパーフェクト連対。
前走の韋駄天ステークスはハンデ戦で斤量57.5kgを背負いながら2着と好走しました。
重賞でも2走前のオーシャンSで4着と好走していますし
今回のメンバーでは実力上位の存在でしょう。

そのネロに前走勝っているのがプリンセスムーン
この馬も新潟1000mを得意にしていて5戦して3勝2着2回とこちらもパーフェクト連対です。
前走の韋駄天ステークスで出した54秒4は今年の新潟1000mのベストタイムです。
今回は別定戦のためネロとの斤量差は4.5kgから2.0kgになった分
前回のような勝ち方は出来ないかもしれませんが有力馬の1頭には変わりありません。

昨年の3着馬アースソニックも注意すべき存在。
この馬も新潟1000mは4戦して3着が4回と複勝率は100%です。
年齢も7歳となり今年に入ってからはあまりパッとしませんが
得意なコースだけに今年もしれっと3着くらいに来ても驚けないです。

他では今年の邁進特別を勝ったハッシュや
3歳牝馬で斤量53.0kgで走れるコパノリスボンも気になる存在。

詳しい過去のレースデータに関してはまた明日書きたいと思いますが、
今のところはベルカントを中心に考えて馬券を組み立てるつもりでいます。

スポンサードリンク

-重賞展望